ダニエルウェリントン2017年新作ペティート petiteの評判(金属メタルベルト)

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

2017年新作ダニエルウェリントンの金属ベルトPetiteペティート全色

2017年3月にようやくダニエルウェリントンの新作petite(プチ)が¥20,000で販売されました。

今回は金属メッシュベルトを使ったモデルで、皮ベルトとナトーベルト(ナイロン)だけの展開だったダニエルウェリントンにとっては大きな進化です。

革ベルトはどうしても使っていると汗やシワで劣化してしまうので、メタルベルトだったら良かったのにと思っていた人は多いと思います。

特に春から夏場にかけて革ベルトは傷みやすくしっかり手入れをしないと、購入1年目で、くたっ、とした印象になってしまう事もあります。

またナトーベルトもナイロンを編んだベルトなので、使っているうちに脇から解れてきてしまう事があります。

金属のベルトはそういった意味では丈夫でおすすめです。

PR

今回の新作ペティート petiteの評価

ダニエルウェリントンのペティート金属ベルト ピンクゴールドとシルバー

ダニエルウェリントンの良い所はブランドが注目されても、次から次へと新作を作る事はなく、ゆっくり安定したサイクルで新作をつくる所にあります。

他の時計ブランドはどうしても、注目されると、すぐに新しいデザイン、新しいカラー、ゼンマイ機械式も、と一度に新作を出しすぎてブランドイメージが壊れてしまい飽きられてしまいます。

ペティートもそうですが、ダニエルウェリントンの場合、デザインコンセプトがぶれずに安定したデザインをあせらずに発売するとこは、さすが北欧スウェーデンのブランドだと感じます。

ローラの時計がダニエルウェリントンに。

ダニエルウェリントンのペティートローラがつけてる 

今回の新作では世界的セレブのケンダル・ジェンナーさんと、日本のタレントのローラさんがイメージモデルをしています。

ダニエルウェリントンの時計を着けるケンダル・ジェンナー

ダニエルウェリントンのモデルとしてローラさんが使われた事がビックリです。

ペティートはどんな時計?

今回のpetiteはダニエルウェリントンの中でも一番人気のシリーズクラシックが元になったデザインです。

クラシックは一番ベーシックなデザインでシンプルな形です。

今までのレディースサイズに関してはCLASSY26mmと34mm(時計のヘッドの径)の展開ですが、petiteはその間の28mmと32mmと絶妙なサイズになります。

このくらいのサイズはボーイズサイズとして作られてる事が多いサイズです。

ペティートに28mmと32mmとクラシックの36mmと40mm比較しました

4本の時計のサイズを写真で比較しました。おすすめの選び方も記載していますのでコチラの記事もダニエルウェリントンの時計、おすすめの大きさと選び方!!も参考にして下さい。

ペティートってどういう意味

ダニエルウェリントンのペティート黒ブラック

petiteはフランス後で【小さいや、小柄な】という意味があります。

発音はプティットゥになります。

言葉どおりクラシックモデルのなかでは一番小さいサイズで32㎜になります。

今までのクラシックモデルは36mmが一番小さかったのですが、さらにぐっと小さくなったサイズです。

日本では36mmというサイズはユニッセックスとして使われいるサイズで、小柄な女性には若干大きかったです。

今回新発売したpetiteは32mmと小柄な女性にも奇麗に付ける事ができる時計です。

今回は32mmでしか金属メッシュベルトの販売はありませんでしたが、今後メンズサイズの販売も期待できます。

メッシュベルトだからサイズ調整が簡単

こちらが金属メッシュベルトです。

ダニエルウェリントンのPetite ペティートの金属メッシュベルト

メッシュベルトの時計をお持ちの方はご存知だと思いますが、サイズ調整が凄く簡単です。

ヘアピンなど固い棒一本で簡単に調整できます。

またレザーベルトやナトーベルトは最初から穴が開いていて決められた位置に長さを合わせないといけませんが

メッシュベルトは、自由な場所でベルト調整できる為、自分にピッタリのベルトの長さを見つけられます。

ダニエルウェリントン金属ベルトの調節の仕方

ベルト調整の手順は3つです。

  • 金具を持ち上げて開きます。
  • 金具をスライドさせて、バンドの長さを調節します。
  • 金具を押し下げて固定します。

これだけなので誰でもできます。

この部分を動かし調節します。

ダニエルウェリントンのペティートのベルト調節

まず写真の穴部分にヘアピンのような固い棒をいれ持ち上げます。

ダニエルウェリントンのPetiteペティートのベルト調節金属を開いて動かす

棒を入れた金属を上に持ち上げると、閉まっていたパーツが開きます。

そうなると下の写真の状態になります。

ダニエルウェリントンのPetite ペティートのベルト調節金属を開く

こうして金具が持ち上がり開くとスルスルと動きます。

ダニエルウェリントン金属ベルト調節

その後自分の手首に合わせて持ち上がった金具を押し下げればベルト調節の完了です。

金属メッシュベルトの注意点

金属メッシュベルトは2つのカバーで留めます。

ダニエルウェリントン金属ベルトの調節

写真のように2つのカバーをパチン、パチンと2回留めないと不安定なので時計が落ちてしまいます。

時計が落ちると紛失や衝撃でガラスが割れたりしますのでしっかり閉めましょう。

ペティートのカラーバリエーションは

今回の新作petiteのカラーバリエーションは全部で4色になります。

以上の4色です。

すべて、スッキリとシンプルですが、用途によって選ぶ色は変わってきます。

ペティートブラックの文字盤

2017年新作ダニエルウェリントンPetiteペティートのブラック文字盤シルバー&ゴールド

ブラックの文字盤はスッキリしていてますが、よりしっかりと重い雰囲気を与えます。

シーンによっては白に比べると使いずらいカラーです。

黒の文字盤は、自己主張が強いので、職場環境にもよりますが好ましくない場所も有ります。

プライベートとして使う分には、カジュアルにも、フォーマルにも合わせやすくシックでかっこいい時計ですが

銀行や窓口の接客業や古い仕来りが残る職場、冠婚葬祭の時に黒の文字盤は向いていないので、オールマイティーとはいきません。

特に葬儀の時や窓口のお仕事の方は黒文字盤は避けた方が良いですね。

ペティートホワイト文字盤

2017年新作ダニエルウェリントンPetiteペティートのホワイト文字盤シルバー&ゴールド

レディースサイズとして32mmは使いやすい時計です。

大きすぎず小さすぎずホワイトの場合は職場でも、プライベートでも使えます。

ブラックの文字盤が職場環境では使えない方もいると思いますが、petiteの白文字盤は印象よい時計です。

特に白の文字盤でシルバーのメッシュベルトはどんなシーンでも使える印象の良い時計です。

白文字盤にシルバーってシンプルすぎない?って思う方も多いと思いですがそんな事ないです。

元々ダニエルウェリントンは無駄が無いスッキリしたデザインなので、シルバーのベルトを付ける事で、モダンな雰囲気を更に引き立てます。

ペティートの中ではホワイト×シルバーは一番飽きにくい色になると思います。

32mmってどのくらいの大きさなの?

ダニエルウェリントン大きさ

オフィシャルではpetiteはレディースサイズとして伝えれいますが、日本人男性でしたら違和感なく付けれるサイズになります。

私は男性ですが、32mmの時計を付ける事があります。

うで回りが太く体格の良い方にはミスマッチですが、一般的な日本人男性でしたら普通に付けれます。

ダニエルウェリントン、ペティートのまとめ

今回32mmの新作が発売した事で、女性にとって選びやすくなったといえます。

クラッシーだとデザインが気にいらないけど、クラシックだと大きいなって感じていた女性はい少なからずいたはずです。

そんな方には本当に丁度良いサイズなのでお薦めできる時計です。

また今まではレザーベルトや、ナイロンナトーベルトしかなかったので、決めかねていた女性もpetiteが出てきた事で選びやすくなったと言えます。

キメ細かなメッシュが大人の色気ある雰囲気を最大限に演出するデザインです。

ダニエルウェリントンの購入には注意

ダニエルウェリントンは世界的にもても非常に人気の有る時計です。

その為偽物が度々出回ります。お気をつけ下さい。

間違いなく安心な購入先は下のお店になります。

下のサイトはダニエルウェリントンの公式サイトになります。

公式サイトでクーポンを使うと割引の15%オフで購入できます。

クーポンの使い方や期間はダニエルウェリントン、クーポンコードは【sundaylife】にまとめていますので合わせてお読みください。

クーポンコードは、このブログの名前【sundaylife】です、クーポンを是非つかってみてください。

sendダニエルウェリントン公式サイト

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事