モーゲンヴェルク衛星時計のレビュー

カテゴリ:MORGENWERK/モーゲンヴェルク

PR

ドイツの腕時計、GPS衛星電波時計MORGENWERK【モーゲンヴェルク】

モーゲンヴェルクの感想やレビュー

世界限定100本のモーゲンヴェルクの世界衛星時計を触ってみましたので感想を書きます。

この時計は10万年に1秒も誤差を作らないというドイツの電波時計です。

正確な時間を地球の何処にいても受信できます。

現在支流になってる電波時計は各国に建てられている電波塔が時刻を発信していて、この電波を時計が受信するという仕組みなのですがモーゲンヴェルクの時計は地球の周り有る6機のGPS衛星から正確な時刻を発信して、それを受信します。

温度補正機能が凄い!

モーゲンヴェルクの評価

GPS衛星だけでも凄い事ですが。この腕時計はクオーツも非常に優れています。

一般的にクオーツ時計は月に15秒から30秒は誤差がでます。

クオーツ時計には水晶が使われていて、この水晶が温度差が起きると誤差を作ります。

モーゲンヴェルクの衛星電波時計は温度差がおきないようにクオーツ自体に温度修正機能が付いています。

またクオーツ自体の誤差を内部のコンピューターが記録をして自ら自動修正します。

クオーツとは

クオーツとは水晶に電気を流し水晶を震わせて、その一定の震えを作る部分です。この振るえが規則正しく一定である事から時計に最適とされクオーツ時計が作られました。

ちなみにこのクオーツ時計を開発したのはセイコーです。

なんといってもデザインが美しい

モーゲンヴェルクの腕時計

GPS衛星時計は日本のメーカーでもシチズンやセイコーカシオでも作っていますが。

モーゲンヴェルクの衛星電波時計はバウハウスの精神を受け継ぐドイツらしいデザインだといえます。

いらないデザインは全て取り除き、すっきりと気持ちの良い腕時計です。

特に受信のアンテナをケースの中に隠すのではなくケース外に見せる形にした事によりケースの厚みを薄くすることができています。
モーゲンヴェルク、GPS衛星電波
高機能な時計でもボッテっと大きいとなんだか残念な見た目になってしまいますよね。

時計本体が腕に馴染むように丸おびた形になっていてます全体のフォルムも文字盤のデザインも日本の腕時計にはみられない芸術的な時計です。

素材がチタン製

モーゲンヴェルク、GPS衛星電波
ケースがチタン製なので見た目のボリュームより軽く感じます。
このモデルはケースもベルトも全てチタン製ですが、ベルトがナチュラルラバーの物もあります。
全体がマッドブラックにまとめられた一本です。

エネルギー消耗をできるだけ抑えたバッテリー

モーゲンヴェルク、GPS衛星電波

モーゲンヴェルク衛星時計はUSBで充電を行い一ヶ月に1回から2回くらいの充電で二ヶ月動く事ができます。

楽天でお買い求めを考えてる方はコチラのお店がカラーバリエーション全色そろっていて、楽天ポイント10倍です。
高価な価格の時計なのでポイント10倍は嬉しいですね!

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事