時計の修理が高い!どこに依頼したら良いか分からない 

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

時計の修理見積もりをしたは良いけど高くて依頼ができずに困っている。そんな方は多いですよね。

時計の修理って何故あんなに高いんだろう、もっと安く行なっているところは無いのかな?など探している人も多いはずです。

そんな方に是非参考にしてもらえたらと思います。

PR

時計の修理は何が高いの?

機械式時計の精度計測腕時計測定器 マルチファンクションタイムグラファー

時計の修理と一口に言っても修理箇所によって価格も様々です。

  • ガラスの割れ
  • リューズや巻き芯の破損
  • ベルト不具合
  • 遅れ進みなど精度が落ちた
  • 針が取れた
  • 文字盤が剥離した
  • 外装のへこみや傷
  • ゼンマイ切れ
  • カレンダーが回らない

などなど、修理と言っても色々な症状があり、その箇所によっても変わってきますが、分解が必要か、そうではないかで価格は大きくかわります。

分解掃除が必要か、必要は無いかで、料金は大きく変わる

時計のオーバーホール

時計の内部に問題が無い場合は分解掃除の作業はいりません。

例えば壁に擦ってしまったような外装の傷や、ベルトのコマを支えてるピンの破損の場合は比較的安いです。

研磨の場合は軽い磨きでしたら2,000円くらい、金属製ベルトのコマのピンやパイプが破損した場合も2,000円前後、傷がついてしまった風防(ガラス)交換であれば5,000円くらいで行なってくれる修理業者はあります。

外装修理でも労力が掛かる修理は高い

機械式クロノグラフベルトの穴が2つ

軽い傷磨きでしたら2,000円ほどで研磨してもらえますが、新品同様に磨くポリッシュやヘアライン仕上げになると10,000前後の料金がかかります。(ちなみに上の写真はヘアライン仕上げです)

軽い磨きとポリッシュでは作業時間も違いますし、仕上がりも圧倒的に異なります。

また金属ベルトの破損もコマのピンやパイプで解決できれば安くすみますが、ロウ付け(溶接)が必要な修理は10,000円前後と高くなってしまいます。

同じ箇所の修理でも、修理の度合いによって価格は大きく変わりますので、高い安いの判断の前に、私たち依頼者は外装修理の場合どういった内容なのか知る必要があります。

針の止り、遅れ、進み、がある場合、内部の分解掃除が必要なので価格が高くなる

ロレックスのオーバーホール

針が動かなかったり、ひどい遅れがある、カレンダーが回らないなど、時計内部に問題がある修理になると料金は高くつきます。

内部に問題がある場合はムーブメント(内部機会)のパーツを一つずつ分解し、故障箇所を探す必要があります。

機械式時計の場合は通常モデルでも100以上のパーツ、ストップウォッチ付きのクロノグラフになると200以上のパーツから成り立っていて、それらを一度分解する事になるので時間がかかります。

ちなみに、時計修理の見積もりを出すだけでも、技術者は分解の作業をする事になります。

どこに、故障や以上があるか分からないと、新たに必要なパーツが分からないので、正確な見積もりが出せない為です。

まれに、見積もりだけでも料金が発生する修理専門店もありますが、故障箇所を探すまででも分解を行い労力を使っているからです。

分解掃除の事をオーバーホールと言いますが、オーバーホール価格はクォーツのスタンダードモデルで15,000円前後、機械式のスタンダードモデルで20,000円前後かかります。

ロレックス、オメガ、IWCなど高級時計ブランドになると、3〜5万円の価格帯に設定されている事が多いです。

ただし、故障箇所によって必要な交換パーツが変わってきます。

内部の故障の場合はオーバーホールが必須になり、加えて交換パーツの料金が掛るので高いと感じやすいです。

メーカーの修理は高い

日本ロレックス東京

時計の修理は、メーカーに依頼すのが一番安心ですが価格が高いです。

この記事を読んでいる方の中には、メーカーへ見積もりしたけど料金にびっくりしたっている方も多いと思います。

例えばオメガ電池交換は水圧検査無しで5千円掛かりますが、時計店であれば、千円から2千円で可能です。

修理専門店はメーカーより価格が安くおすすめ

時計修理技師

時計の修理の依頼は、メーカーの他に修理業者でも可能です。純正部品を使い修理をしている所もあります。

熟練した職人が在籍している実績のある修理業者は、メーカーや百貨店からの委託を受けてるほどです。

タグホイヤーやブライトリングといった有名メーカーも、一部修理を業者や職人へ委託しています。

価格を少しでも抑えたいと考えるのであれば、修理業者への修理依頼をおすすめします。ただし、修理業者の技量は会社や技術者によって様々なので、優秀な職人に修理依頼する必要はあります。

安さかろう悪かろうって事も多い

高ければよいって話ではないですが、安さだけを全面に押し出した修理業者はおすすめできません。

時計の修理は技術職です。行う人間の技量で善し悪しが決まります。

未熟な人間が修理を行うと、その場では動いているかもしれませんが、調整が悪くしばらく経ってからまた調子が悪くなったり、ドライバーのサイズが合わないのに無理やり回してネジを潰してしまうなんて事もあります。

一番危険なのは、技術不足のため修理とは言えないメンテナンスをされてしまったせいで、元の正常な形に戻せなくなってしまい、本来の状態でない中でなんとか動かすような修繕メンテナンスを繰り替えしていかなければいないなんて事もあります。

修理料金が高いのはつらいです。しかし確かの職人に依頼するのであれば技術料は渋る事はおすすめできません。

おすすめの修理会社

時計の修理に必要な道具や作業机

こちらのクラフトワーカーズという時計の修理サイトは、時計職人としての技術歴や資格など、プロフィールを見てから、直接本人に修理依頼ができます。

できたばかりのサイトなので、現在は4人の職人が在籍していますが、国家試験1級の取得者や、スイスの機械式時計を中心とした資格であるWOSTEP認定を受けた職人、カルティエや、ウブロのメンテナンス先であるLVMHグループから独立した職人など確かな技術をもつ職人が在籍しています。

純正部品を使い修理を行なってくれますし、品質保証期間も1年間あるので安心して依頼できます。

気になる価格ですが、職人ごとで料金が変わりますので、いちど気になる人に見積もりも出して見る事をおすすめします。メーカーや百貨店で修理依頼をするより安く依頼はできます。

大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、時計のメンテナンスは医者と同じだと私は思っています。

高い安いだけではなく、誰に依頼するかはとても重要です。

今後のメンテナンスも「この人になら大切な時計を安心して預けられる」と思える信頼できる技術者を是非探て下さい。

send職人に直接依頼ができるクラフトワーカーズ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事