ビックカメラやヨドバシカメラで時計のオーバーホールはあり?評判は?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

ビックカメラやヨドバシカメラではコーナーを配備し時計のオーバーホールや修理を行なっていますよね。

電気屋なのに何で?っと疑問に思う方もいますが、ビックカメラやヨドバシカメラだけでなく、東急ハンズやイトーヨーカ堂でも時計のオーバーホールや修理を受けてもらえます。

評判はどうなのか?安全にメンテンスを行なってくれるのか?など気にする方が多いと思います。ビックカメラのオーバーホールに関して纏めてました。

また、記事下では、簡単に複数の工房の職人に見積もりが取れる、おすすめの時計修理専門サイトも紹介しているので合わせて参考にしてみてください。

PR

ビックカメラやヨドバシカメラの社員が時計のオーバーホールを行なっている分けではない。

ビッグカメラ秋葉原

ファッション時計の電池交換や、ベルトのコマ詰めなど誰でも簡単に行なえる作業はヨドバシやビックカメラの社員さんが行なっていることもありますが、時計のオーバーホールは専門的な作業になりますので、誰でも行なえる分けではありません。

ロレックスやタグホイヤー、グランドセイコーなどの機械式時計は、機構が複雑なため機械式腕時計の修理ができる専門家に任せる事になります。

ビックカメラやヨドバシカメラ修理コーナーで受け付けた時計は東京の御徒町に本社を構える五十君商店という会社でオーバーホールが行なわれます。

※この記事を読んで下さった方からコメントを頂きました。

ヨドバシカメラやビックカメラの修理コーナーを行っているのは五十君商店だけではありません。

店舗ごとに扱い業者が違います。

それゆえサービスレベルの差があります。

店舗ごとにサービスレベルの差があるとの事です。

ヨドバシカメラやビックカメラといった大きな規模の電気屋だからといって絶対安心できるというわけではないですね。

五十君商店ってどんな会社?

五十君商店(御徒町)

五十君商店はバネ棒や尾錠、リューズなど時計に使われるのパーツや、トライバーやピンセットなど時計の修理を行なう工具を販売している会社です。

五十君商店のホームページにはビックカメラの修理コーナー開始、ヨドバシカメラの修理コーナー開始と記載されています。オーバーホールや修理は五十君商店の関連会社である株式会社ジュウールがおこなっています。

外部委託は結構一般的にメーカーでも行なっている

時計のオーバーホール

修理コーナーの窓口をみるとビックカメラの制服を着た店員が受付を行なっているので、ビックカメラの会社内で時計でオーバーホールや修理を行なっている様に感じますが、説明した通り他の会社が時計のメンテンスを行なっています。

少し状況は変わりますがメーカーでも同じ様にメンテンスの外部委託提携を行なっている所はあります。

グランドセイコーやロレックス、シチズンは100人を超える技術者がメンテンス部門にいるので、全て自社内で修理やオーバーホールを行なっていますが、タグホイヤーやブライトリングはメンテンスを行なう職人の人数が20人前後であるため時計のメンテンスを時計修理専門店へ外部委託を行なっています。

ちなみにビックカメラやヨドバシカメラに修理コーナーを配備している五十君商店は38名、関連会社で修理業務を行なっている株式会社ジュウールは98名です。大きな規模で時計のメンテンスを行なっています。

外部でオーバーホールを依頼するなら、どんな会社なのか調べましょう。

オーバーホールは、時計をパーツレベルで分解し、その分解されたパーツを洗浄し潤滑油を注油しながら再び組み立てる作業です。

分解されるパーツは100以上、多い物だと200を超える物もあります。当然ですが、技術的な作業なので行なう人間によって仕上がりの良し悪しに大きく影響が受けます。

熟練した技術もった職人なのか、メンテンス中に時計を傷付けないよう日頃から工具の磨いているか、クロノグラフや不雑機構に対応できる知識があるかなど、職人一人一人が異りますので、大切な時計は安心して依頼できる時計店や修理工房に依頼する事をおすすめします。

未熟な人間が時計のオーバーホールを行なうと、ドライバーの手入れがされてなくネジを傷付けられたり、ピンセットの当たり傷がが付いたりと、トラブルに繋がります。

機械式時計は繊細な機械です。丁寧に作業をしてもらえる職人に依頼する事をおすすめします。

私はビックカメラやヨドバシでオーバーホールの依頼をした事がありませんので良し悪しは分かりませんが、電気店委託先である、時計修理専門店は丁寧に分解掃除を行なってくれるのか、優れた修理専門店なのか、などある程度の事を自分で調べる事は大切です。

外部の時計修理店は見極めが大切

IWCiポルトギーゼportugueseクロノグラフの白

時計修理やオーバーホールの依頼先は見極めが大切です。

一度良い所が見つかると毎回同じ所で依頼する人が多いですが初めてオーバーホールを頼む方はどんな所に依頼したら良いか分からないって方も多いですよね。

何処か良いのか分からないので、安心感がある大型デパートや知名度のある電気屋で依頼する人が多いですが、説明してきたとおり、実際には依頼した時計は別の修理専門会社に送られる事が多いのです。

時計の修理専門店は個人からの依頼も受けていますので、私的には直接依頼したほうが良いと思います。

間にデパートや電気屋がはいる事で、仲介手数料が掛かります。

ちなみにビックカメラやヨドバシカメラで修理コーナーを配備している五十君商店はこちらです。

保証はしっかりしているのか?

時計のオーバーホールや修理は手元に届いてからの保証期間は大事です。

しばらくしてから日差が酷くなり精度が悪くなった、なんて事があっては困ってしまいますよね。何かあった時に保証してもらえる所で依頼しましょう。

ビックカメラやヨドバシカメラの場合は分かりませんが、時計店や修理専門店の場合品質保証は1年間、アンティーク時計の場合半年の所が7割くらいです。

短い所は半年、アンティーク時計の場合は3ヶ月っという所もありますが、保証は長い方が良いですし、長い方が技術に自信があるようで安心できますよね。

保証期間は見逃しがちですが大切なポイントなので覚えておきましょう。

国家試験の資格を持った人にメンテンスを依頼する。

タグホイヤーオーバーホール

保証期間同様に大事なのが職人の技量です。

日本では時計の修理を行なう人の為に国家試験である時計修理技師という資格が用意されています。 

時計修理技師は任意の為に取得していない人が時計の修理やオーバーホールを行なっている事も多いです。

国家試験を取得してないと技術が無いのか?というとそうでは無いですが、私達は依頼先が技術や知識があり安全にオーバーホールの頼める所なのか出来るのかを判断する必要はありますよね。

時計修理技師の資格は時計分解修理に関する学科及び実技試験に合格しているのは確かなので、依頼する際の目安にするのは良いと思います。

時計修理技師には1級から3級まであり、1級は実務経験7年以上、又は3級合格後4年、2級合格後2年の経験が必要になり上級技能者と位置づけられています。

是非試して欲しい私のおすすめの修理専門店

こちらの記事では私のおすすめの修理工房をまとめています。

時計のオーバーホール本当におすすめの3つの修理店

その中で、記事の一番最後に紹介しているクラフトワーカーズは特におすすめです。

纏めて見積もりをとり、比較できる

クラフトワーカーズでは、時計を送らずに複数の修理専門店から優秀な職人さんに、纏めて見積もりをとり、比較して選ぶことができます。

クラフトワーカーズ職人

時計を送らずに見積もりがとれるので、ビックカメラやヨドバシカメラの料金と比較してみても良いかもしれませんね。

この機会に、今後のメンテナンスも、この職人に依頼したいと思える人と出会ってみてはいかがでしょうか。

是非試してみてください。

sendクラフトワーカーズ公式ページ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事