クストスのオーバーホールの料金が安い、おすすめの修理専門店!

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

クストスの時計はフランクミューラー同様に並行輸入品のメンテンスは国内サービスセンターでは受けられません。

いわゆる並行差別があるブランドになります。

国内サービスセンターでメンテンスを受けれない事は分かっていたけど価格が安いので並行輸入品を購入したって人も多いですよね。

物によってはカメラのキタムラのように並行輸入品が4,50万円安く設定されている事もあります。

機械式時計は定期的なオーバーホール(分解掃除)が必ず必要なので、並行輸入品のクストスを、どこに依頼すれば良いか悩んでいる方多いと思います。

また世紀品の場合でも、クストスのオーバーホール料金は自動巻き7万円、クロノグラフだと9万円と高額なので、安くて技量が高いメンテナンス先を探している人もいますよね。

これからクストスのメンテンスを行う人の参考にしてもらえればと思います。

PR

正規品のクストスを購入したが保証書が無い

クストスのオーバーホール

引用元:https://lux-ua.com/watch/cvstos-challenge-titanium-palladium-chronograph-power-reserve-automatic-watch 

保証書は製造元で商品の数量分のみフランク・ミュラーウォッチランドグループから発行されているため再発行はしてもらえません。

しかし、輸入代理店であるワールド通商の販売証明書があれば国内サービスセンターにてオーバーホールや修理といった世紀メンテンスを受ける事ができます。

ワールド通商の販売証明書も紛失した

販売証明書が紛失してしまった場合は費用が5,000円かかりますが時計を一度ワールド通商に送り1ヶ月ほどで再発行してもらえます。並行輸入品の場合は発行はしてもらえません。

並行輸入品のクストスか世紀品なのか分からない

クストスの並行輸入品

世紀品なのか並行輸入品か分からない場合はワールド通商に問い合わせしてシリアルナンバーとリファレンスナンバーを知らせると調べてもらえます。

クストスの並行輸入品は世紀でオーバーホールは絶対にしてもらえないの?

時間と費用がかかるため、あまり現実的ではありませんが並行輸入品の場合でもクストスの世紀サポートを受ける事は可能です。

直接スイスのフランク・ミュラーウォッチランドグループへメンテンス依頼するか、海外の正規ショップへ依頼するかの2通りになります。

国内サービスセンター以外だど、どういった所で修理やオーバーホールができる?

メーカーではない外部の修理専門会社でもクストスのオーバーホールを行える所はあります。絶対に正規サービスセンターでなければいけないって事は全くありません。

逆に技量や知識がある修理技師が在籍しているのであれば、時計修理専門店は価格が安くおすすめです。

修理専門会社の中には複雑機構である永久カレンダーやミニッツリピーターといった機械式時計のメンテンスを行える所もあります。

クストスのムーブメントはETA社製のなので比較的メンテンスしやすい

クストスのムーブメントETA製品

引用元:https://lux-ua.com/watch/cvstos-challenge-titanium-palladium-chronograph-power-reserve-automatic-watch 

クストスは修理やメンテンスがしやすいETA社製のムーブメント(時計内部)をカスタムして使っています。

ETA2892,ETA7750をベースに設計しているものが多いようで、比較的メンテンスがしやすい

メーカー以外にメンテンスを依頼する場合はしっかり見極める必要

時計店や修理専門店、個人の修理技師など時計のオーバーホールや修理を行なっている所は数えきれないほどありますが技量は様々です。

機械式時計のオーバーホールでは時計を分解して、1つ1つになった部品を綺麗に洗浄します。その後、日差がないように調整しながら注油し組み上げる技術的作業です。

技術や知識が未熟な人や、技能が低下しているご老人にメンテンスの依頼をすると、 ドライバーのサイズが合わない物を使ったためネジ山を潰されたり、オーバーホールを行なったばかりなのに日差が激しく狂うようになったりトラブルに繋がる事があります。

時計修理技師によって、経験や知識、技術力が様々なのです。使った後かならず工具の手入れをする丁寧な人もいれば、そうではない人もいます。

クストスの国内サービスセンターではない外部の修理専門会社へオーバーホールや修理依頼をする場合はしっかり見極める必要があります。

メーカーも修理専門会社で委託メンテンスをしている

時計修理技師

優秀な時計修理専門店ではメーカーや百貨店からのメンテンス委託を受けています。

メーカー以外のメンテンスと聞くと少し不安になる人もいますが、ブライトリングやタグホイヤーといった有名なブランドでも、メンテンスの一部を時計修理専門店に委託しています。

クストスの場合はオーバーホールや修理では外部委託はしていませんが、文字掘りや特殊加工の場合は外部で行なっています。

おすすめの修理門会社

こちらの修理専門会社は国家試験である時計修理技師1級をもった修理技師が丁寧に分解掃除を行なってくれます。

価格もメーカーより安くおすすめです。またメンテンス後の品質保証が1年付くので是非参考にしてください。

時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事