ダニエルウェリントンから、Elevationジュエリーコレクションが指輪とネックレスが販売、どっちがおすすめ?

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

ダニエルウェリントンから、Elevationジュエリーコレクションが発売されました。

今回発売されたジュエリーは幾何学模様からインスパイアされたデザインです。

PR

幾何学模様って何?

ダニエルウェリントン、エレベーションElevationジュエリーコレクション

幾何学模様とは三角形、四角形、六角形などのなどで構成した模様のことを言います。

今回のジュエリーの節に使われているデザインの部分ですね。

幾何学模様はインパクトが強いためジュエリーのデザインに落とし込むのは難しいのですが、DANIEL WELLINGTONが刻印されたリング中央部分がシンプルなため、全体的に調和がとれてたデザインになります。

カットされた部分が光と影をつくりラグジュアリーな雰囲気を演出してくれます。

ネックレスとリングの2アイテムの展開

ダニエルウェリントン、エレベーションのリングとネックレス

Elevationジュエリーコレクションでは、ネックレスとリング2つの展開がされてます。

どちらも幾何学模様からインスパイアされたデザインを使っていますが、サイズ感が異なります。

ELEVATION RINGはどんな指輪?

ダニエルウェリントンのエボリューションリング

ELEVATION RINGはパッとみ4連のリングを重ね付けしているようなデザインの指輪になります。

シンプルな部分と装飾的な部分のメリハリがあり、上から見ても横からカットされた部分の輝きが楽しめるリングです。

4連重ね付けしたようなデザインなので指輪のボリュームはありますが、けして大きさを感じさせません。

ゴッテとした感じは無くしっかり主張してくれます。

¥8,800(税込)

ELEVATION NECKLACE

ダニエルウェリントン、エレベーションのネックレスローズゴールド

リングと同じデザインがネックレスのトップに付いています。

細めのチェーンにトップがコロンとついたデザインで、他にはない上品でエッジが効いたネックレスになります。リングよりサイズをグッと小さくしてますが、カタチのユニークさと可愛らしさを感じます。

ペンダントトップが個性的なので、甘くなりすぎず大人っぽいコーデを楽しむ事ができます。

¥13,200(税込)

シルバーとローズゴールドの2色展開

リングもネックレスも、シルバーとローズゴールドの2色の用意があります。

私はどちらの色がにあうのか分からない

ダニエルウェリントン、エレベーションの指輪、ローズゴールド

ゴールドが似合うの人はイエローベース肌の人になります。

イエローベースの方の見極めかたは、手首などの血管が緑っぽく見える方になります。黄みが強いオークル系の肌の人はゴールドがおすすめです。

シルバーの似合う人は手首などの血管が青白く見え日焼けした時に赤くなりやすいという傾向にあります。

カット部分を残すのは難しい

ダニエルウェリントンの指輪、シルバーとゴールド

Elevationジュエリーコレクションの節のカット部分を綺麗に仕上げるのは結構難しいです。

エッジの立った金属を磨くとどうしても角の部分が、だれてしまい丸っこくなってしまいます。まるっこくなると光と影のコントラストのメリハリが無くなってしまいます。

また、幾何学模様をモチーフにしているので、あれば、切り込みにしっかり角のたった仕上がりにしたほうが綺麗な形になりますよね。

今回のElevationジュエリーコレクションをみると、リングもネックレスも、角がダレる事なく綺麗に磨けていて細かいディテールまで拘ったジュエリーだと感じました。強いていうなら。素材がステンではなくシルバーであってほしかったですが、価格の部分で仕方ないのかもしれませんね。

クーポンを使えば15%OFFで購入できます

ダニエルウェリントンの公式サイトに限りクーポンの利用ができます。

クーポンコードは(sundaylife)になります。今回限定発売したElevationジュエリーコレクションはもちろん、全ての商品に適応しますので、これから購入を考えている方は是非使ってみてください。

クーポンコトードはホームページ内のショッピングカートにて記入する事ができます。

クーポンの詳しい使い方は以下にの記事にまとめてありますので参考にしてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事