ダニエルウェリントンのソーラー時計は発売されるの?

カテゴリ:DanielWellington/ダニエルウエリントン

スウェーデンで2011年に創立されたダニエルウェリントンですが、なかなか新作が発表されない時計としても有名です。

現在定番となって販売れているクラシックシリーズも創立当初から形が変わっていません。

スウェーデンのデザインはシンプルで無駄がない機能美を追求したデザインが多いのでガラッと見た目が変わる事は無いと思いますが、今後ソーラー時計の新作は発売されても良いですよね。

今のところダニエルウェリントンではソーラー時計の販売予定はありませんが、ソーラー時計を作るのはそれほど難しい事ではないので私の予想では1、2後には販売するんではないかと思ってます。

現在発売中のダニルウェリントンの商品はクーポンを使う事で公式サイトにて、かなり割引して購入できます。詳しくはダニエルウェリントン、クーポンコードは【sundaylife】の記事で確認してください。

PR

ソーラー時計でどこまで薄くできるか

ダニエルウェリントン新作のベルトroselyn_bayswater

現在ダニエルウェリントンの電池式時計は6mmと他の時計に比べかなり薄い時計です。この薄さが魅力の一つでもあるのでですが、ソーラー時計になった時にどこまで薄くできるかが重要なポイントです。

シンプルなデザインなのに厚みがあると、ぼてっとした印象で今のブランドイメージとは変わってしまいます。

一般的なソーラー時計は薄い物でも7〜8mmくらいあるんですよね。 1mmから2mmだったらあまり変わらなそうと思う方もいますが時計の1mm〜2mmは見た目も付け心地も変わります。

7〜8mmのソーラー時計であれば、すぐにでも開発する事が可能だと思います。

シチズンの技術を使えば薄いソーラーが作れる

シチズンのソーラーウォッチムーブメント

現在世界最薄のソーラー時計はシチズンのエコドライブワンという時計で薄さなんと2.98mmです。ペラッペラですよね。

価格は30万円と高額です。

ちなみにコレですシチズン、エコドライブワン薄型腕時計

ダニエルウェリントンのデザインが好みの方にとっては薄いけどなんか違うなって感じるかもしれません。

今のダニエルウェリントンの厚みを保ちながら、ソーラーウォッチにするのであればシチズンのムーブメント(時計の中身)を使う他に無いと思います。

今後ダニエルウェリントンのソーラー時計は発売される?

ダニルウェリントンの34mmホワイト、ブラウン

ダニエルウェリントンのような時計ブランドはソーラー時計のムーブメント(中身)を作る事ができません。その為シチズンやスウォッチ、セイコーのような大きな時計メーカーからムーブメント(中身)を仕入れて作る事になります。

シチズン製の極薄ソーラームーブメントは現在のところ自社でしか取り扱いしていませんが、いつかは社外にも発売する事になるはずです。

また、シチズンの他にエプソンも薄いソーラー時計のムーブメント開発をしています。7mm〜8mmの時計ならエプソンが市況しているムーブメントで作る事もできますし、テクノロジーと技術の発展により安くて薄いムーブメント(中身)今後続々と出てくるかと思います。

無駄なデザインを取り除きできるだけシンプルな形を追求するためダニエルウェリントンのソーラーを見てみたいですね。

こちらの記事おすすめのソーラー電波時計一覧。ビジネスとカジュアルを分けて紹介!には、色々なソーラー時計を纏めてありますので気になる方は参考にしてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事