フォリフォリの財布の年齢層は?オレンジ、赤、青?おすすめの色は?

カテゴリ:FolliFollie/フォリフォリ

PR

フォリフォリの財布おすすめの選び方

フォリフォリの年齢層別財布

ブランドの財布やバッグを買う時に、自分年齢にあった物なのか、自分が似合うブランドか色々考えますよね。

男性はあまり考えませんが、女性はこういった事に非常に敏感です。

自分にあったブランドでも、周りと被りたくないという気持ちも有り色々迷ってしまう人が多いと思います。

今回はフォリフォリの財布の選び方をお伝えします。

定番の財布だとどうしても被りがち

フォリフォリと同じくらいの価格で、定番の財布はどんな物があると思いますか?

フォリフォリの財布の価格は皮製で3万円程度、ポリウレタンで2万円程度になります。

予算が2~3万円くらいで考えているのであれば、クロエ、コーチ、ケイトスペード、この辺のブランドになります。

ただこの3ブランドの財布は使っている人が多く被りやすいです。

中でもコーチはあまりに使ってる人が多く面白みがないですよね。

ケイトスペードの場合は個性的なデザインが多く新作が続々と出てくるブランドなので2つ3つ前のデザインだと少し古いという印象になりがちです。

クロエはすこし落ち着きすぎたカラーやデザインでイメージしている物とちょっと違うなんて思って方が多いんではないでしょうか?

フォリフォリの財布は被りにくい

フォリフォリはジュエリーブランドである為、広告で露出する再は財布よりジュエリーを前面に押します。

その為、フォリフォリといえばジュエリーというイメージを持つ方が多く、財布の印象はあまり持たれない人が多いです。そのフォリフォリの財布を使っていても周りと被りにくいです。

え?じゃあフォリフォリの財布は力いれていないの?っと思う方もいらしゃると思いますがそうでは有りません。

フォリフォリは財布やバッグにも、非常に力を入れているブランドです。

ジュエリーから始まったブランドなので、ジュエリーブランドというイメージを崩さずバッグや財布のコレクションをバランス良く展開しています。

是非一度→フォリフォリ日本公式サイト
を見てみてください。数多くのラインアップが有るのが分かります。

フォリフォリの財布の年齢層

フォリフォリの財布は大きく分けて3種類有ります。

革製の物とポリウレタン製とリサイクルレザーの物です。

この3種類は素材の違い意外にもデザインとターゲット層が異なります。

ポリウレタン製とリサイクルレザーで作られた財布はカラフルで若い人に向けたデザインの物が多く、革製の財布は落ち着きがあり高級感のあるデザインで30代から40代の方にも使える物になっています。

20代にお勧めフォリフォリの財布

フォリフォリの赤の財布おすすめ
20代の方に一番のお勧めはLOGOMANIA COLLECTIONです。

明るいカラーバリエーションが豊富でFolliFollieのロゴが財布の前面にエンボスされていて元気でかわいい財布です。
フォリフォリの財布色
LOGOMANIA COLLECTIONはカードホルダーも有るので同じ色でセットで使ってもお洒落ですね。

フォリフォリの人気財布LOGOMANIA COLLECTION

30代&40代にお勧めフォリフォリの財布

30代や40代の方は上品な質感を持つ本皮の財布がお勧めです。

中でも一番のお勧めはNOMAD ZIP WALLETです。
フォリフォリの財布年齢、黒の財布
カラーバリエーションは3種類ありレッド、オレンジ、ブラックの3種類の展開で本皮らしい色の乗りと皮ならではの柔らかい触り心地の財布です。
フォリフォリのお勧め本皮財布
ブランドロゴが側面にワンポイントだけに入っている財布でシンプルでスッキリしたデザインです。

フォリフォリの30代40代にお勧め財布NOMAD ZIP WALLET

フォリフォリは一般的に20代に指示されるブランドですが、財布やバッグはそこまで年齢の縛りがないブランドです。

人と被りたくないと思ってる方はフォリフォリの財布はお勧めです。

フォリフォリの商品は正規品を買うべき

フォリフォリのように世界的に有名なブランドは並行輸入品が日本に入ってきます。

この並行輸入品はチャックの壊れや縫い目のほつれが合った時にフォリフォリジャパンでは直してもらえません。

フォリフォリの公式サイトにも書かれていますが、正規品意外の商品のメンテナンスは一切してもらえません。

並行輸入品は少し安く売られている事が多いですが、こういったリスクを負うくらいなら正規店で購入した方が絶対いいからです。

また並行輸入品は日本に入ってきたルートがたどれません。どこから日本に入ってきたのか分からない物なんて怖いですよね。最悪偽者の商品という事もあります。

下のフォリフォリのバナーは日本公式サイトになります。

今回紹介した物意外にも多くの財布が有りますので見てみて下さい。



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事