ダニエルウェリントンは50代60代がつけて大丈夫?

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

PR

ダニエルウェリントンの年齢、年代はどのくらいまで?

ダニエルウェリントンDanielWellingtonの時計大きさの比較36mm40mm

ダニエルウェリントンの時計を購入したいと考えているけど40代~60代の方は少し気になっているようですね。

このブログに来る人も【40代 ダニエルウェリントン】【60代 ダニエルウェリントン】などで検索してる人が多いです。

この時計は、20代30代の方を中心に流行っている時計なので気になってしまうんですよね。

ダニエルウェリントンを貴方の周りの人は知っていますか?

おそらくこの記事を読んでるのは、40〜60代の方多いと思うんですが、周りにダニエルウェリントンを知ってる人がいますか?

私の周りは20代から30代の人が多いですが、誰もしりません。

40〜60代の方が、なぜ年齢を気にしてるのかと言うと若い層にこの時計が流行っているからだと思います。

周りとかぶりたくないな・・・若い層の時計を着けていて変に思われないかな・・・とか

ただこれは貴方の思い過ごしです。

ダニエルウェリントンが若い人に流行ってると言っても、ほとんどの方は知らないです。

貴方が思ってるほどダニエルウェリントンは皆知らない。

ダニエルウェリントは、おもにネットの口コミで広がっています。

テレビCMや街の広告ではないんですね。

ネットを見ていると局部しか見えてません。

一部の若い層で流行っているのは確かですが若い方がみんなが知ってるほどダニエルウェリントンは有名な時計ブランドではありません。

ダニエルウェリントンは若い層をねらったデザインではない。

例えばG-SHOCKを50代、60代の方がつけていたら、違和感を感じます。

G-SHOCKは20代前後をターゲットにデザインされた時計だからですね。

そもそも、50代前後の方がG-SHOCKを欲しいと思わないと思います。

では何故ダニエルウェリントンの場合は、40〜60代の方も気になるのでしょうか?

それは40〜60代の人でもつけられるデザインだからです。

最初ダニエルウェリントンはサラリーマンに人気があった。

私はダニエルウェリントンが日本に入ってきた時から、この時計を見てきました。

発売当初は30代から40代の男性が良く購入していました、それがだんだん若い女性の購入も増えていき

その後、若い男性も購入していったという流れです。

実は売り初めは今のようなターゲットではなかったんですよね。

ダニエルウェリントンは40代〜60代の人に良く似合う

DF TOKYOさん(@df_tokyo)が投稿した写真

若い層のつけ方は斬新で新しいコーディネートします。ブレスレットと組み合わせたり、パッションピンクなど蛍光色の衣類と組み合わせをしたりします。

こういった付け方も時計がシンプルなので、うるさくなりすぎずお洒落れにつけれます。

しかしダニエルウェリントンのデザインは、北欧モダンです。

一本でラクにみせて美しい時計です。

身だしなみや清潔感ががある50代から60代の方にはぴったりな時計です。

どんな服装と合わせる?

男性の方の場合

男性の方はシャツと合わせると奇麗にコーディネートできると思います。

襟部分がでれっと形を崩した物ではなく、ビッときれいな形の物が好ましいです。

着古して形が崩れた物はどうしても、格好わるく見えてしましまいダニエルウェリントンのシンプルでモダンな雰囲気とは合いません。

奇麗な服を着るという意識をしいれば、自然に合ったコーディネートが出来るかと思います。

女性の場合

女性の場合はミセスファッションや、大人ななナチュラルスタイルでコーディネートすると奇麗なコーディネートができます。

40代から60代でダニエルウェリントンをご存知の方は、最近のファッションに敏感な人が多いと思いますので、上手にコーディネートが出来る人が多いと思います。

気をつけて!!!

ダニエルウェリントンは偽物が販売されています。

この事は日本の輸入代理店でも告知されています。

コチラが注意書きになります。
ダニエルウェリントン のコピー品にご注意ください。

何処で購入が安心?

一番安心なお店は、日本輸入代理店だと言えます。

代理店では当然正規保証をつけて販売しているので、2年間のメーカー保証もうけれます。

まず、変な物を買わされるという事は無いです。

コチラが
ダニエルウェリントン日本公式ショップ
になります。現在は送料無料です。



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事