カリブルのオーバーホール料金は?正規より安くておすすめの修理店はある?

カテゴリ:CARTIER/カルティエ

カルティエの長い歴史の中で数々の名作と呼ばれる腕時計が生まれてきましたが、それらは主にレディースモデルに多くカルティエ自体のブランド性が宝石商として培われたものなので、社交などの場で女性が身に付ける宝石などをあしらったドレスウォッチとしての性格が強く、ほとんどのコレクションが女性をターゲットとしたものになっており、男性用に関してはサントス・ロードスター・パシャなどコレクションの中にメンズサイズは存在しましたが、メンズを軸とした専用モデルはほとんど存在しなかったのが現状でした。

PR

カルティエのメンズラインアップとして専用設計された新機軸といえるコレクション カリブル

カルティエのカリブルのオーバーホール

そんなカルティエが大きなチャレンジとして開発した意欲作が2010年に発表されたメンズコレクション カリブルで、今までのカルティエのデザインにはなかった大ぶりなラウンドケースにカルティエにとって悲願ともいえる自社製機械式自動巻きムーブメントキャリバー1904MCを初めて搭載し、すり鉢状にデザインされたダイヤルが立体感にあふれた抜群の視認性を確保しています。

大ぶりなケースデザインは男性用モデルとしての存在感を高めていますが、自社製機械式自動巻きムーブメント1904MCは非常に薄型に設計されているのが大きな特徴で、カルティエ独自の優雅でスマートなデザイン性はそのまま継承されています。

さらにカリブルはモデルバリエーションも幅広くノーマルモデルの他にクロノグラフやダイバーズウォッチも展開しており、それぞれに魅力溢れるモデルが存在します。

そして何より今まで外部にムーブメントを外注していたカルティエにとって自社製機械式ムーブメントは悲願といってよいもので、カリブルにはカルティエの腕時計にかける情熱がたっぷり反映されています。

正規メーカーでのカルティエカリブル オーバーホール

カルティエの銀座店入り口

カルティエカリブルのように精密な構造のムーブメントを搭載した腕時計を長きにわたって愛用するためには定期的なメンテナンスが不可欠になります。一般的に腕時計のメンテナンスはある程度の期間使いこんだものにはオーバーホールを行い不良部品があれば交換を行うのが普通です。ではカルティエの場合はどういったメンテナンスを行っていて正規メーカーに依頼した時の料金はどうなっているのでしょうか。

カルティエカリブレ正規メーカーコンプリートサービス料金

駆動方式コンプリートサービス料金
ノーマル自動巻き・ダイバーズ56,100円~
自動巻きクロノグラフ72,600円~

一般的にはメンテナンス作業はオーバーホールが基本となり分解清掃・部品交換・注油・再組立て・防水検査などが主な作業内容になってきますが、カルティエの場合は独自のコンプリートサービスになっています。

カルティエはムーブメント一式交換するコンプリートサービス

カルティエの時計のオーバーホール

コンプリートサービスとはムーブメント一式交換するサービスのことを指し、コンプリートサービスとはクォーツ式・機械式にかかわらずムーブメントを新品に交換するサービスになります。

丸ごとムーブメントを総取り替えする形になりますので性能は保証付きになりユーザーに取っては頼もしいサービスになります。

しかしその都度最新のムーブメント部品に変わってしまうのでヴィンテージモデルなどの場合には価値が下がってしまったり、機械式腕時計ならではのメンテナンスをしながら長く使いこむ楽しみや、腕時計の趣を大切にする人には物足りないサービスになってしまうという側面もあり、このカルティエのサービスには賛否両論があるのも事実です。

しかしユーザー側にしてみると現行モデルに関しては常にムーブメントが新品になるというのは非常にお得なサービスであり、高額なモデルになればなるほどメンテナンスは確実なものになり長く使い込めるのでメリットが高くなります。

カブリルに関していうとすでにモデル自体はカタログから消えてしまっているので今後ディスコンになる可能性が高く、ここしばらくは心配ありませんが今後年数が経ってくるとヴィンテージモデルのような問題が生じてきますので注意が必要です。

カルティエカブリル オーバーホールは並行輸入品でも問題ないのか

カルティエ銀座

高級輸入腕時計には販売ルートとして正規輸入ルートと並行輸入ルートがあり、正規販売店での購入と並行輸入で購入された腕時計には商品は全く同じものですが、購入後のアフターサービスに関して正規メーカーの対応が異なることは良く言われています。

よく並行差別といわれますが、正規販売店で購入されたもの以外の並行輸入品に関しては修理を受け付けしない、また受付されたとしても正規料金以上の高額な修理料金を要求されるなどの事例がメーカーによっては多く挙げられています。

ではカルティエの場合はどうかというと修理そのものに関しては、保証書があり本物であることが証明されれば正規品と同じ扱いで修理を受け付けてくれます。

近年カルティエは並行輸入店に新品を卸さない方針になっており、代理販売店の品物が増加し並行輸入品が減少することになるので、並行輸入品を購入したい人には逆風が吹いています。

しかし精密なコピー品や模造品が市場にあふれている中、カルティエのように自社の製品であれば正規・並行輸入問わず本物であればしっかりメンテナンスを受け付けてくれるのはさすが老舗の対応といえるでしょう。

腕時計修理専門店だとカルティエカリブルのオーバーホールはいくら位になるのか

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

カリブルの場合カルティエの歴史の中では比較的新しいコレクションになるので現在は心配ありませんが、今後年数が経ってくるとヴィンテージモデルになり純正部品のストックが正規メーカーから消える可能性が高く、オリジナルの状態が再現できなくなるため価値が下がったり時計自体の趣を失ってしまうので、今後年数が経ったのちカルティエ正規サービスにコンプリートサービスを依頼する際には十分注意が必要です。

またそういった際にオリジナルの状態を維持したい方におすすめなのが腕の良い腕時計修理専門店を利用すると良いです。ではカルティエカリブルを腕時計修理専門店にオーバーホール依頼するといったいどのくらい料金がかかるのでしょうか。

カルティエカリブル腕時計修理専門店オーバーホール料金平均相場

駆動方式オーバーホール料金
ノーマル自動巻き・ダイバーズ33,000円~
自動巻きクロノグラフ38,000円~

店舗によって料金には差がありますが平均相場を取るとこのような料金になっており非常にお得です。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼するメリットとしてはやはりお得な料金設定が挙げられます。

正規サービスはコンプリートサービスになりムーブメント交換ですが、それでも正規サービス料金の半額近くでオーバーホールが済むのは大変お得です。

さらに店舗によってはヴィンテージモデルのオリジナル部品をストックしている店舗もありますので、オリジナルの状態を維持することも可能です。さらに納期の早さもメリットになり通常正規メーカーだと1ヶ月から3ヶ月を要するところが店舗によっては2~3週間で仕上がるのも大きな魅力です。

しかし作業を手掛けるのがカルティエ専門の技能士ではない為に仕上がりには技能士の技術次第で大きくバラつきがあり、こういった点はリスクとして捉えなくてはいけませんので腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合には店舗の見極めが大切になってきます。

おすすめの腕時計修理専門店

カルティエカブリルをメンテナンスに出したい場合にはやはり正規メーカーのコンプリートサービスに出すのが一番安心ではあります。

しかし、予算をなるべく安く上げたい場合や、ムーブメントを丸々交換されてしまうのでに抵抗があるかたはカルテェの知識がある腕の良い腕時計修理専門店を利用するのがおすすめです。

幸い日本には多数の腕時計修理専門店があり、依頼には事欠きません。しかしあまりにも数が多すぎていったいどの修理専門店に依頼したら良い結果が得られるのかと心配になる人も多いでしょう。

そういった場合には所属している技能士の取得資格を調べてみるとよいです。特に1級腕時計修理技能士の資格は上級資格として登録されていますので信頼度を測る目安になるでしょう。

カルティエカリブルのような自社製ムーブメントを搭載し高精度で薄型な腕時計を正規メーカー以外でオーバーホール依頼する際には、カルティエのムーブメントに知識があり本当に信頼のおける技術の高い腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめです。

その場合店舗の見極めをしっかり行うことがとても重要になってきますので、情報をたくさん集めてくれぐれも間違いの無いように店舗の選択を行うとよいでしょう。

ぜひ試してほしい私のおすすめ修理専門店

こちらに紹介する記事では私のおすすめの修理工房をまとめています。

その中で、記事の一番最後に紹介しているクラフトワーカーズは特におすすめです。

一括見積りを取り、比較できる!

クラフトワーカーズでは時計を送らなくても複数の時計修理専門店から優秀な職人さんに一括見積りを取り、比較して選ぶことができます。

クラフトワーカーズ職人

また、分からない事や心配な事などを時計職人へ直接質問ができるので、納得した上でオーバーホールの依頼ができます。

一般的な修理専門会社や、デパートなど窓口の方との、やり取りになりますが、職人と直接連絡がとりあえるのは良いですよね。

この機会に今後のメンテナンスも、この職人に依頼したいと思える人と出会うことができる良い機会です。

見積もりは無料なのでぜひ試してみてください。

sendクラフトワーカーズ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事