オメガのスピードマスター、オーバーホール料金ってどのくらい?修理専門店は安いけど安全?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

スピードマスターはオメガの中でも人気が高いベストセラーですよね。

機械式時計なので、定期的なオーバーホールが必要になりますが、どういったところで修理やオーバーホールを行うと安全なのか、どういった所に依頼しら良いのかを纏めました。

PR

スピードマスターはスウォッチグループジャパンでオーバーホールを行うのが一番安心ではある

スウォッチグループ銀座

オメガはスウォッチグループの傘下になるためスウォッチグループジャパンでオーバーホールを行うのが一番安心ではあります。

並行差別もないので正規店で購入した時計でも、ジャックロードや亀吉で購入した時計でも同じ価格でメンテナンスが行えます。

しかし、料金が高く依頼できない方は多いです。

スウォッチグループジャパンでスピードマスターのオーバーホールを行うと7万6000円〜となります。

また、交換部品があった場合、基本料金に部品代が上乗せされて、さらに高額な修理になってしまいます。

クロノグラフなので一般的な3針モデルよりはメンテナンス料金高いわけですが、それでも他のブランドと比べ基本料金は高い設定だといえます。

例えば、ロレックスのクロノグラフモデルの定番デイトナを日本ロレックスでオーバーホールを行なった場合60,000円〜です。

メンテナンス料金はメーカーによって異なりますが、オメガは比較的高い設定をしています。

料金の問題でスウォッチグループジャパンに依頼ができない方は、時計修理専門店へメンテナンス依頼をする事をおすすめします。

スピードマスターをスウォッチグループ意外でオーバーホールして危なくない?

ロレックスのデイジャストの分解オーバーホール。カレンダー

一口に時計の修理専門店といっても技量は様々です。

また大きな修理工房だとしても、手がける人間によってはトラブルに繋がる事もあります。

手元に時計が戻ってきた時は動いていたものの、しばらく経ってから遅れや進みが生じたり、最悪ドライバーの使い方が悪くネジ山を潰されるなんて事もあります。

時計のオーバーホールで大事な事は何処に依頼するかではなく、誰に依頼するかです。

スピードマスターのように、長く使っていける時計は、熟練した技術者に依頼する事をおすすめします。

優れた技術者が在籍している修理専門店はオメガの委託メンテナンスを行なっている

オメガスピードマスターアンティーク

意外に知られていませんが、技量が高く知識が豊富な技術者が在籍している修理専門店ではメーカーの委託メンテンスを行なっています。

オメガの時計も一部優秀な修理専門店の技術者によってメンテナンスされています。

そのほかにもタグホイヤー、ブライトリング、カルティエといった有名なメーカーも委託で時計修理専門店でメンテナンスを行なっています。

メーカー外部でスピードマスターのような高額機をオーバーホールするのに不安を感じる人も多いと思いますが、優秀な技術者へ依頼できるのであれば、メーカーからの委託を行なっていますし、安全に分解を行なってもらえます。

また価格も、スウォッチグループへ依頼するより安く行えます。

コーアクシャルの修理やオーバーホールができるところは少ない。

コーアクシャル のムーブメント

スピードマスターのなかでも他社のムーブメント差別化を図るため、コーアクシャルという脱進機を搭載したモデルがあります。

通常Cal.1861、シースルバックだとCal.1863というムーブメントが使われていますが、コーアクシャルの場合はcal.9300が使われていて別物です。

コーアクシャルの場合、オメガの純正部品の入手が困難なこともあり、修理専門店のなかでは、対応ができない店舗も少なくありません。

私が調べたところ、三立舎、シエン、カンザキ、テクニカルセンターでは、コーアクシャルのスピードマスターのオーバーホールは修理部品の入手が不可能なため受付てもらう事はできませんでした。

優秀な修理専門店であれば、ヴィンテージのムーンウォッチの修理も行える

スピードマスター、アンティークヴィンテージ(1045)1970年

スピードマスターは1957年に誕生し、60年以上に渡り生産が続けられきた時計です。ヴィンテージやアンティークの部類に入る時計も今なおメンテナンスを繰り返し針を動がしています。

ただし、スウォッチグループでは廃盤になって10年経つと修理交換部品を破棄してしまいます。

そのため廃盤になった古いスピードマスターはスウォッチグループではメンテナンスが行えなくなってしまいます。

こういった古い時計の場合は優秀な技術者でなければ、メンテナンスや修理が行えません。

技量の高い技術者はスウォッチグループで廃棄された部品であっても、旋盤を使い1からオーダーメイドで製作をし修理を行う事ができます。

腕時計のパーツ作り旋盤

この記事を読んでい方のなかには、スウォッチグループで受け付けてもらえなく困っている方もいるかと思います。

テクニカルサポートセンターで受け付けてもらえなかったオメガの時計でも、技術者によっては修理やオーバーホールが可能なので優秀な修理工房や職人を探してみてください。

スピードマスターはヴィンテージ物も人気ですが、これらを修理して動かしているのはメーカー外部の優秀な技術者になります。

スピードマスターのオーバーホールや修理をおこなえる、おすすめの修理専門店

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

こちらの修理専門専門サイト、クラフトワーカーズでは、職人の資格や技術者歴などプロフィールをみて本人に直接修理やオーバーホールの依頼ができます。

最近できたサイトで3人の職人が在籍していますが、国家試験や、国際資格とも言えるウォステップを取得している技術者が在籍しています。

時計のメンテナンスは一旦時計を預けてしまうと、どんな人間が分解や組み立てを行うのか、私たち依頼側では分かりません。場合によっては時計を預けた会社から別の会社へ送られている事もあります。

本人に直接依頼ができるという事は依頼側としては安心できますし、職人本人も委託ではなく自身の仕事になるので責任を持って行なってもらえます。

またクラフトワークスに在籍している職人は、交換部品があったとしてもオメガの純正部品を使用してもらえますし、品質保証一年と長期なのでおすすめです。

オメガの純正部品

スピードマスターは見た感じどれも同じにように見えますが、手巻きと自動巻きはもちろん、コーアクシャル、フレデリックピゲのムーブメントなどなど、いろいろな種類が存在しますので、熟練した知識がある職人に依頼する事をおすすめします。

この職人であれば、今後なにかあった時でも、また依頼したいと素直に思える熟練職人を是非探してみてください。

send職人に直接依頼ができるクラフトワーカーズ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事