タイメックス キャンパー復刻版の口コミや評判

カテゴリ:TIMEX /タイメックス

タイメックス キャンパー カーキ

皆さんは時計の成り立ち、さらに言えば腕時計の成り立ちってご存知ですか?

ここで言う成り立ちはどんな用途で腕時計が発展してきたのか、ってことです。

腕時計は古くは1800年頃から上流階級のお洒落目的で利用されたことがわかっています。

昔=懐中時計ですが当時のオシャレさんはすでに腕時計だったようです。

一般に流行りだすのはもっとあとで、腕時計は利便性に着眼され軍隊(主に下級士官)に流行り出したのがブームの始まりです。

現在でもその名残で時計の種類の中にもミリタリーウォッチってありますよね。

今回はミリタリーウォッチの中でも超老舗のTIMEX(タイメックス)が誇る名品Camper(キャンンパー)について紹介したいと思います。

タイメックスの日本公式サイトはこちらになります。

アメリカNo.1ウォッチTIMEX 公式オンラインストア

PR

キャンパーとベトナム戦争の繋がり

タイメックス カーキ ミリタリーウォッチ

ミリタリーウォッチとひとくくりにしても色々な時計がありまうよね。

トレンドなデザインを追ったスタイリッシュな時計や高級時計メーカーが出したミリタリー風ウォッチだったり

最悪なパターンはミリタリーウォッチとして使われた事のない時計なのにミリタリーウォッチと名付けられている物なんかもあります。

しかしTIMEXの時計は米軍に正式採用され米軍兵士が付けていたシリーズがあり、ミリタリー好きには外せないメーカーであるのは間違いないです。

その中でもキャンパーは1960年台にベトナム戦争時に官給品腕時計として使われていたものを復刻したシリーズとなり、ファンには垂涎モノの逸品となっています。

キャンパー は復刻されたモデル

上記にも記載しましたがキャンパーはベトナム戦争時に実際に兵士が付けていた時計の復刻モデルとなります

現在は長く使える高価な時計が多いですが、戦争で利用するミリタリーウォッチは“使い捨て”を前提としていたようです。

とにかく余計な機能はなくシンプルなデザインで瞬時に時間が確認できてる時計が求められていたんですね。

そうしてできたこのデザインが味わい深く“最高のチープ“でかわいいと親しみられ男女ともに人気がある時計です。

タイメックスの復刻キャンパーは時計としての機能もしっかりと持っていて、顔部分全体がブルーに光ります。

キャンプなど暗い所でもきっと役に立ちますよね。

シンプルで見やすいが、結果良い時計のデザイン

最近ではソーラパネル時計やGPS衛星電波時計など次世代へ、次世代へと加速する時計業界ですがどんどん複雑な形になり本当にその機能いる?厚みありすぎない?って物も多いですよね。

時計の進化に関しては賛否両論だと思いますが、多機能な時計はいらないって方にはちょっとレトロ感があって歴史もあるタイメックスのキャンパーはおすすめです。

タイメックスのキャンパーの防水性は?

キャンパーの3気圧防水なので決して高い防水性とはいえません。

3気圧防水は日常生活防水となりますので、食器をあらったり車を洗う際ははずして仕様した方が良いですね。

基本水仕事やはNGです。

タイメックスのキャンパーは何色があるの?

タイメックスのキャンパーには3種類の用意されています。

1.オリーブ
タイメックス カーキ オリーブ

いわゆる迷彩色と言われるカーキの色を使ったTHEミリタリーカラーです。

キャンパーの中でもカーキは2色ありオリジナルを忠実に再現した物と、後に販売されたキャンパーと2種類あります。

上の写真の物はオリジナルを再現した物になります。

定番のカラーなのでこの色のベルトをつけると一瞬でミリタリーっぽい手元になります。

ポイントとしてコーディーネートしないと、本気の軍マニアみたいに思われるので上手にコーディネートが必要な時計かと言えます。

2.ブラック
タイメックス 黒 ブラック

逆に使いやすいのが黒ベルトです。

ミリタリーウォッチの雰囲気をもちちつ黒ベルトなのでミリタリーミリタリーしすぎないですね。

3.ネイビー
タイメックス ネイビー 青

最後に紺色です若干ミリタリーぽさがなくなってしまう感じですが、どのモデルもカジュアルで使いやすい時計です。

一番人気の色はやっぱりカーキ

タイメックス キャンパー

やはり売れ筋もOLIVEのほうが売れています。「ミリタリーウォッチ」とか「カーキ」って一歩間違うと“ダサい”ファッションセンスの方を指す言葉としても使われがちですが、キャンパーは違いますよね。

個人的にもキャンパーはやっぱりミリタリーウォッチですのでOLIVEをおすすめしたいところです。

ミリタリーウォッチって聞くと角ばっていてごついイメージですがキャンパーは丸みがあって時計自体のサイズも小さめです。

その為、カジュアルな服にアクセサリーとつけても問題ないです。

個人的には少し時計が小さいので男性なら革系のブレスレットやバングル、女性なら指輪やブレスレットなどの重ね巻きしてもバランスを崩さず使える時計だと思います。

ミリタリーウォッチは女性からも注目

ミリタリーウォッチはもういわゆる戦争オタクや、ゴツい物好きの男性のものだけではなくなっていますよね。

中目黒や恵比寿、代官山などちょっとした、お洒落雑貨屋さんのショーケースでもよく見かけるようになりました。

以前はチプカシ(チープカシオ)が同じような流行り方をしていましたが、最近はタイメックスを良くみかけます。

タイメックスには今回ご紹介するキャンパーだけではなく、かわいいミリタリーウォッチもたくさん出ていて、ファッション系のポータルサイトでもちゃんとカテゴリーに女性のミリタリーウォッチジャンルがあるくらいです。

タイメックスの歴史

タイメックスの歴史

タイメックスが人気な理由には、見た目がカジュアルでかわいいという意外にも理由があります。

それはアメリカ最後の時計メーカーと言う事です。

アメリカにはフォッシルなど時計会社はいくつもありますが、アメリカで制作されている時計はタイメックスだけです。

以前はアメリカも時計産業が盛んでいくつもの時計メーカーが有りましたが、日本やスイスの時計メーカーに押され廃業していきました。

その中で唯一のこったのがタイメックスです。

アメリカなのに意外だ。って思う方も多いと思います。

アメリカ人は唯一残った、このタイメックスを応援してる人が非常に多いです。それは愛国心からくる気持ちだといわれています。

オバマ大統領も演説の時にタイメックスを付けたりしています。

時代の流れでシェアがなくなってしまったアメリカ製の時計ですが、今も頑張っているタイメックスを少し応援したくなりますよね。

タイメックスの正規品をおすすめする理由

上記でも挙げたようにタイメックスは1950年代からある老舗の人気時計メーカーの為、皆さんが普段見るようなショッピングサイトにたくさんの種類が並んでいると思います。

デザインも値段もカジュアルで結構気軽に購入ができるタイメックですが、1点注意事項があります。

それは並行輸入品より正規品の方が、のちのち安心だという事です。

これは私が時計に触れ合う機会が多い事もあり、いつも言っている事ですが。

時計は精密機械です、基本的には並行輸入品でも正規品でも保証はあると思いますが。

万が一故障した際、正規品であればメーカーより純正のパーツでの修理をしてもらえます。

並行輸入品の場合販売店での独自保証であるので、修理はしてもらえても純正パーツではないんですね。
また最悪のケース修理を受け付けてもらえない場合もあります。

並行輸入品は正規品より安い事もありますが、ヘビーローテーションになるであろう一本を数千円違うだけで純正品を買わないと言うのは望ましくないです。

タイメックス日本公式サイトはこちらになります。

スッキリしていて見やすいホームページなので一度みてみて下さい。
アメリカNo.1ウォッチTIMEX 公式オンラインストア



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事