ダニエルウェリントンの対象年齢は?男性、女性どの世代に人気?

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

北欧風のシンプルなデザインが魅力のダニエルウェリントン。

SNSやファッション系のセレクトショップで見かけて一目惚れしてしまった方も多いのではないでしょうか。

上品で大人チックなデザインにも関わらずリーズナブルな価格帯で手に取りやすいのも人気の1つです。

ダニエルウェリントンといえば、若い女性が身に着けているイメージも強いですが、適切なモデル選びができれば年齢問わず幅広く身に着けることができます。

本記事では年齢毎におすすめなモデルやデザインの特徴など解説していますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

PR

ダニエルウェリントンのモデル選びについて年齢別に解説

ダニエルウェリントンの支持層として最も多いのは20~30代です。

しかし、それ以外の年齢からは支持されていないかというと決してそんなことはありません。

その証拠に以下のデータをご覧ください。

↓ダニエルウェリントン商品ページに紹介されている購入者の年齢層

20~30代の支持が多くはありますが、男女とも40代、50代以上で一定数の購入者がいるのが分かります。

若者向けなイメージはありますが、デザイン自体はシンプルなため、身に着ける人の年齢はそんなに選ばないんです。

むしろ40~50代の人が身に着けてこそ美しく映えるモデルもありますよ。

10代~20代におすすめのモデル

10代~20代の方におすすめは男女共通でClasssic(クラシック)シリーズがおすすめです。

クラシックシリーズはダニエルウェリントンの中でも定番で1番人気のモデルとなっています。

高級感あるレザーバンドと非の打ち所の無いシンプルな文字盤が印象的で思わず惚れ惚れしてしまうくらい美しいデザインが魅力です。

初めてダニエルウェリントンを購入するならとりあえずクラシックコレクションを選んでおくのがおすすめです。

30代におすすめのモデル

30代で男女別におすすめのモデルは以下の通りです。

男性におすすめのモデル

クラシックシリーズのマルチアイダイヤル搭載モデルは文字盤中央下部にダイヤルが加わったことで大人の雰囲気がプラスされたモデルです。

カラー展開はブラック・ゴールド・シルバーの3種類展開で文字盤がブラックのため、非常にシックで味わいある1本に仕上がっています。

女性におすすめのモデル

女性におすすめなペティート・クアドロシリーズの特徴は以下の通りです。

サイズは32mmなど少し小さめなサイズを選ぶと程良い大人女性感が演出できます。

40代におすすめのモデル

男性におすすめのモデル

アイコニックのクロノグラフ搭載モデルは3つのサブダイアルを備えた機能面も優秀なモデルです。

カラー展開はブラック・シルバー・ゴールド・ピンクゴールドの4種類。

ケース径が42mmと大きいので体格の良い方向けのモデルではありますが、リーズナブルな価格帯でありながら人生のターニングポイントに相応しいステータス感が出せるのも魅力です。

女性におすすめのモデル

40代女性もペティートやクアドロなど腕元で小さく映える華奢なモデルがおすすめです。

20mm台サイズの腕時計をアクセサリー風に身に着けるのも大人感が出て素敵ですし、メッシュベルトを活用することで品のある落ち着いた雰囲気を演出することもできます。

50代以上におすすめのモデル

50代以上の方にこそおすすめのモデルがアイコニックリンクというモデルです。

アイコニックリンクはダニエルウェリントンの中では最もフォーマルな要素が強い1本になっています。

フォーマル感の強いモデルは一般的に若い層よりも年齢を重ねた人にこそシックリハマりやすいといわれています。

年齢を積み人生経験を重ねている分、程良く力が抜けてカッコよく決まりやすいんです。

サイズ展開は36mm、32mm、28mmの3種類。夫婦お揃いでサイズ違いで購入される方も多いですよ。

ダニエルウェリントン腕時計のデザインの特徴と魅力

ダニエルウェリントンの腕時計が年齢関係なく幅広く愛されているのに3つの魅力があるからです。

  • 北欧風のミニマルでシンプルなデザイン
  • ベルトのカスタマイズが楽しめる
  • 手に届きやすい価格帯

それぞれ解説します。

北欧風のミニマルで上品なデザイン

ダニエルウェリントンの時計は幅広いモデルがラインナップとして挙がっていますが、どのモデルも共通してミニマルで上品なデザインが特徴的です。

身に着ける人を選ばずどんなコーデにも自然と馴染んでくれます。

上品なデザインのためドレッシーなシーンでも美しく映えますし、ビジネスやカジュアルシーンでも男女問わず使用できます。

ベルトのカスタマイズが楽しめる

ダニエルウェリントンの腕時計は

の3種類からベルトをカスタマイズできるのも魅力です。

ビジネスシーンでは黒や茶色のレザーベルトで落ち着いた雰囲気を演出、カジュアルなシーンでは派手目でパッと見のインパクトが強いNATOベルトなど使用シーンに合わせて使い分けることができます。

ベルトの付け替えも自分で簡単にできるのでコーデや気分に合わせて付け替えるのも楽しいですね。

手に届きやすい価格帯

上品なデザインながら価格帯は2万円台後半~4万円台前半と非常にリーズナブルな価格帯で買えるのも人気の1つです。

コストパフォーマンスが良いため、サイズ違いで複数揃える方もいらっしゃいますし、着用する服の系統が多くて色んな種類の腕時計を持ちたい方がバリエーションの1つとして持っておくのもおすすめです。

ダニエルウェリントン腕時計をよりお洒落に身に着けるコツ

ダニエルウェリントンの腕時計をよりお洒落に身に着けたい方は3つのコツを意識することでよりスマートに身に着けることができます。

  • シーンやコーディネートに合わせて使い分ける
  • アクセサリーと重ね付けしてみる
  • 体格に合ったサイズを選ぶ

それぞれ見ていきましょう。

シーンやコーディネートに合わせて使い分ける

よりお洒落に身に着けたい方はシーンやコーディネートに合わせて使い分けてみてください。

複数本持つのが理想ですが、予算的に難しい場合はベルトを2~3種類持っておいて使い分けるのもおすすめです。

レザーベルトだと少し重たくなり過ぎてしまう時にはNATOベルトやメッシュウォッチバンドでカジュアル感を出すのもお洒落に着こなすテクニックの1つです。

アクセサリーと重ね付けしてみる

お洒落上級者の方は腕時計とアクサセリーの重ね付けに挑戦してみるのもおすすめです。

腕時計のイメージが強いダニエルウェリントンですが、ここ最近はバングルやネックレスなどアクセサリーの取り扱いも増えています。

アクセサリーも腕時計と同様、ミニマルで上品なデザインが魅力的です。

コーデに合わせて上手に取り入れれば腕元をより華やかに演出することができますよ。

腕時計とアクセサリーの色味は揃えるのがポイント

腕時計とアクセサリーを重ね付けする際のポイントは同系色のアイテム同士で組み合わせることです。

例えば腕時計がシルバー系のカラーであれば、アクセサリーも同系色の色味で合わせるイメージです。

重ね付けが初めての方でも色味を揃えるだけで違和感なくお洒落に着こなすことができます。

逆に腕時計のカラーリングはゴールド、アクセサリーはシルバーなど違う色味を選んでしまうとごちゃごちゃしてしっくりこない原因になるので注意が必要です。

体格に合ったサイズを選ぶ

腕時計を選ぶ際はサイズ選びも重要です。

サイズとは腕時計のケース径のことですね。

日本人の場合一般的に男性であれば、36mmか40mm、女性は36mm以下のモデルがしっくり馴染みやすいといわれています。

40mmは日本人には少し大きめにはなるので、1番選ばれやすいサイズは36mmです。

ダニエルウェリントンのサイズは何種類?

ダニエルウェリントンでは6種類のサイズラインナップで展開されています。

サイズを決める際、選べるバリエーションが多いのは女性の方ですね。

一般的に36mmより下のモデルは全て女性をターゲットとして販売されたモデルです。

ケース径が小さくなる程女性的で華奢な雰囲気を演出しやすくなります。

お揃いでペアウォッチとして身に着ける場合も同じサイズで選ぶよりは男女で差を付けた方がバランス良く決まります。

クーポンを使えば15%OFFで購入できます

ダニエルウェリントンの腕時計は公式サイトでの購入がおすすめです。

公式サイトからの購入であれば製品購入日から24か月間は保証が適用されますし、イメージ違いで返品したい場合も購入日から30日間は対応して貰えます。

最近は偽物や並行輸入品も多く出回っており、最悪偽物被害に遭ってしまうリスクもあって危険です。

楽天やAmazonからの購入であれば、ポイントが付くというメリットもありますが、購入後のアフターサポートや安心感を考えると公式サイトからの購入がおすすめです。

クーポンコード【sundaylife】を入力すれば15%割引も適用できますので、購入を検討されている方はぜひ活用してみてください。

クーポンの使い方については以下記事で詳しくまとめておりますので、ご覧ください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

CAPTCHA


前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事