アイスウォッチの偽物と本物の見分け方!

カテゴリ:ICE-WATCH/アイスウォッチ

アイスウォッチ 偽物

アイスウォッチは2007年にベルギーで生まれた時計ですが、世界的に非常に人気の高い時計です。

日本ではまだ知らない方も多いですが、ヨーロッパからアメリカ、ロシアから東南アジアまで、多くの国で販売されています。

取り扱い説明書をみても色々な言葉で書かれています。

PR

アイスウォッチは偽物が販売されている

日本ではまだまだ知ってる人は知ってるくらいの知名度ですが、海外では非常に人気が高くアイスウォッチは有名です。

その為、偽物が出回っています。

最近、日本にも入ってきてるようなので気をつけて下さい。

以前は時計の偽物やコピーと言えば、ロレックスやカルティエなどの高級時計でしたが、ココ最近は人気が有る物だったら、なんでも幅広く作ってしまうっていう雰囲気です。

偽物は外観が似ていても、中身に問題があったりします。

たとえばムーブメントといってアイスウォッチの中身の機械部分はMIYOTAと言う日本のシチズングループの物を使っています。

日本のムーブメントは品質がよく信頼されるため、アイスウォッチにも使われているんですね。

偽物のアイスウォッチはこういった品質の良いムーブメントと使っていないので、時計の不具合を起こしやすいです。

偽物の見分け方

youtubeに偽物の見分け方が有りました。

黄緑が偽物で黒が本物です。

この動画では、いくつかの見分け方を説明しています。

裏蓋で見分ける

裏蓋とは時計の裏の金属の蓋の部分の事です。

この蓋を外して電池の交換や不具合があった場合修理します。

裏蓋にはデザインした国や、組み立てた国、時計の防水性などの詳細が書かれています。

ここに書かれている文字が偽物と本物では異なってきます。

本物のアイスフォッチはASSGMBIED IN China

と書かれていますが

偽物はASSGMBIED IN Belgianと書かれています。

ASSGMBIED IN とは組み立てるた場所という意味です。

一見、組み立てたのはベルギーが本物に感じてしまいますが、本物はチャイナと書いて有ります。

針の色でが本物はオレンジ

アイスウォッチ 偽物

この動画では他にも見分け方を説明しています。

本物のアイスフォッチは秒針がオレンジ色ですが、偽物は赤いと言っています。

また3時位置のカレンダーが偽物には付いていないといっています。

確かに付いていませんね・・・

色々な偽物が出回って有る・・・

裏蓋と針とカレンダーだけをチェックすればいいのかなっと思いましたが、もう少し調べたところそうでも無いみたいです。

コチラの動画ではカレンダーが付いてる偽物ですね。

裏蓋を外して中まで見比べています。

時計を動かしている、ムーブメントが異なります。

コピー品は水に濡らすとヤバイ!!

アイスウォッチの一つの売りとして、10気圧防水性という物があります。

日常生活で使う時計の防水性は大きく分けて5段階に分かれます

  • 非防水時計
  • 2~3気圧防水
  • 5気圧防水
  • 10気圧防水
  • 20気圧防水

アイスウォッチは上から二番目と生活防水が強いといえる時計です。

10気圧防水を表示するには、中に水や空気が入らないかと細かいテストを行い十分な確認をしたうえで国際標準表示をします。

偽物は確実に防水テストなんてしていないですよね。

アイスウォッチはシリコンだから簡単に洗えるのに・・

アイスウォッチはシリコン製のベルトなので汚れやすいですが簡単に洗えます。

本物のアイスウォッチは10気圧防水なので、水を溜めて時計を沈めても壊れないです。

そのため時計を丸ごと洗えます。

ただ

防水テストをしていないコピー品は水が時計内部に入ってしまい壊れてしまう可能性が高いです。

アイスウォッチの偽物と本物の価格差は

正直分かりませんが、あまり安くなりすぎてる物は怪しい気がします。

こちらの【ヤフー知恵袋】偽物がよく出回っていると耳にするので質問にも書いて有りますが、正規品を購入するのが一番安心です。

正規品はベルギーのアイスウォッチ本社から直接日本に入ってくる物なので偽物という心配は無いです。

日本ではビヨンクールという会社がアイスウォッチの正規輸入代理店になります。

コチラがビヨンクールさんが運営しているアイスウォッチ日本公式販売
になります。

アイスウォッチの並行輸入は大丈夫?

アイスウォッチとは

並行輸入品は第三者が仕入れてる為に価格の規定が無いの安いです。

こちらはAmazonの並行輸入品の価格です。
(アイスウォッチ) Ice-Watch 腕時計 ICE-STYLE IS.TAR.U.S.13 レディース [並行輸入品]

ただ並行輸入は個人的におすすめできません。

なぜかというと正規保証がつかないからです。

時計は家電と同じように精密機器です。

ぜったい壊れないとは言えないのでメーカーでは保証書をつけます。

アイスウォッチの場合は2年間の保証期間になります。

もし時計の不具合が起きた場合、保証書を持っていればメーカーで無料修理や交換をしてくれます。

最近並行輸入でも、お店の保証をつけてる所は有りますが、メーカーの保証とはかなり異なります。

大きな理由として純正のパーツでは無いです。

例えば時計をつけていたら、上ガラスがポコっと取れて割れてしまったとします。

こういった故障は不具合品とみなされるので、メーカー保証があれば新しいガラスをはめてもらえますが、セレクトショップなどがやってる保証では純正のガラスを用意出来ないので別のガラスになってしまいます。

ガラスのデザインや色が変わってしまうと、嫌ですよね。。

純正のパーツを用意できるのは、メーカーだけなんですよね。

並行輸入品に偽物が混在してる可能性はある

良くある事ですが、並行輸入の中に偽物が混在しているという可能性もあります。

並行輸入はベルギーの本社が決めた正規ルートでは有りません。

何処から日本に入ってきたか辿れないのが事実です。

じつは偽物だった・・なんて事も結構あるので、並行輸入品を購入する方は十分気をつけてから購入してください。

正規品を購入したいと言う方は、アイスウォッチの公式サイトであれば2年間の保証が付き輸入代理店なので、なにかか有った時にスムーズなのでおすすめです。

またプレゼントの場合もアイスウォッチ専用のラッピングをしてくれるので、ラッピングのデザインなどを気になる方は公式サイトが良いかと思います。

アイスウォッチ日本公式販売



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事