ホームセンターで時計の修理やオーバーホールはあまりおすすめできない?その理由とは?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

コメリやカインズ、コーナンなどホームセンターの中には時計の電池交換や修理の受け付けを行なっているコーナーがありますよね。電池交換が一般的ですが分解修理を行なっている店舗もあります。

分解修理のような高度なメンテナンスの場合は本部の修理センターに送られるか、業務委託している修理専門業者へ預けた時計は送られる事が多いです。

ホームセンター内で、白衣をきた技術者が時計を分解しているは見た事ないですよね。

ホームセンターは身近にあるので気軽なイメージで何となく持っていって修理してもらう人もいますが本当に安全に行なってもらえるのかしっかり見極めてる必要はあります。

PR

時計の修理やオーバーホールは行う技術者によって出来栄えは異なる

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

時計の修理は分解、組み立てが必要な事が多いです。

分解する理由は不調箇所を特定するするためです。部品を1つ1つ外していき劣化や破損状態を特定します。

時計の分解組み立ては高度な技術や知識が必要で、その技量は人によって大きく異なります。

ホームセンターと一口にまとめても修理やオーバーホールを行う人や委託先は様々なので、大切な時計であれば預ける人も自身でしっかり選ぶ必要があると思います。

ホームセンターで時計の修理を行なっている人は修理資格を持っていない人もいる

日本では時計の修理に関して時計修理技能士という国家試験が用意されています。

時計修理技能士は1~3級まで用意されており、1級は上級技師として位置付けされています。

時計の修理技能士は任意で取得するものなので、ホームセンターの時計修理コーナーでメンテナンスを行なっているスタッフが時計修理技能士の資格を取得しているとは限りません。

国家試験を取得していないと、技術が低くトラブルに繋がるのかというと必ずしもそうではありませんが、ホームセンターは時計修理の専門店ではないので、どのくらいの技量がある人がメンテナンスを行うのか分からなく不安はあります。

国家試験の取得には3級が実務経験6ヶ月以上、2級は2年以上を有する者、又は3級合格者、1級は実務経験7年以上、又は3級合格後4年、2級合格後2年の実務経験を有する者とされています。

国家試験は一定の経験者でないと取得はできないので技術経験を計るための一つの目安にはなります。

これからホームセンターでオーバーホールや修理の依頼を行うかたは、預けた時計が何処でメンテナンスされるのか、どんな人が分解するのかしっかり確認する事をおすすめします。

技術が未熟な人間が時計の修理やオーバーホールを行った場合、受け取ったその場では正常に動いているが、しばらく経ってから遅れや進みを生じたり、工具の使い方が悪く文字盤に傷を付けられたり、ネジ山を潰されるというトラブルがあります。

近年はそういったトラブルが増えてるとききます。

たとえ電池交換であっても信頼できる技術士者へ依頼する事をおすすめします

時計のスクリューバックをあけて電池交換

デパートの時計コーナーなどでも時計の電池交換を行なっていることがありますが、結構な素人が時計の裏蓋を開けて電池を交換してる事があります。

ホームセンターでも同様の事が言えます。ホームセンターや時計売り場での電池交換は600円から1000円くらいで行なっているところが多いです。価格が安くその場で行なってもらえて魅力的ですが、どんな人が作業を行なっているか分からです。最悪の場合電池交換の際に湿気から時計内部を守るパッキンを傷つけられたり、裏蓋に傷を付けられるなんて心配も十分にあります。

時計修理専門店でも探せば1000円くらいから電池交換を行なっているところはあるので、個人的には専門店で作業をしてもらう事をおすすめします。

どんな、ところで時計のメンテナンスを行えば良い?

時計修理工房

ホームセンターでも時計メンテナンスや修理を行う事ができますが。どういった技術をもったところなのか分からない場合は、メーカーのテクニカルサービスセンターか技術が確かな時計修理専門会社にて電池交換や修理・オーバーホールを行う事をおすすめします。

メーカーのテクニカルサポートセンターのメリットは自社製品のため安心して依頼ができますが、ちょっとした不具合で部品を交換をしてしまう傾向があるため、メンテナンス料金が高くなりがちというデメリットがあります。

修理専門会社はメーカーに比べ価格を安く抑えられるのが一番のメリットになります。オメガやロレックスといった高級ブランドの場合、4〜5割前後安く設定されている事が多いです。デメリットはホームセンターと同じ事がいえますが技術者によって技量が異なるため、同じ修理専門店のなかでも確かな技術者にあたるか分からないというデメリットがあります。

時計の修理やオーバーホール、おすすめの依頼先は?

ロレックスのデイジャストの分解オーバーホール。カレンダー

時計修理やオーバーホールの依頼で、一番優先したいのは技術面です。

ホームセンターでも修理やオーバーホールの技術が確かであれば問題ありませんが、分からない場合はこちらの時計修理専門サイトがおすすめです。

こちらのCraftWorkers(クラフトワーカーズ)では職人の技術者歴や、時計に関する国家試験や認定書など、本人の顔を確認して、職人本人にオーバーホールや修理の依頼ができます。

できたばかりのサイトなので3人の職人の在籍ですが、どの職人も時計修理のベテランになります。

職人に直接メンテナンス依頼ができるのは、私たち依頼側として安心ができますし、お客様から本人にメンテンス依頼がくるので責任感を強くもって、高いモチベーションでメンテナンスを行ってもらえます。

気になる料金もメーカーより3〜5割安く、メンテナンス後の動作保証も1年間設けてもらえます。

腕時計の修理やオーバーホール純正部品オリジナルパーツ

また、交換が必要な部品があった場合も純正部品を使い修理してもらえるのでおすすめです。 大切な時計は例え電池交換であっても技術が確かた職人に依頼する事をおすすめします。

send時計職人に直接依頼ができるクラフトワーカーズ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事