ダニエルウェリントンの2018年の新作ベイズウォーターとローズリンの感想

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

ダニエルウェリントン2018年の春夏の新作が届いたのでレビューします。

PR

2018年春夏の新作はローズリン(Roselyn)とベイズウォーター(Bayswater)

ダニエルウェリントンの新色ベイズウォーターとローズリンroselyn_bayswater

このモデルは単体でも購入できますが2本のベルトが付いたセット販売もしているモデルです。

春夏にリリースされましたが、濃いルビーレッドと深いナイトブルーのナトベルトなので、秋冬でもコーディネートしやすいです。

もちろん手首が蒸れがちな夏にも嬉しいベルトです。

今までのナトーベルトは?

ダニエルウェリントンのベルトの色、人気、お勧め

  • SOUTHAMPTON=ネイビー×ホワイト×ピンク
  • WINCHESTER=ネイビー×ピンク
  • GLASGOW=ネイビー×ホワイト
  • CANTERBURY=ホワイト×ネイビー×レッド
  • OXFORD=ネイビー×レッド
  • CORNWALL=ブラック

とブラック意外は明るい色味だったので秋冬には使いずらかった人も多いと思いますが、今回のルビーレッドとミッドナイトブルーはクラシックな印象なので大人っぽく上品にコーディネートができると思います。

単色のナトーはやっぱり良い

ダニエルウェリントン新作のベルト、ベイズウォーターとローズリンroselyn_bayswater

私もナトーベルトを持っていますがシンプルな単色の方が正直使いやすいです。

ホワイト×ネイビー×レッドなど多色のベルトも明るくかわいいですが、普段着ている服がシンプルだとベルトがキャッチーすぎてカジュアルに見えすぎる事がありますよね。

今回のベイズウォーターとローズリンは、落ち着いた深みがあるベルトなので少し大人っぽい色味なので上品にカジュアルダウンしてしてくれます。

40mmと36mmドチラがおすすめ?

ダニエルウェリントンのベイズウォーターとローズリンroselyn bayswater

今回のナトーベルトはクラシックの40mmと36mm様のベルトです。

ダニエルウェリントンの大きさに関しては好みが分かれますますが、一般的な体系の男性の場合は36mmがジャストサイズになります。

ダニエルウェリントンの新作ベイズウォーターとローズリン

少し大ぶりに見せたいのであれば40mmがおすすめです。

レディースに関しては36mmでも少し大きなサイズになります。日本人女性は小柄で腕まわりが細い方が多いので40mmの時計は、かなり協調的なサイズになります。近年のトレンドでメンズライクの大きな時計も流行っていますが、ジャストサイズを考えるのであればクラシックモデルではなくペティートがおすすめです。

ペティートに関してはコチラの記事ダニエルウェリントン2017年新作ペティート petiteの評判に詳しく記載していますので参考にしてください。

ベイズウォーターとローズリンの選び方

ベイズウォーターとローズリンは外観が

文字盤が

から選ぶ事ができます。

アダルトな雰囲気を演出したいのであれば、文字盤をブラックにする事をおすすめしますが深みのあるベイズウォーターとローズリンのストラップとの相性に若干個性がある見た目になります。

それに対してホワイトの文字盤は少し軽い雰囲気でカジュアルでもフォーマルでも使いやすいです。

外観(ケース)はシルバー?ゴールド?ドチラがおすすめ?

roselyn bayswater

ケースカラーはシルバーでもゴールドでも今回のストラップとの相性はとても良いです。

学校の教師や窓口の仕事、公務員など少し固い仕事の方はシルバーケースで文字盤がホワイトの方が使い安いと思います。

クーポンを使うと32%OFFで購入できます。

ダニエルウェリントンのベイズウォーターとローズリンroselyn bayswater

ダニエルウェリントンの公式サイトで購入した場合、今回の新作も含めて全ての商品が32%OFFで購入できます。

既にダニエルウェリントンを持っている方でもベイズウォーターとローズリンのベルトのみ購入する事も可能です。

クーポンに関してはコチラの記事ダニエルウェリントン、クーポンコードは【sundaylife】に詳しく記載してありますので参考にしてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事