ダニエルウェリントンの青針モデル、ダッパーの口コミ

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

PR

ダニエルウェリントンの青針モデルDapperの評判

ダニエルウェリントン青針ダッパー

ダニエルウェリントンの青い針のモデルダッパーのレビューをします。

ダニエルウェリントンはアメリカやイギリスの時計と思われてる方が多いですが、スウェーデンの腕時計ブランドです。

2011年にクラシックというモデルが発売しました。

現在も最も人気があるモデルですね。

Daniel Wellington Classic
ダニエルウェリントン、ペアで着ける

販売当時からダニエルウェリントンはヨーロッパで人気が高かったのですが、その人気が早い段階でアメリカやアジアまで広がりました。

現在では25カ国以上で販売する、大手ブランドの仲間入りを果たしました。

ダニエルウェリントンは、なかなか新作をださない

ここまで多きく育った時計ブランドは次から次と新作を出していくのが一般的なんですよね。

日本の時計ブランドでしたらカシオのG-SHOCKが良い例かと思います。

一度人気がでると、シリーズ化して更に毎年新色を出していきます。

しかしダニエルウェリントンは新作をなかなか出しません。

恐らくマーケティング戦略なのかなーっと感じています。

あまり新作を出しすぎると、新しいファンは増えても、根強いファンは減っていってしまう事があるんですよね。

好きだったブランドがあっても「あっなんか雰囲気かわったなー…」なんて感じる事ってありますよね。

ファンから雰囲気がかわったな、とかイメージが変わったなと思われ離れられると、なかなか戻ってきてくないんですね。

ダニエルウェリントンはブランドイメージの崩れないような新作を少しずつ発表していると思います。

今回のレビューの青針のダッパーは、そんな中2015年に発売されたダニエルウェリントンの時計では最も新しいモデルです。

ダニエルウェリントンの青針のダッパーの口コミはどうなのか。

ダニエルウェリントン青針ダッパー

私は時計に関わる事が多く、ダニエルウェリントンの時計が売れる前から良く知っています。

ダッパーは2015年の8月に販売された事、コレは本当に売れるのか!?といった評判でした。

なぜかと言うと、初期モデルのクラッシはシンプルでスッキリとしたユニセックスモデルが売だったのに、対しダッパーは男性向きで少しデザイン性が強かったからです。

更にクラシック23,760 円に対し34,560 円と値段が高かったからですね。

ところがダッパーは非常に売れました。今でも人気が有り定番モデルとなりました。

こちらの記事ダニエルウェリントンの原宿店に言ってきた。にも書いて有りますが、今でもダッパーを押したディスプレーをされていて全てのモデルが揃っています。

現在最も人気が有るモデルはクラッシーの36mmですが次に人気があるモデルはダッパーになります。

ダニエルウェリントンの青針のダッパーのベルトは交換できるの?

ダッパーの時計のケース幅は38mmです。クラッシーモデルの36mmと40mmの間になります。

36mmと40mmは豊富なベルトが用意されていますが38mmのダッパーの交換ベルトは、もともと付いてる黒、茶、こげ茶の3種類しかないんですね。

しかし38mmの幅のベルトは純正でなくても問題ないです。38mmに合うベルトいくらでも有ります。

あのアップルウォッチも38mmのベルトで合います。

時計のベルトは純正ではないといけない!という理由はまったくなく時計好きの方でしたら、その日の気分によって色々なベルトを組合しコーディネートしています。

コチラの記事ではクラッシーのモデルに別のブランドのベルトを付けています気になる方は是非みてみてください。

ダニエルウェリントンのダッパーを購入する前に知っておく注意点

冒頭で説明しましたとおりダニエルウェリントンは世界的にヒットブランドです。

その為、コピー商品が販売されています。

この事は日本公式ページでも発表されています。

ダッパーはダニエルウェリントンの中でも新作ですが、販売された直後に偽者が作られています。

悪い事をする人がいますよね。購入を考える方は偽物の購入はさけてください。

以前に書いた記事ダッパーの偽物の見分け方に動画も付けて説明してありますので合わせて読んでみてください。

安心してダッパーを購入できるお店は?

安心して本物を購入できるお店は、なんといっても世紀輸入元です。

スェーデンのダニエルウェリントンと直接取引をできる日本の代理店です。

こちらは、正規輸入元の運営しているお店で正規保証が2年間つきます。

ダニエルウェリントン日本公式ショップ



Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事