アイスウォッチとBMWコラボの2014&2015の比較。新作発売日は!?

カテゴリ:ICE-WATCH/アイスウォッチ

2013年頃から日本でも人気がでてきたアイスウォッチですが、中でも注目なのがBMWとのコラボモデルです。

このアイスウォッチ×BMWモデルは2014年2015年と定期的に新作が発売されていて非常に人気のあるモデルです。

BMWはアイスウォッチのコラボ意外にも、BMWウォッチコレクションという時計展開をしていましたが少し親父くさいんですよね。

こんな感じです。

BMW時計

ちょっとモサイですよね。

アイスウォッチとのコラボはトレンドを取り入れたデザインなので、若い方から好まれて付けられています。
アイスフォッチBMW

PR

なんでアイスウォッチとBMWなの?

アイスウォッチ BMW 販売日

アイスウォッチはBMWのスポンサーなんですよね。

つまりBMWの広告主になったり、解発資金を出しているのがアイスウォッチなわけです。

この時計もBMWのファンを増やす事につながりるので、広告としてなりたっている部分も有ります。

アイスウォッチの他にもBMWには多くのスポンサーがついていますよね。エナジードリンクのモンスターもスポンサーの一企業だったはずです。

アイスウォッチのBMWモデルの発売日は?

BMWモデルの初期モデルBMW Motorsport siliconeが発売したのは2014年の10月25日です。

第二段になるセカンドコレクションBMW Motorsport Steelは2015年の8月28日に発売しました

期待の2016年のモデルですが、現在のところまだ未定です。

おそらく現段階では新作の販売予定は無いです。

サードコレクションが販売したらこの記事も書き換えます。

初期のBMW Motorsport siliconeの特徴は、アイスウォッチらしい作りでベルトがシリコンラバー製になっています。

それに比べ2015年のモデルはナイロンとレザーのはり合わせのベルトです。

当然2つのモデルはデザインが違う時計なのですが、個人的に気なるの違いはガラス部分と素材です。

ガラスの違い

BMW Motorsport siliconeは日付の部分が湾曲していて虫眼鏡ねようなガラスを使っていますが、BMW Motorsport Steelはフラットなガラスです。

アイスウォッチ BMW

個人的には立体感のある旧モデルのほうが好みです。

素材の違い

素材は圧倒的にBMW Motorsport Steelのほうが良い素材です。

旧モデルはポリアミドといって脂肪の素材で外観ができていますが、BMW Motorsport Steelは316Lステンレススチールといって酸化や錆に非常に強い素材でできています。

値段の比較

表示金額は税別です。

モデル 2針モデル クロノグラフモデル
2014年モデル ¥14,040 ¥21,600
2015年モデル ¥17,280 ¥43,200

クロノグラフに関して倍の値段でけっこう違いますね。

こちらのアイスウォッチ日本公式販売
ショップでBMWのモデルが全てみれます。

メリットとデメリット

ふたつのモデルにはメリット、デメリットがそれぞれにあります。

2014年のモデルは時計の外観とベルトが樹脂性のセットのような形なのでベルトを自分好みに交換できないんですよね。

それに引き換え2015年のモデルはヘッドとベルトが単体なので簡単にベルトを外しを交換できます。

気分や季節によって自分好みのベルトを探して好感する事ができますよね。

またベルトが傷んできても綺麗な物に好感すれば良いだけです。

2014年と2015年のモデルは素材が異なるので、重さもけっこう違います、サックっとフランクに付けたいなら旧モデルです。

全体が樹脂とシリコンなので軽いですです。

2015年のもデルはステンレス製なのでしっかりした付け心地になるので時計は軽い方が良いと思う方にはおすすめできません。

2014年のBMW Motorsport siliconeは新色が発売されている

アイスウォッチBMW発売日

BMW Motorsport siliconeは発売当初はネイビーとホワイトの2色展開でしたが2016年にさらに2色の新色が発売され4色展開になっています。

2015年モデルと2014年モデルどちらが人気?

アイスウォッチ BMW

値段も倍違うし、好みは分かれるかと思いますが、売れているという意味では2014年に作られたBMW Motorsport siliconeの方が売れています。

アイスウォッチBMW

上で書いたとおり2014年のモデルは新色が販売しています。

現在でも持続して人気がある為に新作のカラーがつくられてわけです。

BMWの実際のデザイナーがデザインした時計

アイスウォッチBMW
このアイスウォッチ×BMWコレクションは、BMWの中でも優れた車と言われているX5やX6のデザインを担当したピエールルクレルがデザインしています。

カラーデザインからケースデザインまで行ったとされています。

ちょこっとBMWのロゴを入れただけではないんですね。

BMWモデルの魅力

アイスウォッチ BMW
BMWのコラボレーションモデルはなんといっても時計の顔のデザインです。

車のタキメーターを意識したデザインなので、いままでのアイスウォッチには無かったスポーツ的要素でデザインされています。

二つのモデルとも、二針のみのモデルとクロノグラフモデル(ストップウォッチ付き)と二種類展開になっていますが、クロノグラフモデルのほうがBMWを想像させられるデザインだといえます。

アイスウォッチの偽物に気をつけて!

近年アイスウォッチの偽物が作られ販売されています。

こちらの記事 アイスウォッチの偽物と本物の見分け方!に動画をつけてまとめています。

アイスウォッチの購入を考えているのであれば、正規輸入元が運営している日本公式販売ショップが間違いないです。

正規保証が2年付きます。時計に不具合が起きた場合も正規品であれば純正部品で直してもらえます。

輸入元なのでカスタマーサービスも充実しています。

コチラが正規輸入元が運営する

アイスウォッチ日本公式販売

になります。



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事