ベーリングのarctic circle評価

カテゴリ:BERING/ベーリング

PR

BERINGベーリングの腕時計arctic circleの評価

BERINGベーリングの腕時計arctic circle評価

ベーリングのArctic Region【北極圏】と懐けられたこのモデルの感想を書きます。

このモデルの【うり】は鮮やかな二色のベゼルにマルマイト処理がされている所です。

マルマイト加工とは

BERINGベーリングの腕時計arctic circle評価
非常に剥がれ難いコーティングです。

アルマイト加工はメッキの用に下地に色が乗っかるという加工ではなく下地の入りこむ加工です。

例えると塗ったというより染めたといった感じでしょうか。

素材に入り込むので剥がれ難く腕時計などスレの起こりやすい物には有効的で着用していても安心できる加工方法です。

このベゼル部分が剥げた所を想像するとかなりかっこ悪いですよね。

こういった色が入る部分は塗装の剥がれなどは絶対にさけたいパーツです。

一気に見た目が悪くなります。

質感は光沢が有り少し塗装が厚く(ツルツル、トゥルトゥル)といった質感です。

ベゼル部分に数字が入っていますが、ぼけなど無く綺麗に仕上がっています。

ただ印刷ではないので数字はパッキといった感じではないです。

文字盤は、この時計の名前に付いてるように北極を連想させるように真っ白のさし色で作られています。

ポイントカラーでダイヤルの周りと、針に鏡面仕上げのシルバーを使っています。

全体的にスポーティーなダイアルですが、うるさすぎず大人っぽい纏まりのある見た目です。

BERINGベーリングのarctic circleのダイヤル

BERINGベーリングの腕時計arctic circle評価
ダイヤルはクロノグラフぽい作りですが12時の位置に日付。9時の位置に曜日。6時の位置に24時間表示となっています。

個人的な意見ですがクロノグラフを使うことの無い私のような方には、日付、曜日、24時間表示のほうが使い勝手が良いです。

付け心地

BERINGベーリングの腕時計arctic circle付け心地

ベルトはブラッシュ加工とポリッシュ加工のベルトでステンレス316Lという素材で汗や体液に非常に強いとされているステンレスを使っています。
ケース大きさはシッカリめで幅39mmで厚さ8mmです。

BERINGベーリングの腕時計arctic circleの厚み
本体重量122gと重めです。

腕時計を付けているとすぐに外したくなる方にはストレスになる重みかもしれません。

逆に重いほうがズッシリとして、しっくり来る方には丁度良い重さだと思います。

こんな人にお勧め

全体的にスポーティーでビジネス向きの落ち着いた一本になります。

スーツを着る事のある人に合う腕時計だと思います。

ギラギラしていなく落ち着いた雰囲気のあるベーリングのarctic circleはビジネス面でよい印象を相手に与えてくれるような腕時計です。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事