イッセイミヤケのV ヴィ感想 

カテゴリ:ISSEY MIYAKE/イッセイミヤケ

PR

イッセイミヤケプロデュースの時計V(ヴィ)の評価

イッセイミヤケの時計Vヴィ NYAC001  NYAC002 NYAC003 

この時計はイッセイミヤケブランドで吉岡徳仁がデザインした物です。

吉岡徳仁は今回のウォッチはイッセイミヤケプロジェクト4作品目のなります。

吉岡徳仁をご存知無い方に以前に書いた記事がありますので参考までにどうぞ

コチラになります。

吉岡徳仁のでざいんしたイッセイミヤケTOを触った感想。

この腕時計は女性向け

いままでイッセイミヤケの時計といえば男性をターゲットにした物が圧倒的に多かったですが今回のVは女性向きなデザインだと思います。

もちろん男性も着ける事のできる時計ですが、しっかりとした体系の方よりは細めの方に似合う時計かと思います。

このイッセイミヤケVは腕時計というよりブレスレットとしての印象を強くうけます。

光のあたり方によりランダムにカットの入ったベルト部分の金属が表情を変えます。

ベルトの切り込みのカット部分が深いため光のコントラストをシッカリと作ってくれます。

光の反射でキラキラと煌めくというよりは、弱い光でもくっきり光と影を作り反射します。

こういった人にお勧め

フェミニンな方ではなく一般層に広がる前に先に、取り入れる事のできるハイファッンな方が似合う一本になると思います。

繊細で細かくかわいい時計ではなく。スタイリッシュでキリッとしたイッセイミヤケのVは自立した女性にふさわしい一本になります。。

カジュアルなファッションでも、Vのようなスタイリッスュな時計を一本身につけるとカジュアルすぎずに見せる事の出来る大人なコーディネーターができますね。

ベルトの外し方

ここが女性には嬉しいです。
イッセイミヤケの時計V
ベルトの外し方が観音開きの形になっていますので爪を引っ掛けて爪を傷める事がなくスムーズに取り外しができます。

時計のデザイン

イッセイミヤケの時計V着けた
吉岡徳仁は、このデザインを考えるのにあたり時計の本体のデザインをするのではなく時計のバンドをデザインしたと語っています。

このバンドですが押出で政策されています。

押出成形とは

ところてんの方のような物から金属を押し出して形をつくり、キンタロウ飴のようにどの位置で切断しても同じ形のものを作る事ができます。

Vという名前の由来

このVの由来ですが、どこから来たかと言うとバンドの溝のVのような切込みから来ました。
イッセイミヤケ時計Vの切れ込み
時計の名前をバンドから取った、この時計はやはりアクセサリーとして一本として言ってよいと思います。

時計の種類

光のコントラストを作るV時計には全部で3品番あります。

    • シルバー/スジ目仕上げ 40,000円+税
    • シルバー/ミラー仕上げ 40,000円+税
    • ブラック/スジ目仕上げ 43,000円+税

写真はミラー仕上げとスジ目の写真になります。

購入を考えてる方に是非比較して見てください。

イッセイミヤケ時計Vの比較
イッセイミヤケ時計Vの比較
どの仕上げの物も魅力的ですが個人的にはミラー仕上げがお勧めです。

やはりコントラストを楽しむ、この時計はスジ目の入ったマットなコントラストより
鏡面でみせた方が綺麗だと思うからです。

時計の大きさ

外径 16.2mm厚さ 6.3mm、重さ 73gと細すぎず大きすぎずといった感じです

時計の長さはコマを外して簡単に調節する事が可能です。

クッキリと手元に宿る光と影の線を楽しんでみて下さい。

Vの時計ケースも素敵

イッセイミヤケVの時計のケース

イッセイミヤケの時計のケースはすべて時計をデザイナー方がすべてデザインしています。

今回のケースも時計と同じソリットの入ったケースになって、ばっちり時計と合いますね。

イッセイミヤケの時計を実質10%OFFから20%OFFで購入するテクニック

ヴィは43,200円から46,440円の時計です。10%から20%OFFはかなり嬉しいですよね。

イッセイミヤケの時計は毎年、新しいモデルが発表され人気の高い時計です。

取り扱い店舗も増えている状況です。

ショップ側としてはライバル店が増えるという事になります。

販売店は自分のお店で購入してもらいたいので、様々なサービースを行います。

イッセイミヤケ安く買う

知らない人も多いですがイッセイミヤケの時計は、どのお店で購入するかでかなり損得の差が有ります。

すぐに購入予定が無い方でも先日書いた記事を読んでもらえると、結構得するかとおもいます。

↓↓↓
イッセイミヤケの時計を10%OFFや20%OFFで購入するおすすめなテクニック!

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事