オメガ デヴィルのアンティーク・ヴィンテージ時計のオーバーホール料金は?修理工房と正規の値段の価格差は?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

オメガのコレクションの中でもひときわエレガントな趣が漂う「デヴィル」。フランス語で「都会的なさま」を意味する「de ville」に由来する名前にふさわしく、シンプルかつ気品あふれるデザインの機能性ドレスウォッチです。

実はデヴィルは薄型ダイバーズウォッチの「シーマスター」から派生したもので、初期は「シーマスターデヴィル」の名前で発売されていました(最初期のものは、文字盤にデヴィルの表記がなく、シーマスターとだけ刻まれています)。

時代的にダイバーズウォッチよりもドレスウォッチのほうが需要が高まっていた頃の1967年、デヴィルはシーマスターから完全に独立。シーマスターにモノコック構造を採用することで、かつてない薄型のケースを実現させました。

クラシックなスタイルと流行に左右されない不変的なデザインをコンセプトの軸に置きながら、現代にいたるまで男女問わず高い人気を誇り続けてきました。意外にも長い歴史を持つブランドで、アンティークやヴィンテージの個体も愛されています。

オメガの時計は美しさはもちろん、精度、耐久性、メンテナンス性どれをとっても申し分ありません。アンティークやヴィンテージのような年代物のモデルであっても、正しい使用方法・保管方法と適切なメンテナンスを行っていれば、何十年も使い続けることができるところも魅力です。

デヴィルのアンティークやヴィンテージの時計を所有している、あるいはこれから入手したいと考えている方にとって、非常に大事になってくるのがメンテナンス(オーバーホール)でしょう。

「オメガの年代物の時計のオーバーホールはどこに依頼すればいい?」
「デヴィルのアンティークやヴィンテージのオーバーホールはどれくらいの費用がかかる?」

今回の記事ではこうした疑問にひとつひとつお答えしていきます。また、オメガの正規カスタマーサービスに依頼する際のメリット・デメリットや、正規カスタマーサービスよりも低価格・短納期でオーバーホールができるお店もご紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

PR

オメガの正規カスタマーサービスでデヴィルのアンティーク・ヴィンテージをオーバーホールした場合の料金はどのくらいか?

オメガのロゴ

オメガのデヴィルは発売から50年以上、時代に沿ってスペックやデザインをブラッシュアップしながらも、その美しくエレガントなドレスウォッチのエスプリは継承し続けてきました。

例えば、1992年に登場した「クラシック」では、文字盤にローマ数字が配置されました。そして1999年に登場した「コーアクシャル」、オメガが誇る独自開発の新型ムーブメントを搭載したモデルが登場。オーバーホールのサイクルが8~10年と長くなり(通常のムーブメントを搭載したモデルでは3~4年に一度)、より便利になりました。なお、デヴィルの現行モデルはすべてコーアクシャルが搭載されています。

オメガの正規カスタマーサービスでオーバーホールを希望する場合は「コンプリートメンテナンスサービス」を受けることになります。

コンプリートメンテナンスサービスでは、オメガに在籍している1級の時計職人たちが時計の機能と外観を新品のように回復させてくれます。なお、このサービスでは摩耗した部品の交換も含まれます。ケースの分解、ムーブメントの洗浄、組み立てと潤滑油の注油、ムーブメントの調整と機能の検査、ケースとブレスレットの洗浄・研磨、ケースの組み立てと防水機能の回復の手順で行われ、最後はオメガの厳しい品質基準に沿った最終検品があります。

オメガの正規カスタマーサービスでオーバーホールを受ける場合、おおよその価格感は次のようになります。

【クロノグラフ以外】

・クォーツ時計

非貴金属素材:57,200円
貴金属素材:70,400円

・機械式時計

非貴金属素材:70,400円
貴金属素材:83,600円

【クロノグラフ】

・クォーツ時計

非貴金属素材:63,800円
貴金属素材:89,100円

・機械式時計

非貴金属素材:95,700円
貴金属素材:121,000円

有償で行ったサービスに関しては、24カ月間の保証があります。万が一、サービスを受けた後に不具合が生じた場合、保証対象内の内容であれば、無償で部品の交換や調整などを行ってもらえます。

正直なところ、オメガの正規カスタマーサービスでオーバーホールを含むコンプリートメンテナンスサービスを受けると、それなりに高額な費用がかかります。

なお、オメガの正規カスタマーサービスでは、デヴィルにコーアクシャルキャリバーが搭載されているか、されていないかでオーバーホールの価格が変わります。また、アンティークやヴィンテージの場合、現行品に比べれば劣化や摩耗がまぬがれず、状態によりますが価格は上記よりも高くなります。

オメガの正規カスタマーサービスでオーバーホールを受けられない場合がある

ただし、オメガの正規カスタマーサービスではオーバーホールを受けられないことがあります。時計メーカーでは各社、部品の保有期間というものがありますが、これはその時計の生産終了から一定期間が過ぎると部品の製造・保管を終了するということを意味します。

オメガの部品保有期間は時計の製造終了から10年間です。製造終了から10年以上経過しているアンティークやヴィンテージの時計は、正規カスタマーサービスではオーバーホールや修理を受け付けてもらえない可能性があります。

代替品の部品が使用できるようであれば、それらを使ってオーバーホール・修理をしてもらえる可能性もありますが、時計そのものの魅力が半減してしまうことも。塗料やパーツなど、オリジナルで使用されたものから現行素材に変更されることで時計の市場価値が下がり、売ろうとしたときに思ったよりも低い値段にしかならなかったというケースも散見されます。

腕時計修理専門店でデヴィルをオーバーホールした場合はどのくらいの料金がかかるか

オーバーホールイメージ

オメガの正規カスタマーサービスでオーバーホールを受けた人々からは、予想よりも費用が高くついた、部品の保有期間が切れていてオリジナルの姿から離れてしまった、資産価値が下がってしまった、という声を聞くことがあります。正規カスタマーサービスに依頼できない場合は、どうやってオーバーホールを受ければいいのでしょうか。

おすすめの方法が、時計修理専門店に依頼することです。

腕時計修理専門店は、大手のチェーン店から街に密着している個人店まで、全国各地にあります。オーバーホールの平均相場は30,000円~40,000円ほどとなり、正規カスタマーサービスの値段よりもかなり手頃な価格で行ってもらえます(お店によって費用は異なるので、あくまで目安ですが、正規カスタマーサービスほど高い価格になることは基本的にありません)。

また、オメガほど有名ブランドであれば、オメガのオーバーホールや修理が得意だという時計専門店も少なくないでしょう。そうしたお店では、公式ブランドでの部品保有期間が超過してしまったモデルでも、オリジナルパーツの在庫を持っていたり、あるいは自社で部品を1から製造できたりします。オメガのデヴィルのアンティーク・ヴィンテージ時計を持っている方にとっては頼りがいのある存在です。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合には店舗の見極めが必要になる

オーバーホールのイメージ

オメガの正規カスタマーサービスよりも、時計修理専門店のほうがお安く、また短納期でオーバーホールできます。一方で注意が必要なのは、知識や技術の水準がお店によってまちまちだという点です。

ちなみに、時計職人の実力がどれほどなのかをあらかじめ知ることのできる一つの方法として、その職人が国家資格「1級時計修理技能士」を取得しているかどうかを見るやり方があります。

「時計修理技能士」の資格は、1級は実務経験7年以上、または3級取得後の実務経験が4年、2級取得後の実務経験が2年あるという人だけが取得することができ、知識と経験がいずれもしっかりある職人だという証になります。1級資格保有者であれば、オメガのアンティーク・ヴィンテージ時計のオーバーホールも安心して依頼することができるでしょう。

また、時計修理専門店の中には、世界的な時計メーカー、百貨店などから時計のメンテナンスを委託されているところもあります。そうした業界内でも信頼の厚いお店を探すことができるといいですよね。

オメガは非常に精巧かつ繊細で、独自機構を数多く搭載しているめずらしい時計です。そのため、オメガの時計を取り扱ってきた経験の深い、実力派のお店を見極めて依頼することが非常に重要になってきます。

オメガ デヴィルの修理またはオーバーホールを行なっている、おすすめの専門店

ここまで読んでくださった方は、オメガのデヴィルのアンティークやヴィンテージ時計のオーバーホールをどこに依頼すればいいのか気になっているという方が多いと思います。そこで今回、おすすめの時計修理専門店をご紹介させていただきます。

まず、時計修理専門店についてこちらの記事でまとめてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合には店舗の見極めが必要になる

そして、とりわけ最初に依頼してみることをおすすめしたいのが、「クラフトワーカーズ」という時計修理職人をご紹介する総合サイトです。「クラフトワーカーズ」は、日本各地から実力派の時計職人さんを選りすぐって紹介。特に、職人さんたちと交渉し、オーバーホール技術や費用、納期などに自信があると回答してくれた人だけを掲載しているのが特徴です。

クラフトワーカーズを利用すると、まず複数の時計職人さんから見積もりがまとめて届くので、それぞれ見比べることができるので便利です。ご自分の希望する予算や納期を考えて、納得できる依頼先を中から選べますよね。

オメガのデヴィルはシンプルかつ都会的なエレガントさがあり、アンティーク・ヴィンテージ時計も男女問わず高い人気を誇ります。オーバーホールを依頼する際は、本当に信頼できる依頼先にお願いするのがベスト。

下調べをせずに、安いからと適当な時計修理専門店に依頼してしまうと大きな後悔につながる恐れもあります。ぜひ今回の記事をご参考に、信頼できる時計職人さんと出会ってくださいね。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事