エルジンの時計修理はいくらかかる?費用と依頼する方法を解説

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

1864年に出発したウオッチブランド、エルジン。鍵巻時計の開発から、腕時計の普及、デジタル時計の開発、人類発の月面着陸であるアポロ計画に技術参加するなど、アメリカ合衆国の歴史とともに歩んできた時計メーカーです。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、アメリカ鉄道の海中時計やアメリカ陸海空軍の公式時計に公式採用されるなど、その品質と機能性の高さは世界的な評価を受けていました。21世紀には電波ソーラーアナログ式腕時計、GPS衛星電波時計など、先端技術も積極的に取り入れていました。

現在は日本製ムーブメントを使用するなどして、エルジンは価格も手の届きやすいウォッチになってきました。「NO BORDER」を合言葉に、性別や年齢などにもとらわれないワールドワイドな時計の製造を目指し、コレクションを展開しています。ユニセックスのフォーマルなウォッチ、アウトドアシーンやスポーツに適したタフで機能性の高いソーラー腕時計、シティファッションに華をそえるカジュアルシリーズなど、それぞれデザインに特徴のあるウォッチは、いずれも1万円台から購入することができます。

正直なところ、1万円~3万円くらいの腕時計であれば、仮に壊れてしまったとしても新しい1本を買いなおせばいい、といった気持ちになるかもしれません。しかし、メンテナンスや電池交換、ベルト交換など、「ちょっとした修理のニーズ」に答えてくれる店は意外と多いですし、費用も千円~数千円で済むことが大半です。エルジンのウォッチはファッション性が高く、もう一度同じモデルが欲しいと思っても手に入らなくなっている、ということもあり得るでしょう。そう思えば、点検や修理を時々行って、エルジンの時計をできるだけ長い間愛用するほうが、ずっとエコですし愛着も湧くのではないでしょうか。

「エルジンの時計が電池切れになった!どこに依頼したらいいの?」

「エルジンのガラス部分にひびが入ってしまったのだけど、これって直せる?」

エルジンの時計を使用している方で、このような疑問が出てくるシーンがあるのではないでしょうか。または、故障したエルジンをお持ちで、どこかで点検してほしいとお悩みの方もいるかもしれません。この記事では、エルジンの時計はどこへ修理を依頼すればいいのか、修理費用の平均相場などを一挙に解説します。エルジンの時計の修理を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

PR

エルジンの時計を修理するのはどんなとき?

エルジンの時計


引用元:https://www.elgin-shop.com/items/45515497

エルジンの時計を使用していると、修理が必要となる場面が出てくることがあります。

エルジンの故障修理などに公式に対応してくれるのはエルジンサービスセンターです。山口県下関にあり、保証書を添えて壊れている時計を送れば、修理対応してくれるでしょう。まずは公式サイトに掲載されているエルジンサービスセンターの電話に問い合わせをして、詳細な指示を聞きましょう。

またエルジンの修理を依頼できるのは、エルジンサービスセンターだけではなく、街中で見かける時計修理専門店でも可能です。

それぞれの依頼方法はこのあとでご説明します。最初に、修理が必要となるケースと、それぞれの費用相場を合わせて見てみましょう。

電池交換

「エルジンの時計が動かなくなってしまった」そんなときは電池切れの可能性が考えられますね。

エルジンを購入したタイミングでは、時計の中にはモニター電池が入っています。これは交換してもらうこと前提とした電池なので、一般的な電池よりも早く寿命が切れます。

また、エルジンの時計の中にはソーラー蓄電池のタイプがありますが、太陽光で蓄電できる電池にも寿命があります。5~6時間日の当たる場所で充電したのに、1~2時間程度しか電池がもたない、光にあてても動かない、といったことがあれば、ソーラー電池の劣化が原因の可能性があります。

電池切れの場合は、1,000円~3,000円とされています。また、ソーラー電池は3,000円前後で行ってもらえます。

最近は通販などで時計用電池を購入して、自力で修理しようとする人もいるようですが、時計はクォーツ、アナログを問わず大変精密な機構からできているので、素人が内部を触ると故障につながるケースが多いということは覚えておきましょう。

オーバーホール

「電池は切れてないようだ。でも、なぜか時計が動かない?」そんなときは、時計の内部が破損したり汚れていたりするかもしれません。

時計の内部を点検し、必要な修理を施す作業を「オーバーホール」と呼びます。長年の使用でオイル劣化や汚れがあると電池の持続年数は短くなることもります。

部品に破損が起こっているときは、交換用の新しい部品を購入することになります。オーバーホールを行うと、点検費用と破損した部品の交換費用の両方がかかります。

一般的な時計修理店でのオーバーホールの費用相場は、15,000~25,000円ほどです。

オーバーホールでの点検費用、修理費用などは店舗によって異なりますので、お店に事前に問い合わせるといいでしょう。

クォーツ時計であれば5~6年に一度くらいの頻度で定期的なオーバーホールを行うことをおすすめします。

ガラス交換

「時計のガラス(風防)にひびがはいっていた」「時計の風防(ガラス)に傷がついてしまった」というときは、ガラスの交換を行いましょう。

ガラスに入ったひびが小さいものであれば、気にせずそのまま使い続けようと思う人もいるかもしれませんが、小さなひびでもその隙間から汚れや湿気が入りこんで、内部を劣化させる危険があります。また、ガラスの破片がムーブメント内部に入ったりすることもあります。取り返しのつかない故障になる前に、早めにガラスの修理をしましょう。

一般的なガラス交換の費用は、アクリル風防が6,000円~、ミネラルガラスが10,000円~が相場です。

ベルト修理

ストラップベルトの交換、バックル部分の破損修理、ブレスレットベルトのコマ詰め・コマ足し、クリーニングなどは、ベルト修理になります。

エルジンの時計修理を依頼する方法

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

ブランド公式の修理を受けたい場合は、エルジンサービスセンターを通じて依頼を行うことをおすすめします。

エルジンサービスセンターに依頼する方法

まずはエルジンサービスセンターに電話をかけましょう。故障の具合、また時計の品番などの質問があるかもしれませんので、それらに応えられるよう手元に保証書を用意しておくと良いでしょう。保証書はエルジンの時計を購入した際に、購入日と購入店舗が記載された状態で渡されると思います。

依頼内容の確認が終わったら、時計をエルジンサービスセンターに郵送します。保証書も一緒に同梱して送ることで、保証期間内であれば無償で修理・メンテナンス対応をしてもらえることがあります。

電池交換や修理、点検などのサービスにかかる費用は実費計算となります。もし時計を修理依頼に出す前にだいたいの価格感を知りたかったら、電話をかけているときに見積もりも質問しておくと良いでしょう。

エルジンの時計を修理するのにブランド公式の修理センターを利用できるのは安心感につながります。一方で、修理センターは現時点で日本に1つしかないため、郵送してからお手元に戻ってくるまでかなり時間がかかってしまうこともあります。

保証書の期限が切れていても対応してもらえるのか?

エルジンの時計をメーカーに依頼する場合に気になるのは、保証書の必要性ではないでしょうか。保証が切れてしまった場合や保証書をなくしてしまった場合、修理ができるかどうか気になる方も多いでしょう。

結論から言えば、保証が切れていたり保証書がなかったりしても修理を依頼することは可能です。保証期間や保証内容に対応している修理であれば、保証書があることで無償で行ってくれることになりますが、保証が切れていたり保証書がなかったりする場合は、有償対応となります。

時計修理店に依頼する方法

直営店ではなく、時計修理店に依頼する方法もあります。時計修理店には、地元の人たちに愛されている小さな個人店や、全国展開の大型企業など、さまざまなタイプがあります。

時計修理店での修理のメリット、デメリット

時計修理の専門店に依頼することのメリットは、見積もりや価格をリーズナブルにおさえやすいこと、修理期間が短くて、すぐまた時計を使い始められることなどがあります。さらに、優良な時計修理専門店には、腕利きの時計職人が在籍しているため、メンテナンスや点検などにきめ細かくプロの目を光らせてくれます。

デメリットとしては、技術力やサービスの質・内容などが店舗によって差があり、クオリティの低い店に当たってしまうリスクがあることです。

技術力がない店舗に依頼してしまうと、電池切れなのに別の部品を取り替えられてしまったり、最悪の場合さらに時計の状態が悪くなってしまったりといったことが発生してしまいます。技術力があり、良心的なサービスを提供している修理専門店を見つけることが大事ですね。

優良な時計修理店は、下記のような特徴があります。

  • 時計の資格を持った時計技師が在籍している
  • 設備がしっかりとしている
  • 依頼後の保証がある

おすすめの時計修理店

私がおすすめしたい時計修理店はクラフトワーカーズというサイトです。全国の優秀な時計職人を厳選し、一人一人と交渉したうえで信頼できるスペシャリストだけを紹介しているサイトで、まずは一括見積りを全員から提出してもらえます。そのうえで、修理依頼の際は、料金や納期を比較し決める事ができるので、非常に便利です。

クラフトワーカーズ職人

紹介している技能士の修理担当歴、取得している資格、所属会社などまで公開しているので信頼性が高いのも特長。

安心して時計修理を依頼したい方は合わせて参考にしてみてください。

sendクラフトワーカーズ

以下の記事では時計修理専門店とは何か、どのくらいの料金で修理を行ってもらえるのかなど、まとめていますので合わせて参考にしてみてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事