アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさが迷う!

カテゴリ:ARNE JACOBSEN/アルネ・ヤコブセン

PR

アルネ・ヤコブセンステーション クロックの選び方

ヤコブセンの時計大きさ選び方

このクロックは非常に見やすく、どんな時代でもどんな年代の方にも受けいれらるクロックです。

一生使い続ける事のできるクロックだと私は思います。

視認性が高く幼児から老人までどんな方がみても一目で何時かわかります。

アルネ・ヤコブセンステーション クロックの歴史

ARNE JACOBSEN アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさ
この見やすい文字盤はアルネ・ヤコブセンとLK社が手がけて作られたデザインです。最初は掛け時計ではなく置時計として開発されました。

ネットで検索してみるとステーションクロックという名前もありアルネ・ヤコブセンが駅の為にデザインしたクロックと書いてることが有りますが、これは間違いです。

もともとはテーブルクロック、置時計として生まれた時計です。

では何故ステーションクロックと呼ばれるよになたかと言うと、誰が見ても確認がしやすく優れたデザインからデンマークで一番大きい電気機器会社ラウリッツクヌーセン社がその価値をみとめ、デンマークの鉄道の駅にも、このデザインを使っていこうという話になりました。

その後、デンマーク国内のあらゆる駅にこのデザインが使われ広く行き渡る時計になっていき国民に浸しまれ駅にあるこの時計を【STATION】と呼ぶようになったわけですね。

アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさに迷よう

ヤコブセンのクロック大きさ
アルネ・ヤコブセン、ステーション クロックの壁掛け時計は全部で三種類ありますから購入する際に皆さん迷うかと思います。

3サイズとも何度も触った事のある私から似合う部屋の大きさの選ぶポイントの説明をいたします。

 

160mm

一番小さい160mmは書斎や小さめな子供部屋や、仕切りのあるキッチンなどに良いと思います。

6畳以下の部屋でしたらこのサイズの時計がお勧めです。

160mmのサイズでもチェストやテレビーボードの上などに置けばバランスが良いですが、ここではあくまで壁掛けとして合う部屋と言う事で読んで頂けたらと思います。

 

210mm

真ん中のサイズの210mmは6畳以上14畳未満。

一人暮らしのワンルームや寝室、リビングなどはこの真ん中のサイズで間違いないです。

 

290mm

一番大きい290mmのサイズは14畳以上あると場所が良いと思います。

10人ほどのオフィスやエントランスや14畳以上の大きめのリビングをお持ちの方でしたら、この一番大きいクロックで問題ないと思います。

もちろん天井の高さなどで見え方も変わってきますが、大体のめやせにして頂けたらと思います。

こちらの写真は真ん中のサイズ210mmになります。

ARNE JACOBSEN アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさ210mm

アルネ・ヤコブセンのクロックは品質も上品

盤面カバーがプラスチックではなく曲湾したガラスなので非常に品があります。
アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさ選びかた

ムーブメントのカバーのケースバックが付いていてワンランク上のクロックだと言えます。
アルネ・ヤコブセンARNE JACOBSENのクロックの大きさ迷う
このケースの素材ははアルミでマットな質感にデザインされています。
アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさ選びかた

アルネ・ヤコブセンのステーションクロックは白と黒のモノトーンカラーで空間に、ぐっとゆるみがなく引き締まったような雰囲気を出してくれます。

思ってるより存在感が有る時計だと思います。

あまりに大きい時計を購入してしまうと時計のインパクトが強くになってしまい部屋とのバランスが合わなくなってしまいます。

シンプルだから大きめ!って考えは危険です。

子供でも分かりやすく見やすい

アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさ選びかた
アルネ・ヤコブセンのステーションクロックは数字もよみやすく、幼児のお子さんが居る家庭では時計を覚えるのに最高な壁掛け時計になると思います。

短い針が3の所にきたら、おやつの時間ね、8の所にきたら寝る時間ね。などと初めて時計と接する子供にとっては分かりやすく覚えやすい時計です。

子供でも大人でも分かりやすい物が良いデザインの壁掛け時計だと私は思います。

壁掛け時計なんてどれも変わらないでしょ。って思う方もいるかと思いますが違います。

ステーションクロックは見ていて気もいいです。本当に違いがわかります。
コチラのお店は他のサイズも置いてあるので気になる方は写真を見比べてからの購入をお勧めします。
アルネ・ヤコブセンのクロックの大きさ選びかた
毎日の生活の中で何度も見る時計です、少し値段が高いですが見やすく美しいアルネ・ヤコブセンのステーションクロックは、おすすめです。

 

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事