時計の錆びは修理で直せる?落とし方は?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

時計にとって錆びは一番の天敵といっても良いです。

ぱっとみ、少ししか錆びていように見えても、目に見えない裏蓋やリューズの奥では錆びが進行している事がよくあります。

そのまま放置してしまうと、時計が止まってしまい修理店に持ち込んで裏蓋を開けらムーブメントが錆びだられけで、「どうして、こんなになるまで放っておいたんですか。」なんて言われるケースがよくあります。

時計内部のパーツが錆びてしまうと、パーツの磨き直し、または新品パーツの交換が必要になるので、修理料金が嵩んでしまいます。

錆びは放置していると少しずつ進行してしまうので、早めに落としてあげる事が大事です。

オメガの時計の錆

この記事では、錆びてしまった時計の修理も行なっている修理専門店や、自分でできる錆び防止のメンテンスなどを纏めています。

少しでも参考にしてもらえたらと思います。

PR

ステンレスの時計でも、ほっとけば錆びる

時計ムーブメントが錆びる
Photo credit: Darron Birgenheier

錆びないチタン製の時計もありますが、多くの時計はステンレスを使っている事が多いです。

ステンレスは錆びないと思われがちですが、錆にくいだけで使った後の手入れやメンテナンスをしなで、ほっておくと酸化して確実に錆びてしまいます。

ちょっとした手入れでも、だいぶ違うので使った後は汗や油といった汚れを落としてあげてください。

時計を使った後の汗や油といった汚れを落とす

ねじ込み式リューズの時計の手入れつまようじ

時計が錆びてしまう多くの原因は、汗や垢といった汚れが付着されたままになってしまっているからです。

時計は素肌に直接付ける物なので、どうしても汗や垢などの汚れが付着てしまいます。

この汚れを使ったあと毎回落としてあげたら、錆にくい状態をキープできるのですが、そこまでやらない方も多いですよね。

時計の手入れ錆びや汚れをとる

全体の汗や汚れをかるく拭き取ってあげるだけでも良いですが、リューズの隙間やベルトのコマの隙間など細かい所まで綿棒や爪楊枝、歯ブラシで落としてあげるとだいぶ違います。

リューズは触る事が多い所なので、隙間に手垢や予後てが溜まり、錆びて故障しやすい場所です。

時計が錆びる場所

腕時計の錆びは汗や垢といった汚れが溜まりやすい節や角部分から錆びてきます。

このような場所に汗や垢が溜まり錆びていませんか?

メタルベルトの隙間の錆や汚れの落とし方

時計のベルトの錆

普段、腕に密着している部分ではなく、その更に奥に汚れが入り混み、そこから錆びてしまいます。

こういった汚れや錆びは、歯ブラシなどで磨いてあげると綺麗にとれます。

コマが外れる所は一つずつ外します。

時計のベルトの錆び汚れ落とし方

コマはこういった時計のピン抜き機(500円前後)があれば外せますがが、私はピン抜き棒と、ハンマーと、固定台で抜いてます。

このセットも600円くらいで購入したと思います。

時計のベルト、割りピンの外し方

コマが外れたら、歯磨きで汚れをとります。ゴシゴシ擦っていくうちに汚れと錆びがとれます。

時計のベルトの掃除、汚れや錆びの落とし方

こんな感じで錆びや汚れがとれてベルトのコマが綺麗になります。

割りピンが入っていた穴も、歯間ブラシを入れて汚れをとります。

時計のベルトの錆びや汚れの磨き方

最初は手垢や、汚れがついていたベルトのコマでしたが

時計の金属ベルトの汚れの取り方落とし方

こんな感じに、だいぶ綺麗になりました。

時計のベルトの汚れや錆びの掃除の仕方

本来であれば、このあと超音波洗浄機で、細かいゴミを振り落とすんですが、私は持っていないので、ここまでの作業しかできません。

また、錆びが深くまで進行している場合は、リューターやバッファーという機会で磨く必要があります。

時計磨きのリューター

この写真の先端についているポイントは削るポイントなので、磨きのポイントとは別ですが、この機会を使うと時計のケースを綺麗に磨けます。

割りピンを刺す穴から錆びる

時計のベルトの割りピンの隙間の錆び

ベルトを調節する為の穴に垢や汚れが入る事はよくあります。そのまま放置しておくと、割りピンという棒が錆びてしまいます。

割りピンの錆びが進行しすぎると抜けなくなってしまい、ベルト調節ができなくなってしまいます。

時計のベルトの錆びや汚れの取り方

定期的に超音波洗浄機で洗ったり、ベルトを分解して汚れを落としてあげる事が大切です。

メタルベルトのバックル部分の汚れや錆びの取り方

金属ベルトの留め金部分の錆

バックル部分も普段触る事が多い所なので、汚れるし錆びやすい所です。

こういった汚れや錆びも歯磨きで磨いてあげると取れます。取れない場合は爪楊枝で擦ると結構取れます。

時計の錆びの取り方

錆びや汚れを放置して時計を使用していると、その部分に汗が付着して更に錆びるので、できるだけ取ってあげた方が良いです。

裏蓋とケースの隙間部分の錆

時計の裏蓋とケースの錆

裏蓋とケースの隙間部分の錆もブラシでゴシゴシこすると落とせます。

時計の錆びの落とし方

裏蓋とケースの隙間は本来であれば、裏蓋を開けて錆びを落とす必要がありますが、裏蓋を外すのは専用工具が必要で、少しコツのいる作業です。

裏蓋の外し方が気になる方はこちらの記事、時計の電池交換は自分でできるの?必要な工具ややり方は?の記事を参考にしてください。

ガラスの節部分の錆び

オメガの時計ガラス

ガラス付近の錆びも本来はガラスを外してから磨くべきですが、少しでもブラシで磨いておくと違います。

ちょっと分かりづらい写真ですが、しっかり汚れや細かな錆びが落ちてます。

時計の錆びの取り方、磨き方

こうやってみると分かりやすいと思いますが、全体的に手垢などの汚れが溜まりやすい所から少しずつ錆びているのが分かると思います。

普段から、こういった「汚れが溜まりやすい所を綿棒やブラシ、クロスで拭いてあげると、錆びにくいです。

錆びはそのままにしておくと、徐々に進行してしまいます。

ベルトは最悪錆びても交換すれば良いですが、ムーブメントはそうはいかないですよね。

普段から錆を気にしないといけない場所は、リュウズ部分とストップウォッチ機能を動作させるクロノボタン、裏蓋とケースの間です。

これらは時計内部のムーブメントに通じている所なので、錆が進んでしまうと中まで錆びていってしまいます。

もしこういった場所で錆びている部分がある場合は、いちど分解して錆を取った方が良いです。

分解掃除を自分で行うのは故障させる可能性が高く時計修理専門店に依頼する事をおすすめします。

金属ベルトの掃除の仕方

金属ベルトは、細かい隙間などがあるので、時計本体を付けたままだと掃除がしにくく捗りません。

金属ベルトの掃除は一度バネ棒を外し、ベルト単体で掃除してあげるとやりやすいです。

時計のベルトはバネ棒外しという器具があれば簡単に外す事ができます。

バネ棒はずしです。

バネ棒はずし時計ベルトの外し

こちらのお店は600円と安く送料無料でおすすめです。

時計 腕時計 ベルト 時計バンド 工具 パーツ 修理 オリジナル バネ棒外し バネ棒はずし

リューズや裏蓋の錆びは、内部に通じている所なので早めに技術者に依頼した方がよい

裏蓋の錆はパッと見てどのくらい進行しているかわかりずらいですが、リューズはひっぱて見て、汚れや錆びついている場合は一度分解掃除(オーバーホール)の依頼した方が良いです。

氷山の一角ということわざがありますが、目に見える錆びは全体のほんの一部分であって、大部分の錆びが、がかくれているなんて事もあります。

錆びが進んでしまいムーブメントまでが錆びてしまうと、パーツの磨き直し、または新品パーツへの交換など、大変な修理になってしまいオーバーホールより料金がかかってしまいます。

パッキンの劣化から、ムーブメント内部が錆びてしまう

また、時計にはパッキンというゴム製の部品が使われています。

水筒の口のようにゴムに圧力をかける事で、湿気や水からムーブメントを守っているのですが、パッキンはゴム製なので、時間と共にかならず劣化してしまいます。

劣化したパッキンは、ひび割れたり弾力がなかったりと、防水性が極めて弱いです。

これからも、使って行きたい時計であれば、4、5年に一度分解掃除をおこない、パッキンの交換や細かな錆び、汚れを落としてもらう事をおすすめします。

おすすめの、時計修理会社

機械式時計の分解

こちらの、時計修理会社は、純正の部品でメーカーより安く一級の時計技師が安全に対応してくれます。

すでに内部が錆びてしまっている時計にも対応してくれます。

オーバーホールや修理から手元に時計が戻ってきてから、品質保証期間が1年と長いので安心して依頼できるかと思います。

メーカーより、2、3万円安いので一度見積もりだけでもだしてみてはいかかでしょうか。

オーバーホール修理がお勧めする千年堂

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事