コメ兵で販売されてる時計の評判は?偽物?大丈夫?

カテゴリ:買取

コメ兵は腕時計やファッション・ジュエリーなどブランド品を幅広く扱う有名ショップです。

ブランド品が手軽な価格で購入できることから長年多くのユーザーから厚い支持を集めています。

しかし、コメ兵を初めて目にした方からすると「流石に安すぎるのでは?」、「もしかして偽物も混じっているんじゃないの?」と不安に感じるのも無理はありません。

そこで本記事ではコメ兵の時計の評判や安全性など詳しく解説していきます。

PR

コメ兵の時計が安い理由は?

コメ兵がブランド腕時計を安く販売できるのは「並行輸入品」を扱っているからです。

並行輸入品は正規ルートとは正規代理店以外の第3者が海外で購入したブランド品を日本国内で販売している製品のことです。

扱っている製品自体は本物ですが、正規品と流入ルートが異なるために並行輸入品という呼び方をされています。

並行輸入品ならそんなに安くなるものなの?

並行輸入品であれば、流通の際に複数の会社を通さないため仲介手数料を抑えることができます。

仲介手数料がかからない分、正規品より安い価格で販売してもしっかりと利益が上げられるのです。

しかし仲介手数料が発生しないだけでそんなに安くなるものなのか疑問に感じる方もいるでしょう。

実は、メーカーや卸売店が小売店に販売する価格は私達が想像している以上に安いです。

私が以前働いていた時計販売会社での取引価格は定価の50%~60%程でした。業界全体で見ても50%~60%は妥当な数字です。

仮に定価50万円の時計であれば25~30万円で買取できます。コメ兵の販売価格から推測するに卸値に近い価格で海外から仕入れ、定価以下の卸値に近い価格で販売し、その差額で利益を上げているのではないかと考えられます。

薄利でも販売数を確保できれば大きな売上が期待できます。

コメ兵で販売されている時計が偽物ではないといえる理由

コメ兵で販売されている時計は間違いなく本物です。正規品と輸入ルートは異なりますが、コメ兵独自で絶対に偽物を販売しないための工夫が施されています。

コメ兵が信頼できる理由として特筆すべきは以下3点です。

  • 偽物シャットアウトプログラムが充実している
  • 会社の運営歴が長く上場も果たしている
  • 古物営業法に基づく古物商許可を取得している

それぞれ解説します。

偽物シャットアウトプログラムが充実している

コメ兵では「偽物は絶対に買い取らない、販売しない」をモットーに「偽物シャットアウトプログラム」を展開しています。

具体的には以下5つの取り組みで偽物対策を徹底しています。

上記通り、偽物を販売しないための対策がこれでもかという程徹底されているのです。

会社の運営歴が長く上場も果たしている

コメ兵は1979年に会社が設立して以降、2004年には東証二部上場も果たしています。

会社が上場するためには企業経営の健全性や内部管理体制の有効性など厳しい審査を通過する必要があります。

上場した後も基準を満たし続ける必要があるため、健全な経営を継続していく必要があります。

コメ兵が20年近く上場企業として運営が続けられていることから推測するに、偽物を販売して利益を上げているとは考えにくいはずです。

健全な経営を続けているからこそ、会社としての社会的信用も高まり、知名度も上がっているのではないでしょうか。

古物営業法に基づく古物商許可を取得している

コメ兵は古物営業法に基づく、古物商許可も取得している会社です。

中古のブランド品を販売・買取するのであれば、古物商許可を取得することが法律で定められています。

逆に古物商許可を取得することなくブランド品を販売している業者は限りなくグレーに近いです。

怪しいサイトで購入したブランド品が偽物だったという事例は大抵業者側が古物商許可を取得することなく法外に販売されていることが多いです。

一方でコメ兵は法律を遵守しながら長年経営を続けている会社であるため、安心して購入できるショップといえます。

並行輸入品は安いけど並行差別のあるブランドには注意

コメ兵で扱っている時計は流入経路が異なるだけで商品自体は本物です。

その上正規品よりも安いと考えると並行輸入品の購入一択と考えるかもしれませんが、実は注意しておきたいポイントもあります。

ブランドによっては並行差別を行う所もあるということです。

並行差別とは正規品と並行輸入品でメーカーのカスタマーサービスの内容に差が付けられることを指します。

要は、並行輸入品だとブランドによっては修理を断られたり、メンテナンス料金が高くなることがあるのです。

並行差別を行うブランドとは?

以下では並行差別を行うことで有名なブランドの一例を挙げています。

  • ゼニス
  • ブライトリング
  • ウブロ
  • タグ・ホイヤー
  • フランクミュラー

上記ブランドの並行輸入品だとメンテナンスやオーバーホール料金が正規品の1.5~2倍程度になります。

例えばブライトリングのナビタイマーを正規のカスタマーサービスに修理依頼する場合、4~5万円程の差が付きます。

メンテナンス費用が高くなると考えると少し痛いなと感じますが、ブランドとしての運営を継続させていくことを考えると仕方ないことでもあります。

並行輸入品と正規品で修理代金に差が付く理由は?

メーカーが並行差別を行う理由は、並行輸入品ばかり購入されてもブランドとしての売上が確保できないからです。

正規品は並行輸入品と違ってブランドイメージアップや市場拡大のために広告を出したり、仕入先を探したりと多大なコストが掛かっています。

掛けた分のコストを回収するには価格の安い並行輸入品よりも正規品を買って貰った方がいいですよね。

そのため正規代理店はメンテナンス料金に差を付けることで価格の安い並行輸入品ばかりが売れないように対策しているのです。

並行差別を行わないブランドもある

一方で並行差別をしていないブランドも存在します。

  • ロレックス
  • パテックフィリップ
  • オメガ
  • ロンジン
  • ブレゲ
  • カルティエ
  • IWC
  • パネライ
  • オーデマ・ピゲ
  • ジャガールクルト
  • パネライ

ここで全てのブランドを記載することはできませんが、並行差別を行うブランドばかりではないということです。

上記のような並行差別をしないブランドであれば、並行輸入品を購入しても特段デメリットはないと思います。

コメ兵で買うか正規店で買うか迷った時は?

コメ兵と正規店で扱っている商品の違いは並行輸入品か正規品かどうかで、流入ルートが異なることです。

どちらも商品自体は本物ですが、並行輸入品の方がリーズナブルな価格帯で購入できるのが魅力です。

しかし、人によっては多少価格が高くても正規店での購入が魅力的に映る方もいると思います。

例えば、正規店で購入すると以下のようなメリットがあります。

そのブランドが心の底から大好きでより思い入れのある形で購入したい場合は正規店で買った方が満足できると思います。

逆にブランドに対してそこまで強い思い入れはないけれど欲しいと思う商品があるのであれば、コメ兵のような正規代理店以外のショップで購入した方がお得です。

コメ兵の時計購入時に保証はある?

コメ兵で購入した時計は商品種類によって以下の通り保証期間が設けられています。

商品種類 保証期間
新品 1年
1万円以上の中古 半年
オメガ、ロレックス、カルティエ、ブルガリの新品 2年

商品にもよりますが、半年~2年間は保証が受けられるのは嬉しいポイントですよね。

ただ保証を受けるためには購入時に同封される「ご注文確認書兼保証書」が必要になりますので、失くさないよう大切に保管しておきましょう。

楽天は模倣品に対する補償も充実

コメ兵は楽天市場でも「KOMEHYO ONLINE STORE」というショップ名で出品しています。

楽天市場では楽天ポイントやキャンペーン・クーポンなど楽天市場内のお得なサービスを利用して購入できる点が魅力です。

さらに楽天では万が一偽物を購入してしまった場合でも補償対象ブランドであれば、無償で保証を受けることができます。

並行輸入品の中には偽物が混じっている可能性もありますので、万が一の事があっても安心できるよう楽天での購入を検討してみるのもありだと思います。

コメ兵の公式サイトはコチラです。KOMEHYO ONLINE STOREになります。

ただ、補償を受けるためには対象ブランドである必要がありますので、購入する前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

CAPTCHA


前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事