時計のオーバーホール、激安や最安など安い値段にひかれると後が危ない。トラブルの落とし穴。

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

時計のオーバーホールを安くすませたい!その気持ち良くわかります。

物を購入する訳ではないのに、2〜4万円の支払いしなければならいので、どうにかオーバーホールを安く済ませたいと思う人は多いです。

機械式時計の分解

価格が安いのは嬉しい事です。ただし最安、激安といった料金だけを見てオーバーホールの依頼をする事はおすすめできません。

熟練した技術と知識がある技術者が手がけてたうえでメンテナンス料金が安かったのであれば良いですが、未熟な人間がオーバーホールや修理をしたばあい、安くても質の悪いメンテナンスが行われてしまいます。

PR

安さを全面に押している修理専門店はトラブルに繋がる事がある

こちらは、価格が安いとある修理工房の1社のグーグルの口コミの抜粋です。

「修理技術が低い。」
「皆さんが投稿されている通り、かなり悪質であると判断します。これ以上、被害を被る方々を出さないためにも、修理等依頼をされない方が良いかと思われます。」
「電池交換のみの利用です、OHなどはちゃんとしたお店で行いましょう。」

この口コミが確かなものなのかは、判断できませんが、修理業者の中にはこういった所も事実にあります。

安さを売りにしている時計修理専門店では、一本一本に掛けれる時間も少ないです。また、会社の規模を大きくする為に経験が少ない技術者が現場で作業を行う事などもあります。

良い工房は一人の人間を一人前に育てていくわけですが、安く数をこなさなければいけない工房は技術者の育成ができません。そのため技術知識が未熟な人間も工房内に在籍し作業をおこなっている事もあります。

また最近良くあるのが、オーバーホールの価格を安くして、ケース(外装)だけピカピカに磨いて、ムーブメント(内部)のメンテナンスを疎かにする店などがあります。

すぐに問題が起きたり、粗悪なメンテナンスを行なった為、直せなくなってしまう事もある

毎回、腕の良い技術者がオーバーホールや修理を行なっているのであれば良いのですが、決してそうでないケースもたくさんあり、近年はそういったケースがよく目立ちます。

安さだけを売りにして、まともなメンテナンスをしていない修理業者に依頼した場合、一時的には時計は動いているかもしれませんが、すぐに問題が起きてしまったり最悪の場合、修理とはいえない粗悪なメンテンスをされてしまい正常の状態に直す事が困難になってしまうケースもあります。

安くても経験不足の技術者に修理依頼をすると短い期間や、次回以降に問題が起きる事がある

ロレックスのオーバーホール

毎回、腕の良い技術者がメンテンスを行なっているのであれば良いのですが、決してそうでないケースもたくさんあり、近年はそういったケースがよく目立ちます。

雑な修理をされた時計は、一時的には動いているかもしれませんが、すぐに問題が起きてしまったり最悪の場合、修理とはいえない粗悪なメンテンスをされてしまい正常の状態に直す事が困難になってしまうケースもあります。

機械式時計のアンティクー真鍮ムーブメント

例えば、軸が短くなってしまっているため軸の修理を行う必要があるのに、技術不足のため軸はなおさず、全体を削って下げてしまうなんて事もあります。

住宅で言うのであれば、天井をささえている1本の柱が短くなっているので、その1本を修理しなければいけないのに、他の柱を削り短くしてしまうようなことです。

このような修理を行なってしまうと、元の状態に戻せなくなってしまい、本来の状態でない中でなんとか動かすような修繕メンテナンスを繰り替えしていかなければいけません。

私たち依頼側は、修理会社で働いている技術者だから皆んな同じだろうと思ってしまい、激安、最安など金額を重視してしまいますが、時計のメンテナンスは技術職になるので、行う人によって作業や知識、技術は全く異なります。

時計の修理やオーバーホールは料金も大事ですが、誰に任せるかはもっと大事になります。

外装や針に傷をつけられるケースも多い

機械式時計の精度計測腕時計測定器 マルチファンクションタイムグラファー

ドライバーのサイズが合わないのに、無理やり回した為、ネジ山が潰れてしまったり、ピンセットを滑らせてしまい針に傷をつけてしまうなんて事もありがちです。

時計修理技師といっても様々な人がいて、時計に傷をつけないなめに工具は使用したあと必ず手入れをする人と、そうでない人もいます。

外装の傷やネジ山の破損などのトラブルに巻き込まれない為にも、安さだけを売りにした修理業者には依頼しない方が賢明です。

技術や知識がある技術者に任せていければ時計は長持ちする

グライシン、グリシンの時計ヴィンテージのエアマン

本来、時計のオーバーホールは、単純に分解し、洗浄し、注油して、組み上げるだけではありません。

技術者が一点一点、現状分析し意図を読み取り、手を掛けられるところは、すべて手入れします。

必要であれば歯車の歯や、軸といった細かい部分も丁寧に磨きます。

美しさはもちろんですが、歯を磨く事で摩耗を減らす事ができますし、軸を磨くことでオイルの寿命が伸びて、もちが良くなります。

オーバーホールと一口に言っても、色々なことが複雑に絡み合っています。

複数の技術や知識を身につけておかないと、時計本来の性能や耐久性を考えた優れたメンテンス対応ができません。

経験を積んだ技術者へオーバーホールを依頼し続ければ、時計を長く好調な状態で保てます。

オメガスピードマスターアンティーク

安さだけを売りにしている未熟な人間より、熟練した技術者に時計を預けたほうが長い目でみたら経済的だと言えます。

どんな人にオーバーホールの依頼をしたら良い?

時計修理技師

こちらのサイトはおすすめで、時計のメンテンスを行なっている職人の、技術社歴や経歴、資格などプロフィールを確認したうえで、職人本人にオーバーホールの依頼ができます。

説明してきたとおり、オーバーホールでは時計を一旦預けてしまうと、どんな人間が分解しメンテナンスするのか私たち依頼側は分かりません。

プロフィールを確認したうえで、本人に時計を預けオーバーホールを行なってもらえるのは、とても安心ができます。

できたばかりのサイトで現在は4人の職人が在籍していますが、国家試験である時計修理技能士1級の取得者や、機械式時計を中心としたスイスのWOSTEP(ウォステップ)の資格を取得者に依頼ができるので、まずメンテンス後トラブルになる事は無いといえます。

また品質保証期間も一年と長期なので安心して依頼ができます。

機会式と時計のピンクの石 分解

気になる料金ですが、基本的にはメーカーに依頼するよりかは安く設定されています。職人ごとで価格が変わるので、まずは見積もりをしてみる事をおすすめします。

職人一人一人に見積もり依頼も可能ですし、全ての職人に一括で見積もりを出してもらう事も可能です。

大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、時計のメンテナンスは医者と同じだと私は思っています。安さだけではなく、誰に依頼するかがとても大事です。

今後のメンテナンスも「この人になら大切な時計を安心して預けられる」と思える信頼できる技術者をさがして下さい。

send職人に直接依頼ができるクラフトワーカーズ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事