中野のれんずの販売されてる時計の評判は?偽物?大丈夫?

カテゴリ:買取

れんずは時計の聖地と言われる中野の中野ブロードウェイ3Fに店舗を構える高級時計販売・買取店です。

ロレックスやオメガ、パテックフィリップなど高級腕時計を多数取り扱っている店舗で時計好き御用達の店舗としても知られています。

そんな中野のれんずですが、販売されている時計の価格があまりにも安すぎて購入していいものか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

特に高級ブランドの時計は偽物が出回りやすいですから、警戒してしまうのも無理はありません。

ただ、中野のれんずで販売されている腕時計は紛れもなく本物です。

価格が安いのは品質が悪いとか偽物だからなどではなく、別の理由があります。

本記事では中野のれんずの時計が安い理由や偽物ではないと言える理由について詳しく解説していきます。

PR

中野のれんずで販売されている時計が安いのはなぜ?

中野のれんずで販売されている時計が安い理由は扱っている時計が並行輸入品だからです。

並行輸入品とはメーカーと直接関係のない第三者が、海外で購入したものを日本国内へ輸入し販売されている商品のことを指します。

通常ブランドの正規品と呼ばれる商品は日本の正規代理店が海外ブランドから輸入して販売しているのですが、並行輸入品の場合は正規代理店ではない別の業者が輸入・販売しています。

正規品と並行輸入品の違いは販売ルート

要するに、正規品と並行輸入品は販売ルートが異なるだけで、商品自体はどちらも本物のブランド品です。

ではなぜ販売元が違うだけでここまで差があるのでしょうか。実は正規品は日本定価に準じて販売しなければならないルールが定められています。

日本定価より高い価格で販売することもできなければ、安く販売することもできず価格が自由に設定できません。

一方で並行輸入品の場合は正規品で定められているルールに従う必要がなく、価格も自由に設定できます。

そのため並行輸入品と呼ばれる代物は業者側の裁量次第で自由に価格を上げ下げすることができるんです。

正規品と並行輸入品で価格差が生まれる理由には人件費や仲介手数料も関係しています。

正規品の場合、輸入・販売において複数の業者が関わる分、仲介手数料も高くなりますし、人件費もかかります。

一方で並行輸入品の場合は、ブランド側の人件費が抑えられますし、仲介手数料も抑えることができます。

だから正規品と並行輸入品でこれだけの価格差が生まれてしまうわけです。

並行輸入品のデメリットは本物である確証がないこと

ここまでの話を聞くと並行輸入品は良い面ばかりだと思うかもしれませんが、本物である確証がないというデメリットもあります。

なぜなら正規品と違ってブランド側による本物かどうかの確認がないからです。

並行輸入品はあくまでもメーカーと関係のない第三者が輸入・販売しているものを指しますから当然、偽物やコピー品が紛れてしまうこともあります。

悪質な業者の場合、偽物だと分かっておきながら販売されている事例も少なくありません。

だからこそ並行輸入品を購入する場合は、販売元の確認が重要になるのです。

中野のれんずで販売されている時計は大丈夫!偽物ではないといえる理由

高級ブランドの並行輸入品を購入する際は販売元が信頼できるかどうかが何より重要なポイントとなります。

販売元が信頼できない場合偽物やコピー品、詐欺などの被害に遭う可能性が高くなってしまうからです。

販売元の信頼ができるかどうかは以下3つの点で判断するといいでしょう。

  • 会社の運営歴や事業の成長性
  • 偽物対策への取組状況
  • 古物営業法に基づく古物商許可を取得しているか

会社の運営歴や事業の成長性

れんずは2007年に会社として創業して以降、15年以上に渡って時計の販売・買取事業を続けています。

15年以上もの間事業として運営を続けられているということは、健全な経営ができている何よりの証拠といえるでしょう。

特にブランド品を扱う会社は、一度でも偽物やコピー品を扱ってしまうと一気に信頼を失い、事業としての存続すら危うくなります。

それだけシビアな業界の中で長年事業を続けているわけですから、今後も目先の利益を得るために偽物やコピー品の販売に手を染めるとは考えにくいです。

健全な事業を続けているからこそ、会社の知名度も上がり、時計好きからの支持も年々高まり続けているのではないでしょうか。

偽物対策への取り組み状況

会社として偽物を販売しないための取組に力を入れているかどうかも重要です。

中野のれんずの場合、偽物対策に関して具体的な取組内容までは公開されていませんが、公式HPを見ると以下の通り明記されています。

本物で間違いございません。模造品等は取り扱っておりませんので、ご安心ください。

https://www.renzu.jp/view/page/faq

れんずの公式HPでは特商法に関してもしっかり明記されていますし、代表者の名前も公開されています。

会社としての信頼性も高いですし、万が一の場合の対応も安心できると考えていいでしょう。

古物営業法に基づく古物商許可を取得しているか

れんずは古物営業法に基づく古物商許可を取得している会社です。

中古のブランド品を扱う場合、販売・買取する側は古物営業法に基づく古物商許可を取得することが法律で定められています。

法律を遵守して営業している会社であれば、安心して買物できますよね。

逆に怪しい会社やサイトの場合、古物商許可を取得していなかったり、特商法の表記が無かったりと法外に販売していることが多いです。

高級ブランドの商品を購入するのであれば、万が一の場合に備えて運営歴が長く、法律を遵守して営業を続けている販売者から購入するのが無難です。

並行輸入品は安いけど並行差別のあるブランドを購入する場合は注意

並行輸入品は正規品と輸入経路が異なるだけで商品自体は本物です。

おまけにブランドによっては正規品よりもグッと安く購入できる可能性もあります。

ただ、並行輸入品を買う前に知っておきたい注意点で1つあります。

ブランドによっては並行差別を行うブランドもあるということです。

並行差別を行うブランドとは?

並行差別とは正規品と並行輸入品でメーカーのアフターサービスや修理料金に差が付けられることです。

一般的に並行差別があるブランドだと並行輸入品の修理料金は正規品の2倍近い金額が掛かってしまうことが多いです。

以下では並行差別を行うブランドの代表的な例を挙げています。

  • ゼニス
  • ブライトリング
  • ウブロ
  • タグ・ホイヤー
  • フランクミュラー

上記ブランドの中で並行輸入品を購入する場合は修理する際にかかる費用もよく調べておいた方がいいと思います。

ただ、並行差別は全てのブランドで行われるわけではなく、ブランドによっては並行差別を行わない所も多いです。

例えば下記で挙げているブランドは並行差別を行っていません。

  • ロレックス
  • パテックフィリップ
  • オメガ
  • ロンジン
  • ブレゲ
  • カルティエ
  • IWC
  • パネライ
  • オーデマ・ピゲ
  • ジャガールクルト
  • パネライ

ここで全ては挙げきれませんが、並行差別を行わないブランドの方が多いです。

購入したいブランドが決まっている方は事前に調べてみて、並行差別をしないブランドの場合は、並行輸入品を買った方が得だと思います。

中野のれんずで買うか正規店で買うかの判断基準は?

先程紹介した通り、並行輸入品と正規品ではメンテナンス料金が変わってくることがあります。

ロレックスやオメガなど並行差別を行わないブランドであれば、並行輸入品の方が絶対的にお得ですが、ゼニスやブライトリングのような並行差別のあるブランドだと少し悩みますよね。

正規品の方が修理料金が安いなら長く使うことを考えると正規品を買っておいた方が得なのでは?と考える方が多いと思います。

ただ、よく考えてみて欲しいのはそもそもの時計の販売価格の高さです。

高級ブランドの時計となると数百万円単位の世界なので正規品と並行輸入品の価格差もかなり大きくなります。

仮に正規品で100万円の時計があったとして並行輸入品なら70万円だったとしたら並行輸入を買うことで30万円分得したことになります。

その代償として修理料金が1回あたり5万円高くなったとしても30万円分を取り戻すには6回分の修理を受ける必要があります。

6回分ということは時計のオーバーホールを行うのがおおよそ5年に1回なので、元を取るのに30年以上もかかる計算になるんです。

そう考えると多少修理料金が高くなったとしても並行輸入品の方が明らかに安いのなら問題ないのではないでしょうか。

並行輸入品の修理はメーカー以外に頼むのもあり

ブランド時計の修理は必ずしもメーカーのアフターサービスでなければいけないわけでもありません。

民間の腕時計修理工房を探しみるとメーカーよりもリーズナブルな価格であるにも関わらず高品質なサービスを提供してくれる所も多いです。

ネットやSNSの口コミなど参考に腕の良い修理業者を探せば、並行輸入品であっても余計なお金をかけずにメンテナンスしてもらうこともできますよ。

中野のれんずの店舗情報

最後に中野のれんずの店舗情報についてまとめています。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

CAPTCHA


前の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事