ヤコブイェンセンJACOB JENSEN,ニューNewの評価

カテゴリ:Jacob Jensen/ヤコブ・イェンセン

PR

ヤコブイェンセンJACOB JENSEN,ニューNewのレビュー

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンのNEWの腕時計の評価

この時計はヤコブ・イェンセンのモデルの中でも、最もシンプルなモデルです。

全体のフォルムはスッキリとしていてエッジの効いたフォルムで作られています、腕時計によくあるゴテゴテな感じが一切なく見ていて気持ちが良いです。

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンのNEWのレビュー

ヤコブイェンセンらしいデザインといえます。

ヤコブイェンセンって誰?

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセン

この時計をデザインしたヤコブイェンセンは、世界的に有名なデンマークのデザイナーで
単調でモノトーンにまとめた作品が多くヤコブイェンセンが携わったプロダクトは500点以上あります。
その作品は誰がみても一目でヤコブイェンセンのデザインしたものだと分かるほど世界的に認知され受けいれています。

自分のデザインを曲げる事なく作り続けたデザイナーです。

ヤコブ・イェンセンのデザインしたもの。

代表的な物ですと

デンマークのオーディオ、バング&オルフセンの電話

Weather Station アラームクロック

他にも様々な多くのプロダクトがあります。
JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンのデザイン
どのデザインもヤコブ・イェンセンらしくモダンでパッとみで彼のデザインだと分かります。

ヤコブイェンセンのNEW SIRIESのデザイン

文字盤が縦に窪んでいてベルトからのフォルムの流れ一体性をもたせたデザインです。
JACOB JENSEN ヤコブ イェンセン本棚

実際に制作されたか分かりませんが、こんな本棚もデザインしていたんですね。

秒針は一直線に伸びた針を使っていてシンプルの中にも他にはないユニークで個性的な針になっています。

時計のデザイナーではなく工業デザイナーなではの視野の広いデザインです。

ヤコブ・イェンセンの腕時計はペアで付けれる

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンの腕時計NEWのペアのレビュー
ヤコブイェンセンのニューはレディースとメンズがあります。

レデリースは幅2.9mm厚7.0mmと小柄でメンズは幅3.5mm厚7.5mmとミドルサイズです。

メンズのサイズはミドルサイズと大きすぎないので大きめの時計を考えつる女性でも付ける付ける事ができます。

ヤコブイェンセンJACOB JENSEN,ニューNewの付け心地

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンの腕時計の付け心地

時計ケースにボリュームが無く薄いです。

付け心地は時計が薄く腕の甲でピタッとついた感じで装着できます。

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンの腕時計の付け心地
色々なペアフォッチをみてきましたが、北欧らしくミニマルデザインのペアウォッチをお探しでしたら、このウォッチをお勧めします。

ヤコブイェンセンJACOB JENSENの腕時計のベルト

ヤコブイェンセンの時計のベルトは一般的なベルトではなく簡単に外せます。

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンのNEWの腕時計の付け心地

横にスリットが入っていて横にずらせば、スッと外れます。

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンのNEWの腕時計の評価

ベルトにはJACOB JENSENの文字が凸でついていてます。

JACOB JENSEN ヤコブ イェンセンの腕時計の感想や評価
日々の生活のなかで、とけ込みやすい一本になると思います。

どんな人が似合うか。

この腕時計は普段、綺麗目な服装をしている方が似合うと思います。

全体的にスーッとした時計ですのであまりゴテゴテとした服装と合わせると時計のインパクトが薄くなってしまい

せっかくの洗練されたデザインも薄い印象になってしまいます。

カジュアルにもフォーマルにも合わせやすい腕時計ですが派手な色ものや奇抜なモチーフをはできるだけ辞めておいた方が無難です。

高価な時計を購入際は、シッカリとした時計店から購入した方が何かあった時安全です。
万が一の時にシッカリと世紀保証の効くお店での購入にしましょう。
世紀品で楽天ポイント10倍の送料無料のお店ですので購入をお考えの方は是非チェックしてみて下さい。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事