アイスウォッチの専門ショップ東京原宿店に行ってみた!

カテゴリ:ICE-WATCH/アイスウォッチ

PR

裏原宿に有るアイスウォッチのお店に行ってみた感想

東京のアイスウォッチ ショップ お店

路面店は札幌と大阪の心斎橋にも有ります。

先月大阪の心斎橋店に言った時に行ったのですが写真を撮るのを忘れてしまいました。

今回は原宿に行ったので、記事にまとめてみたいと思います。

都内のアイスウォッチ専門ショップは新宿か渋谷にあると思ってる人も多いですが、路面店の場所は原宿になります。
アイスウォッチ渋谷と原宿

都内でも多くの時計店やアパレルショップで、アイスウォッチを取り扱っていますが、ほとんどのお店がアイスウォッチの一部の商品をセレクトしているだけです。

東京付近にお住まいの方で全商品を見たいという方は、原宿店をお勧めします。

原宿のアイスウォッチの店舗は、2014年に日本では始めての専門ショップでしたが、現在では北海道、静岡、大阪、福岡、愛知など数多く出来ていますね。

アイスウォッチはベルギー生まれの時計で、ヨーロッパでは元々人気でしたが、日本でも店舗が増えて、徐々に人気が出てきましたね。

近くにアイスウォッチの専門ショップが無い方はコチラの→アイスウォッチ日本公式販売商品ページ

に全種類のアイスウォッチが揃っていますので確認できます。

ICE-WATCH原宿店の印象

心斎橋店も原宿店もとにかく綺麗です。

ショーケースに手の触ったあと一つなくピッカピカです。
アイスウォッチ新宿、渋谷

まあショーケースは、お客さんが触った後、毎回拭くのは当然と言えば当然なのですが、驚く事に外観までピッカピカに拭かれていました!

写真を撮ると自分が反射して写ってしまい少し困るくらいです。

店内は基本的に白と黒の2色のみでデザインされています。天井付近にアイスウォッチのイメージカラーの7色のラインが入っていてスタイリッシュな雰囲気でした。

アイスウォッチがカラフルなので、シンプルに白と黒の内装だと時計の色が、引き立ってあざやかに見える作りでした。
アイスウォッチ渋谷、原宿

アイスウォッチの外のショーケースにBMWの時計

アイスウォッチBMW
アイスウォッチ原宿店には路面に面したショーケースが有ります。

50cm×50cmくらいの大きさでしたが、ここにはBMWのモデルが展示されていました。

アイスウォッチとBMWのコラボレーションのモデルは2014年に第一作が販売し、その後も非常に人気が有り現在でも、新作を出し続けています。

こちらから全もデルを確認できます→アイスウォッチBMW特集商品ページ

アイスウォッチの店員さんに並行輸入品はどうか聞いてみた。

アイスウォッチは、まだ知る人ぞ知っているような時計ブランドですが。

先ほど説明したとおり2014年では、アイスウォッチの専門店舗は原宿の一店舗でしたが、現在では10店舗まで増えています。

日本でも徐々に人気が出てきているからですね。

こういった時計は需要がある為に、ベルギーの本社が決めたルート意外で日本に輸入されてきます。

これが並行輸入品です。

そこでアイスウォッチの店員さんに聞いてみました。

並行輸入品のアイスウォッチを買おうか、正規品を買おうか迷ってます。

フレンチ・ブルアイコン
スーツアイコン

なるほど、アイスウォッチの並行輸入品は正規の保証書は付きません。

安心してお使いを考えてるのであれば、正規品の購入をお勧めします。

とイケメン店員さんが答えてくれました。

並行輸入は、何処から日本に輸入された物なのか辿る事ができません。

何処から輸入された物か分からないくらいならまだ良いのですが、並行輸入品は正規保証が付きません。

時計を買っても保証が付かないという事ですね。

時計は精密機械です。絶対不具合が起きないとは言えませんよね。

また並行輸入は第三者が輸入するので最悪偽者というケースもあります。

実際にアイスウォッチには偽物が存在します。

こちらの記事 アイスウォッチの偽物と本物の見分け方!も合わせてお読みください。

安全と安心を考えたら正規品の購入の方が良いと思います。

正規輸入元の運営するショップはアイスウォッチ日本公式販売
になります。

現在は送料無料みたいですね。



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事