海外でダニエルウェリントンのコーピー偽者が売られていた!

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

PR

ダニエルウェリントンの偽者を発見した。

ダニエルウェリントンの偽者コピー品、ラドーの偽者

先日タイに旅行にいった所、発見しました!ダニエルウェリントンの偽者!!

ドーーンっとディスプレイの真ん中メイン位置にズラーッと並べてられていました。

見た感じは一見、分かりませんがよく見ると文字盤の色がオリジナルより白い、更にインデックス(1時や2時の数字の位置)がオリジナルより太い!

コレは偽者だなっと思い販売定員に本物ですか?とたずねたところ「偽者です。」っとはっきり答えられました。

ダニエルウェリントンのコピー、偽者

ダニエルウェリントン意外にもラドーの偽者やオーデマピゲの偽者も有りました。

幅広いブランドラインアップを揃えた店舗で感心してしまいました。

ダニエルウェリントンの偽者は1000バーツで売られていました。日本円で3000円チッョトというとことです。

興味が有りお店をしばらく眺めていると、ダニエルウェリントンを手にするのは欧米人のが多く日本以外にも人気のある時計だという事を改めて感じました。

並行輸入品は注意

とはいえ日本で購入すれは偽者じゃないだろ!と思いの方は要注意です!日本でも平気で偽者が出回っている事実があります。

アマゾンのダニエルウェリントンのページの【偽者でした。】というレビューがありました。

アマゾンで購入する際は本物かどうか見極める必要があります。

ダニエルウェリントンの偽者は大量につくられており並行輸入品として日本に入ってきいます。

本来は正規輸入元のビヨンクールさんが管理しないといけないのですが、手が回っていないので、こうしてフェイク品が日本に入ってくるんですね。

偽者は安く仕入れられ、本物より安く販売できるので、定価以下で販売されていたら、注意が必要です。

本物とコピー商品の見極め方は他にもあります。詳しくは偽者と本物の見分け方に書いてありますので是非読んでみてください。

本物のダニエルウェリントンが欲しい!

せっかく購入するなら本物のほうが当然良いですよね。

間違いなく安心で安全な購入先は本国のダニエルウェリントン社が認める正規輸入元になります。

正規輸入元とは、海外のブランドを日本で販売するさいにブランド本社と販売店舗の間に入る会社です。

ダニエルウェリントンの正規輸入元はビヨンクールという会社になります。

正規輸入元を通しているルートであればビヨンクールの保証書がはいっているはずです。時計に何か不具合が起きた場合、この保証書で直してもらえます。

コチラがビヨンクールさんが運営しているダニエルウェリントンの公式ページになります。



楽天での販売もされていますので、楽天での購入を考えてる方はコチラのロゴから入れます。

少し分かりにくいページですがホームページ上の検索バーで【ダニエルウェリントン】と検索すればベルトから全ての商品がでてきます。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事