ボールウォッチのオーバーホールにかかる料金は?正規より安くておすすめの修理店はあるか

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

1891年、アメリカで鉄道の時間管理が確立されていなかったことで鉄道事故が相次ぎ、当時の鉄道当局担当ウェブ・C・ボールが時刻検査を命じ正確な鉄道ダイヤというものが生まれ、さらにボールは鉄道運行を管理する鉄道時計の製作に着手します。

これによって生まれた懐中時計のムーブメントがボールウォッチの始まりとなり、現在はマニュファクチュール腕時計ブランドとしての地位を確立しています。

PR

アメリカ鉄道史と共に発展したボールウォッチ

ボールウォッチ ロゴ

ボールウォッチは過去にアメリカ合衆国公式レイルロードウォッチとして採用された歴史を持ち、特に正確な時刻を刻むムーブメントと見やすく時間の誤認が起こらない文字盤の作成に注力、アメリカ全土の鉄道時刻ダイヤを支えてきました。

特にボールがこだわったのは自社製ムーブメントをマニュファクチュールで製作することで、常に精度の高いムーブメントを手作業で生み出し続けてきました。

さらに腕時計が影響を受けやすい計器などから発する磁気への対策に早くから取り組み、現在では耐磁シャッターという独自のメカニズムで磁気の影響から時計を守っています。

またボールウォッチの特徴として耐衝撃に対する対策が挙げられ、スプリングロックというこれも独自のシステムを開発し、衝撃に対しての対策が綿密に行われています。

エンジニア ハイドロカーボン オリジナル

そして全モデルに視認性の確保として最強のメカニズム、マイクロガスライトをインデックスと針に採用、どのような環境でも完璧な視認性を確保することに成功しました。

現在のボールウォッチのコレクションは操業当初から徹底されていた高性能ムーブメントを軸に徹底した視認性の向上、耐磁性能・耐衝撃性能・高度な防水性能・オリジナルクロノグラフといった最強の性能を確保し、さらに普遍的なデザインにも力を入れ、完成度の高い腕時計を送り出しています。

こうした弛まない研究と発明の数々によってボールの腕時計は他にはない独創性と強靭さを身につけ、特に目の肥えた腕時計ファンや2本目、3本目の腕時計として人気の高いブランドに成長しており、日本ではまだその知名度はこれからですが、世界ではコレクターたちの絶大な人気とプロたちの信頼を獲得することに成功しました。

ボールウォッチのオーバーホールを正規カスタマーサービスに依頼するには特殊な制限がある・料金等はどうなっているのか

ボールウォッチのオーバーホール

物凄いポテンシャルを持ったボールウォッチですが、どんなに性能の高い腕時計でもメンテナンスを怠ると寿命が短くなるようにボールウォッチの性能を持ってしても定期的なメンテナンスは必ず必要になってきます。

この場合、一番安心できる方法はボールウォッチの正規カスタマーサービスにオーバーホールを依頼することです。そしてボールウォッチ正規販売代理店でもカスタマーサービスにメンテナンスを依頼することを推奨しています。

正規カスタマーサービスにオーバーホールを依頼する一番の利点は純正部品の確保が必ずできていることで、修理などが発生した場合にその品質が保証されることです。

さらに専門スタッフによる卓越した技術によって修理品質が確実に期待できること、そして修理にメーカー保証がつくことが挙げられます。

そして正規販売店でボールウォッチを購入した場合には国際保証書が発行され、またオーバーホールの際に国際保証書を提示すると会員価格で割安に修理を受けることができます。

そして注意しなくてはいけないことはボールウォッチには正規品には文字盤にT25の表記がありますが、TもしくはT100表記のある海外仕様モデルの場合は国内での修理サービスが一切受けられませんので並行品や海外で購入されたボールウォッチの場合は十分な注意が必要です。

では正規カスタマーサービスに依頼した場合のボールウォッチのオーバーホール料金ですが、メーカー二年修理保証がついての料金になります。

正規カスタマーサービスオーバーホール料金

駆動方式料金
クォーツ式・手巻き式33,000円~
クォーツ式・手巻き式3針44,000円~
自動巻き(GMT・TMT・パワーリザーブ等)55,000円~
クロノグラフ66,000円~

これらには部品交換料金は含まれていませんので、修理が別途発生したときには上乗せで料金が別途かかってきます。

部品交換に関しては全て純正部品で行われボールウォッチを知り尽くした専門スタッフによって作業が行われます。さらに完了後にはメーカー修理保証2年間が付いてくる形になります。

さらにボールウォッチは正規代理店で購入し国際保証書を持っている人に関しては、メンバー価格でのオーバーホール、修理が可能です。

メンバー会員のオーバーホール料金

駆動方式メンバー会員料金
クォーツ式・手巻き式16,500円~
クォーツ式・手巻き式3針22,000円~
自動巻き(GMT・TMT・パワーリザーブ等)27,500円~
クロノグラフ33,000円~

となっており、かなり割得な料金でサービスが受けられることになります。

ボールウォッチは並行差別がある

これはクラフトマンシップが強いブランドに多くみられる並行差別によるものと考えられ、更には正規カスタマーサービスでは並行品、海外仕様のボールウォッチに関しては一切修理を受け付けていないのもこの理由からと見られています。

正規カスタマーサービス以外でボールウォッチをオーバーホールに出す場合料金はどのくらい?

機械式時計の油切れの注油作業

ではボールウォッチのオーバーホールを正規カスタマーサービス以外の時計修理専門店に依頼すると料金はどのくらいになるのか、デメリットはあるのか気になるところでしょう。

デメリットとして一番大きな点は修理やオーバーホールの際に部品交換が必要になったときに純正部品の確保が確実にできるかどうかという点が一番で、他には修理に関して明確な保証がつけられるかどうかという点も正規カスタマーサービスとは異なり、修理専門店しだいといったところが不安な点になります。

時計修理専門店のボールウォッチオーバーホールの料金相場は手巻き・自動巻きで20,000円~、クロノグラフで30,000円~といった具合で正規カスタマーサービスから比べるとお得な料金設定になっています。

しかし、ボールウォッチの場合特殊な点は正規代理店での購入か並行輸入・海外仕様のモデルを購入しているかで大きく対応に隔たりが出てくることになり、正規代理店で購入のモデルは国際保証書で会員料金サービスが受けられるため、実際には修理専門店より安い料金でメンテナンスが受けられることになるので、正規代理店で購入した人にとっては時計修理専門店に依頼することはほとんどメリットがありません。

ですが並行輸入品や海外仕様モデルを購入した人にとっては、ボールウォッチのメンテナンスは並行差別によって時計修理専門店に依頼するしか道がないので、料金の安さは大きなメリットになります。

この場合非常に大事なことは技術的に信頼のできる技術者のいる時計修理専門店に預けることが大切になってきます。特にボールウォッチは構造的に特殊で複雑な時計ですので、修理する側には相当な高い技術が要求されます。

ボールウォッチのオーバーホールを依頼するのにおすすめの修理専門店は

オメガのアンティークのオーバーホール台座にムーブメントを載せてる。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合に注意しなくてはならないのが、技術的に信頼のおける質の高い時計修理技能士に依頼することが大切で、特にボールウォッチのような複雑でタフな構造を持った腕時計であるほど、信頼性が大切になってきます。

しかし、なかなか個人でそういった修理専門店を見つけるのは難しいという声も多いです。

以下の記事では、おすすめしたい修理専門店を紹介しています。

特に一番おすすめしたいのは記事一番下で紹介しているクラフトワーカーズというサイトです。

クラフトワーカーズでは1級時計修理技能士の国家試験を取得しているのか、修理担当暦・取得資格・所属会社名などが明記されており、依頼する側が納得のいく職人を選んで依頼をすることができるので安心してオーバーホールを依頼することができます。

保証期間も1年つきますし純正部品をしようしてメンテナンスを行なってもらえます。

参考にしてみると良いでしょう。

基本として腕時計のオーバーホールを正規カスタマー以外に預けるときは確実に信頼の持てる修理技術者に任せることがおすすめですので、ぜひ優良な技術士との出会いを見つけてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事