ダニエルウェリントン DW Daniel Wellington Classicを買ってみた感想。

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

PR

ダニエルウェリントンClassicの感想。

ダニエルウェリントンの時計シルバーの外 <p>観にレザーのストラップ

この時計は北欧、スエーデン発の時計ブランドです。

北欧と言うと家具を思い浮かべるのは私だけでしょうか。

家具もそうなのですが北欧のデザインの特徴はシンプルな物が多い気がします。

ダニエルウェリントンの時計も北欧デザインらしいシンプルなデザインで男性にも女性にも人気がある時計です。

販売当初は男性をターゲットにしていたそうですが現在では徐々に女性の方に人気がでてきてるみたいです。

ダニエルウェリントンClassicの特徴

ダニエルウェリントンの一番の売りはバリエーション豊富なベルトにあります。
ダニエルウエリントンの豊富なベルト

ベルトの素材はレザーの物とナイロンの物が有り、お好みのベルトに変えれる事ができます。

季節や着ている服によって簡単にベルトを変えれたら。。

なんて思た事がある方って多いと思います。この時計はそんな悩みをばっちり解決してくれます。

今日の服に今日の時計!といった感じに自分で組み合わせる事ができます。

時計本体がシンプルなのでベルトを変えるだけでガラリと印象が変わり、お洒落に気を使ってる方にとってはコーディネートがしやすいく使いやすい一本になると思います。

年齢層とターゲット

この時計の年齢層って、いったいどのくらいなんでしょうか?

デザインは抜きとしてブランドの位置づけだけで考えてみます。

個人的な意見にもなりますが大学生くらいのブランドになるかと思います。

デザイン的にクラシック感があり30代40代でも十分着用出来る時計ではあると思いますが、ダニエルウェリントンが特集されている広告や雑誌などみていると23歳くらいまでのブランドといった印象を感じます。

自社で使ってる写真などは奇麗で大人っぽい写真が多いので、これから社会人になり大人っぽい身なりと振る舞いをしてゆく方に向けたブランドといった印象を受けます

ダニエルウェリントンClassicのベルトの変え方。

ダニエルウェリントンはベルト交換が一般的なバネ棒タイプでは無いので女性でも簡単に交換出来るのが嬉しいですね。

バネ棒って何?

バネ棒とはベルトと時計を固定する物で細いパイプの中にバネが入っており、そのバネの力を利用し時計本体とベルトを固定します。

バネ棒を外すにはバネ棒外しと言う工具を使い外す事になり細かい作業になりますがダニエルウェリントンの場合はオリジナルのバネ棒を使っており女性でも簡単に外す事ができます。

こちらが一般的なバネ棒とバネ棒外しです。
バネ棒外し
こちらはダニエルウェリントンに付属されてくるバネ棒とバネ棒外しです。
ダニエルウエリントンのバネ棒外し
見た目で分かる用にもダニエルウェリントンの方が簡単そうですよね?

バネ棒を外してベルト交換

それではバネ棒を外してベルトを交換してみましょう。
この穴にバネ棒を刺すだけです。
ダニエルウエリントンベルト交換の穴

こんな感じで穴に刺します

ダニエルウエリントンのベルトの交換しかた。
はい。これだけです簡単です。

ダニエルウエリントンのバネ棒が外れました。

ダニエルウェリントンの2つ目の特徴は薄さです。

厚みが6mmと薄く付けた時にゴツゴツした嫌な感じが無く腕にピッタリとくっ付いたような付け心地です。

ダニエルウエリントン薄さ6mm

本体が薄いから重量も軽く女性でも疲れる事なく付けていられます。

3つ目の特徴はペアで付けれる事です。

ダニエルウエリントンClassicのサイズは全部で4つあります。

ダニエルウエリントン外観の大きさ。

  • メンズ40mm
  • ユニセックスの36mmと34mm
  • レディース26mm

ダニエルウエリントンピンクと青のペア
メンズとレディースのペアでも良いしユニセックスもペアでも素敵ですね。

ダニエルウェリントンの時計は他社のベルトでも交換できます。

ご存知の方は、知ってるよ。っと思うかも知れないですが知らない方の為に書いておきます。

ダニエルウェリントンに限った事ではありませんが、ほとんどの時計のベルトって実は自分の好みの物に変えれるんです。

ダニエルウェリントン専用の物じゃないと駄目って事は全くありません。

時計の販売はしていないけどベルトだけを取り扱うベルト専門店があるくらいです。

街を歩いていて時計屋をみかけたら時計だけではなくベルトも見てみましょう。

そこには様々な素材で様々な色のベルトが有るはずです。

きっと貴方好みのベルトが見つかるはずです。

好みベルトが見つかった!!

がっ!ここで注意です。このベルト欲しいなーっと思っても自分の時計の幅とベルトの幅が合うかがポイントです。

この時計にこのベルトは付けれるかと言う事を、お店の人に確認してから購入しましょう。

ダニエルウェリントンのベルト幅は本体が36mmの物だとベルトサイズは18mmで本体が40mmですとベルトサイズは20mmになります。

ダニエルウェリントンを購入される方は是非是非オリジナルの自分の一本を作ってみてください☆
幅広い年齢層の方がつける事が出来きてフォーマルにもカジュアルにも合わせられる時計です。

最近ダニエルウェリントンの偽者が売られていますので合わせてお読み下さい。

◆ダニエルウェリントンの偽者の見分け方。

時計に関わる事の多い私からのアドバイスですが時計は並行輸入品はまず辞めましょう。

何故ならアフターケアが効かないからです。

せっかく買った時計でも1ヶ月で壊れてしまい並行輸入の為に保証がなく修理出来なかったらこまりますよね。

海外の時計は輸入代理店で購入するのが一番安全です!

いつまでかはわかりませんが現在は輸入元で送料無料中だそうです。
コチラは世紀輸入店のダニエルウェリントンのホームページです。

ダニエルウェリントン日本公式ショップ



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事