オメガのオーバーホール正規メーカが高い!その理由は広告料金。

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

PR

オメガの修理やオーバーホールは広告料金が反映されて高い。

オメガオーバーホールおすすめ
Photo credit: theBlackBrian

やはり高級時計のメンテナンスを輸入代理店やメーカーのカスターマーサービスに依頼するのは一番安心できます。

製品の特性を知り尽くしているのはもちろん、現行モデルであればアフターパーツの在庫も完璧に用意されいます。

ただオメガのカスタマーサビスが設定するメンテナンス料金は一般の時計修理業者と比べて高めに設定されています。

並行輸入と正規品の価格差別は昔の用に無くなったとはい、やっぱり高いと感じる人は多いと思います。

高いか安いかは、ユーザーの考え次第

なぜ高額な値段になるかと言うとオメガのイメージを作る広告宣伝料金が高い為です。

時計に限った事では無いですが、メーカーや輸入代理店は広告宣伝費をかけて、ブランドの価値を高めていく必要がありますよね

オメガの場合はこの広告料金にかかるコストがメンテナンス料金にも反映さてれいます。

一般の時計修理業者と比ると、値段の差は2万円前くらい違いますよね。

当然ですがオメガ専門のカスタマーサービスな分けですから、完璧なメンテナンス体制を維持しなければいけません。

こういった面でもコストがかかります。

メーカーのオーバーホールは高いですが、カスタマーとしては安心を料金で支払っていると言う事にもなりますよね。

時計の技術は上がったが、修理技師が減っている

ぜんまい機会時計から始まり電池式やソーラー充電と時計の技術は上がり続けています。

しかし機会式腕時計はいつまで経っても一部のファンがいるため、需要が有ります。

私の友人も、良い時計を購入する際は機会式の時計が欲しいという人がいます。

オメガ、ロレックス、セイコー、各ブランド新しい仕組みやデザイン機構などを開発していかなければ、新しいファンやユーザーの目を引く事ができませんよね。

どのメーカーも必死に新しい機械式時計を開発しています。

当然ながらこうした腕時計を販売すると、オーバーホールをはじめてするメンテンンスも必要となります。

時計の修理やメンテナンスは技術職なわけですが、日本でもスイスでも優秀な時計技術者が人材不足状態にあります。

各ブランドにとって優秀な時計技術者の確保は難しい課題になっているのが事実です。

特に100万円以上するコンプリケーション(複雑機構)などをメンテナンスできる技術者は極端に少なく、今後はそういった腕時計を維持していく事が難しくなってくると時計業界ではいわれています。

こういった優れた技術者確保の為に費やす人件費もメーカーは負担しなければいけません。

メーカーは優れた人材を用意しなければいけない為時計技術者の育成のためのコストがかかります。

オメガのオーバーホールが高い理由には広告料金意外にも人材育成や人材確保といった大きな理由にがあります。

腕時本体の料金が上がっているのでメンテナンス料金も上がっている

オメガオーバーホールのお勧め 並行輸入
Photo credit: Malenkov in Exile

またオーバーホールが高い理由には根本的に時計本体の値段が上がっているという理由が有ります。

腕時計そのものの価格があがっている為、メンテナンス料金の高騰しています。

例えばスピードマスターは2000年事は20万ほどで購入出来ましたが、現在は30万超える腕時計です。

度重なる価格改定によって、数年前と比べて機械式時計の価格はずいぶんと上昇しています。

それにともなってパーツの価格も上昇しています。

特に自社意外からムーブメントやパーツの供給を受けているブランドにとっては深刻で、これはどうしてもメンテナンス料金に反映さぜるを得ないです。

オメガのムーブメントは所属するスウォッチグループのフレデリックピゲ、レマニア、ETA社のいずれから取り寄せになります。

メンテナンス先は貴方が探して選ぶ

オーバーホール 時計 おすすめ

一般の時計修理業者と比べて、オメガのメンテナンス料金が高い背景には上に書いたようなさまざま理由があります。

こうした料金体制が適切か不適切かは個人の判断にもよりますが、オメガを維持していくうえで最も安心感の大きいメンテナン依頼先とはいえます。

安くて安心なオバーホール依頼先はないのか

メーカーカスタマーサービスが、私立や県立病院だとしたら、時計修理専門店はかかり付けの病院みたいな物だと言えます。

少し話しがそれますが、私は以前坐骨神経痛に1年10ヶ月悩み、大学病院まで行きブロック注射をしても完治しませんでした。

座骨神経痛を持っている人は分かると思うんですが、分からない人に説明すると日常生活で突然、ビリッ!!っとした痛みが永遠と続きます。本当に嫌な痛みです。

大学病院側の最終的考えは、手術という事でしたが、個人的には死ぬわけでもないので、メスは入れたくないと思っていました。

しかし一日なんどもビリッ!!とした痛みが嫌で、何とかして治してたいと思い色々な方法で整形外科や接骨院を調べました。

一箇所目の病院は、大学病院と同じでブロック注射→手術という流れでしたが、もうひとつの接骨院は頑張って一緒に直しましょう。と言ってくれました、正直ここで頑張って駄目なら手術しようと覚悟していました。

幸い接骨院に通い2ヶ月で直りました。

ちなみに私が通ってた青山の接骨院はこちらです。

私が何が言いたいかと言うと、時計のメンテナンスも一緒で、技術と経験職です。

一つの所だけで決めるのではなく自分で探して信頼できる所を見つけるのが大切だと思ってます。

工賃は予算内か、信用できるか、対応は良いか、納期はどのくらいか、技術力は有るか。

メーカー意外だと色々と懸念点は有ると思いますが、あなたが心配してる所がクリアしていたら、オメガのカスタマーサービスではなく時計修理専門店でも良いと思います。

コチラの記事では時計修理専門の記事を書いています。オメガのオーバーホールや修理が安く口コミが良いおすすめの店も合わせて読んでみて下さい。

修理専門に対する懸念点

時計修理専門店は、星のかずほど有るので、良い時計店、悪い時計を自分で見極めるのが大切です。

オメガの機械式時計はメンテナンスが必要な物なので、満足できる修理業者がみつかったら、長く付き合っていけます。

3つの懸念店

修理専門業者はメーカーではないので心配な理由が有ります。

基本的にこの三つの部分をクリアしていれば安心なので覚えておきましょう。

逆にいうと何処か一つでもクリアできていない、修理業者はおすすめできません。

  • 技術力
  • メーカー純正部品
  • 料金

この三つになります。

技術力が有るか無いかはどう知るの?

技術力が有る人が働いているかって分かりずららいですよね。

以前は町にある時計屋の亭主と会話をして信頼ができて、オーバーホールや修理を頼んでいましたが、現在はインターネットでやり取りをして終わりって事が多いです。

そこで覚えて頂きたいのが時計修理技能士という国家試験です。

しっかりした時計修理業者には、この検定をもってる人がオーバーホールや修理を行ってくれます。

オメガやロレックスのように良い時計はブランド知識が有り技術力がある技師を貴方が選んで、依頼する事が必要になってきます。

メーカー純正の部品を使ってくれるか!?

時計が止まってしまい修理をする場合は部品の交換をする事になります。

オーバーホールでも、傷んだ部品は故障の原因に繋がりますので積極的に交換します。

この時にオメガの純正部品ではない物を使い修理する業者があります。

なんで業者はこんな事をするかというと、純正のパーツが高価だからです。

気になる時計修理業者があった場合は問い合わせをしてみて、純正パーツを使ってくれのか確認する事が大切になります。

料金は安いにこした事ない!

料金は安いにこした事が無です。時計修理業者は価格競争になっていますので安い所が多いです。

例えば有名な所でいうと

カナルクラブ
タムタイム
大樹
白金堂
千年堂

このように、さまざまな修理業者があります。

ただ上で説明した通り、【技術力が有るか】【純正パーツを使ってくれるか】の方が値段より圧倒的に大切な事です。

例えばカナルクラブやタムタイムは修理技能士1級の技術者がオーバーホールをしてくれるわけではないです。

私のお勧め時計修理業者

私のおすすめの時計修理業者は、千年堂です。

下の写真は千年堂がオーバーホールや修理を行ったもので、ホームページにあった物です。
オメガ オーバーホール

ここは時計修理技能士の中でも1級といって最もレベルの高い技術者がメンテナンスしてくれます。

料金も、メーカーカスタマーズサービスより2~3万円安く行ってくれます。

中でもオメガとロレックスの知識が高い職人を揃えてるのが自社の売りなので、比較のする上で見積もりは出したほうが良いです。

コチラのリンクから、お客さんの声や無料見積もりページにとべます。→【千年堂】



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事