アクアレーサーのオーバーホールの値段は?正規と修理業者どちらがおすすめ?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

タグホイヤーの中で唯一の高い防水性能を誇るアクアレーサーはダイバーズウォッチなのにゴツくはなく幅広い世代から支持されていますよね。

オメガのシーマスタープロプロフやロレックスのディープシーのようにサイズが大きくないのでスーツにもカジュアルにも使いやすいダイバーズウォッチです。

また、完成された機能でありながら購入しやすい価格帯なので高級時計のエントリーモデルとして購入される方もいます。

今回が初めてのオーバーホールという方も多いと思いますが、機械式時計を末長く使うためには、定期的なオーバーホールが必要です。

アクアレーサーはどんな所でオーバーホールするのが良いか、並行輸入品だけど正規でオーバーホールできるのかなど、まとめましたので参考にしてみてください。

PR

アクアレーサーのオーバーホール頻度は?

タグホイヤーアクアレーサーオーバーホール

引用:https://www.catawiki.com/l/27644393-tag-heuer-aquaracer-calibre-5-no-reserve-price-ref-way211a-ba0928-men-2017

タグホイヤーでは機会式時計や電池式クォーツ時計、スマートウォッチ、など幅広い展開をされていますが、機械式時計に関しては4〜6年に1度、電池式のクォーツ時計の場合は7~8年のオーバーホールが推奨されています。

このオーバーホール代金がアクアレーサーに掛かる維持費となります。

オーバーホールや修理先は2つの選択

ロレックスのサブマリーナ ブラックの精度オーバーホル

一般的にはタグホイヤーのオーバーホールや修理を依頼するのには2つの選択になります。

1つはLVMHウォッチ・ジュエリージャパンが運営するタグ・ホイヤーカスタマーサービスセンター、2つめはそれ以外の時計修理専門会社です。

タグ・ホイヤーのテクニカルサービスセンターは安心だが価格が高く依頼できない人も多い

タグホイヤー 銀座店

アクアレーサーであれば当然正規タグ・ホイヤーのテクニカルサービスセンターが一番安全です。

テクニカルサービスセンターには純正部品を豊富に持ち合わせています。

長年の駆動で劣化や摩耗された部品や、今後不具合の原因となりそうな部品を純正部品を使い交換してくれます。

しかし、メーカーではちょっとした不具合でもパーツ交換をしてしまう傾向があるため、基本料金では収まる事ができず部品交換がかさみ価格が高くなるというデメリットもあります。

タグホイヤーは正規品と並行輸入品ではオーバーホルの価格が異なる

タグホイヤーの時計は正規品を購入した方のみ「エドワードクラブ」へ入会できます。

下の表はエドワードクラブのオーバーホール料金と並行輸入品の料金になります。

ムーブメントタイプエドワードクラブ通常料金
機械式3針32,400円48,600円
機械式クロノグラフ43,200円64,800円
キャリバーRS(カレラ)3針42,120円63,180円
キャリバーRS(カレラ)クロノグラフ56,160円84,240円
キャリバー36/360クロノグラフ75,600円113,400円

エドワードクラブの会員はオーバーホールの料金の他にもメンテナンス後、1年間の防水・動作保証も付いています。

エドワードクラブは魅力的ですが、価格がはるかに安いので並行輸入品を購入している人も多いですよね。

アクアレーサー・キャリバー5、場合は国内定価が30万円くらいのところ並行輸入品であれば半額の15万円くらいで購入できますよね。

タグホイヤーの時計の場合テクニカルサービスセンターは安心できるけど、並行差別があり価格が高すぎて依頼できない人は多いです。

そういった方には時計修理会社がおすすめします。

時計修理会社でアクアレーサーをオーバーホールした場合の価格

引用:https://www.catawiki.com/l/33180847-tag-heuer-aquaracer-300m-automatic-no-reserve-price-way2112-0-men-2011-present

アクアレーサーの場合、キャリバー5のような一般的な3針なのか、GMTなのかクォーツ時計なのかでオーバーホールの価格は変わってきます。

一般的な3針であれば3万円前後、GMTであれば3万5千円前後、クォーツ3針の場合であれば2万円前後に設定している修理専門店が多い印象です。

クォーツもオーバーホールする必要はあるの?

電池式時計であってもアナログであれば歯車を使っており、潤滑由が差されています。潤滑油は時間と共に劣化や乾いてしまうため、クォーツ時計であってもオーバーホールを行う必要はあります。

ただし、機械式時計にくらべ歯車の量が少なく7~8年のオーバーホールで良い事と料金も安いです。

クォーツのクロノグラフの場合正規でオーバーホールを行うと48,600円ですが機械式のクロノグラフの場合64,800〜63,180円です。

修理専門店は危なくないの?

時計の分解オーバーホール。カレンダー

時計修理会社と一口にいってもオーバーホールを行う人間の技量は様々です。

未熟な人間がオーバーホールを行うと文字盤に傷を付けられたり、しばらくたってから遅れや進みなど調子が悪くなるなんて事もあります。

こういったトラブルを避けるためにも、知識と技術が確かな技術者に依頼する事をおすすめします。

タグホイヤーの場合メンテナンスを外部修理専門店へ委託している

技術者の技量は様々ときくと地雷を踏みそうで依頼しずらくなってしまうかもしれませんが、技術が確かな職人であれば、メーカー同様のパフォーマンスをしてくれます。その理由としてタグホイヤーでは、一部外部の修理専門会社に委託を行なってメンテナンスをしています。

実はこういったメーカーは少なくありません。

私のおすすめの修理専門店

時計修理技師

下の記事ではおすすめの修理専門店を紹介しています。

特に記事の一番下で紹介している、クラフトワーカーズはおすすめです。

説明してきた通り、時計のメンテナンスは行う人間の技術や知識で出来ばえは事なります。評判の良い修理会社であっても行う人間の技量が足りない場合は当然トラブルに繋がります。

クラフトワーカーズでは、時計の技術者として何年間の経験があるのか、どんな資格を持ち合わせているのか、などプロフィールを確認して直接本人にオーバーホールや修理の依頼ができます。

職人も自身に依頼がくる仕事なので責任を持ってくれますし、エドワードクラブ同様の一年の動作保証がつきます。

また交換部品があった場合もメーカー純正部品を使用してくれるのでおすすめです。

気になる価格もタグホイヤーのテクニカルサポートセンターへ依頼するよりはるかに安いです。

正規でオーバーホール行うか修理専門会社でオーバーホール行うか、選ぶのはオーナー次第になりますが、修理専門会社に依頼する場合は分解する技術者を見極めてから依頼する事をおすすめします。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事