猫の時計、ツモリチサトのこまねきねこ

カテゴリ:TSUMORI CHISATO/ツモリチサト

PR

ツモリチサトのこまねきねこ猫好きの方にお勧めの時計。

猫の時計ツモリチサトのこまねきねこ

この時計以外にも猫の時計は多く存在すると思いますがツモリチサトのこまねきねこは中でも本格的な時計です。

猫の時計はキャッチーなモチーフの為チープになりがちですが、こまねきねこは見てのとおりしっかりとした時計ですよね。

この時計はツモリチサトの中ではデザインも品質もクオリティーの高い一本になっていてます。

例えばツモリチサトのビッグキャットのような時計はプラスティックやラバーで作られてる時計の為どうしても、若い方にしか着けられないデザインですが。

こまねきねこは金属性でてきていて細かい所までしっかり作りこんでいる時計の為プラスチックの物よりも品や高級感があります。その為オン、オフどちらでもコーディーネイトできる時計です。

ツモリチサトのこまねきねこの種類

ツモリチサトこまねきねこ、猫の時計

こまねきねこの時計は全部で7種類のカーラーバリエーションがあります。

金属の色が単色の時計か2色の時計か3色の時計かの3パターンです。

アマゾンの売れ行きランキングを見ていると単色の方が人気が高い気がします。

今回はこまねきねこの300本限定色のピンクゴールドでレビューします。

現在の売れ行きアマゾンランキングやレビューの確認はコチラからみれます。

リンク先の下の方にアマゾンランキングが記載されています。

時計の顔が猫になっている。

こまねきねこはぱっと見、普通の時計?って思いがちですが一本の時計のなかに色々な猫のモーチーフがか隠されています。

一番の特徴は時計のケースですね。文字盤を囲む形に耳が付が付いた猫の顔にデザインされています。時計の本来の形を崩す事なく上手く猫のモチーフをまぜた腕時計です。

猫の時計、ツモリチサトのこまねきねこ

左耳にはスワロフスキーが留まっていて、あそび心を感じる一本です。

ツモリチサトのこまねきねこ、スワロフスキー猫の時計

またスワロフスキーが耳だけではなく時計のリューズにも使われています。かわいいだけでなく女性らしさも演出してくれます。

ツモリチサトのスワロフスキー猫の時計

時計のリューズとは時間を調節する為の部品で断面に付いた突起の部分の事です。リューズはあまり見せる事のないパーツのため何処のブランドも有り物を使いそこまでデザインしないのですが、ツモリチサトのこまねきねこはリューズのよな細かい部品までしっかり手を抜かずにデザインされている所がいいですね。

こまねきねこは猫の手の3つ折れバンドを使ってる

時計のベルトって付け心地くらいしか気にしない所であまりデザインの事って気にしないですよね。こまねきねこは、時計のバンドにもしっかりツモリチサトらしいデザインがされています。

時計のベルトは非常に多くの種類があります。

こまねきねこは3つ折れバンドという物を使っています。

この3つ折れバンドに猫のモチーフがしっかり入っているんですね。

猫の時計ツモリチサト

ここの折り返しの部分が猫の手にデザインされています。

まるで招き猫の手みたいでさり気ないなくかわいいですね。

実用性と猫のデザインがマッチしていてかわいいです。

バンドの端っこにはツモリチサトの猫のキャラクターとロゴのプレートが付いています。

猫の時計ツモリチサトの、こまねきねこ
盤にハートが入ってる

こまねきねこの時計の文字盤は7本とも異なっています。

    • プレーンの物
    • パール(貝)の物
    • 模様が入っている物

300本限定のNTAA701という、こまねきねこにはピンクの文字盤に放射状にハートがちりばめられたデザインをされています。
こまねきねこ、ツモリチサトの時計。猫の時計
300本限定のモデルは他の時計よりファミニンな雰囲気ですね。少し若い女性にターゲットを絞ったデザインなのかなっと感じる一本です。

一本一本違った雰囲気をもつ所もこまねきねこの魅力かと思います。

こまねきねこのスワロフスキーか装飾金属か。

ツモリチサトの猫の時計こまねきねこ
こまねきねこの時計のインデックス(一般的の時計の数字が書かれ部分)には2種類ありスワロフスキーが使われているモデルかカットの入ったビーズのような物が使われてるモデルの2種類があります。

完全好みですね。自分のライフスタイルにあったデザインを選ぶ事をお勧めします。

こまねきねこはセイコーネクステージといった日本のセイコーグループが作っている為に品質は良い時計で安心して使える時計です。

こちらのお店はツモリチサトの時計を豊富に扱ってるお店です。

こちらのリンクは今回のこまきねこより大きいサイズのまねきねこです。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事