グラハムのオーバーホール料金は?修理工房と正規の値段の価格差は?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

ラ・ショー=ド=フォンのスイス時計製造の中心部に位置する時計ブランド、グラハム。

トリガー型をしたクロノグラフプッシュレバー、大型でタフなケースデザインなど、見る者を圧倒するような個性的な佇まいで時計愛好家たちを魅了しています。

PR

大航海時代の英国に生まれた発明家の名前に由来

グラハムのロゴ

ウォッチブランド、グラハムの名前は、「クロノグラフの父」と呼ばれる発明家ジョージ・グラハムに由来します。ジョージ・グラハムといえば、国際的な標準時刻を示すグリニッジ天文台の最初のマスタークロックを作ったことで知られています。

ロンドンの時計製作者であり天体観測装置製作者であるジョージ・グラハムは、1695年、グリニッジ天文台に工房を開設しました。

大航海時代の英国に生まれた彼は、世界に進出していく国家の要請に応えて、天文学や物理学で用いられるさまざまなツールのほか、クロノグラフ、シリンダー脱進機、水銀振り子といった時計の重要な機構を次々と発明しました。

ウォッチブランドのグラハムは、この偉大な発明家の名前を冠しています。1995年に創業し、スイスメイドの英国時計をコンセプトに掲げてコレクションを展開。「NOT EVERYBODY’S WATCH」の哲学のもとでこれまでにないスタイルの時計を世に発表してきました。時計の歴史を大幅に進めたジョージ・グラハムの発明を讃えるように、レギュラーコレクションの大半はクロノグラフウォッチとなっています。

グラハムウォッチの代表格

グラハムを代表する時計は、まずは「クロノファイター」でしょう。ひとめでグラハムとわかる、トリガー型の巨大なクロノグラフプッシュボタンが目を引く基幹コレクションです。第二次世界大戦中、爆撃機のパイロットが防寒用のミントングローブをはめていても操作できるようにデザインされたもので、高い操作性を誇ります。クラシカルな趣を醸す「クロノファイターグランドヴィンテージ」、脈拍計測機能を装備した「クロノファイター ヴィンテージ パルスメーター」など、多くのバリエーションを展開しています。

続いて、英国海軍の潜水艦の名前を冠した「ソードフィッシュ」。2つの舷窓を思わせるドーム型サファイアクリスタルの窓は、12時間計と30分積算計を保護しています。拡大鏡としての役割を果たすことで視認性を大幅にアップ。こちらも大胆なルックスが印象的です。

このほか、現代の飛行隊長に向けて制作された「フォートレス」、カーボンファイバー素材を使って軽量かつアグレッシブな見た目を実現した「スーパーライト カーボン」シリーズなど、いずれも強烈な個性で”通好みの時計”の座に君臨しています。

グラハムを長く愛用するために大切なのがオーバーホール

屈強なのは見た目だけでなく、内部のムーブメントも耐衝撃性の高い部品を使っているグラハム。しかしそれでも、24時間365日止まることなく時を刻み続ける精密機器だからこそ、摩耗や経年劣化、サビなどから完全に逃れることはできません。着用しているときは、腕の振りによる重力や、何かと接触することによる衝撃、室内外の気温や湿度の変化など、絶え間なく外部環境の影響を受け続けています。また、身につけていないときも、雨や湿気の多い日はケースの隙間から水分が入るなどのリスクは依然としてあります。

もしなんらかの不具合を感じたときに、「実用するうえでは不便を感じないから」と放置していると、いざ修理に出してみたら「もう手の施しようがないほど内部が悪化しています」と断られてしまう可能性もあるのです。

こうした最悪の事態を未然に防ぐためにも、重要なのが時計のオーバーホールです。

オーバーホールは、時計を分解してそれぞれのパーツに分け、点検・精度調整・組み立て・注油・洗浄・磨きなど一連のケア作業を行い、さらに不具合や故障が見つかったら修理も施すというものです。時計本来の機能を回復し、ケースやブレスレットなどの輝きを取り戻すことができます。時計は精密機械ですから、オーバーホールは素人作業では行ってはいけないもので、必ず時計修理に精通したプロフェッショナルに依頼するようにしましょう。

今回は、グラハムオーバーホールはどこに依頼すると良いか、そして正式なサービスセンターに依頼するよりも安い値段でオーバーホールを行うにはどうすれば良いのかなどを記事にしました。また、費用や注意点などもあわせてご紹介していますので、ぜひご参考いただければ幸いです。

グラハムの正規サービスセンターでオーバーホールを受けたときの費用

グラハムにはオーバーホールや修理を行ってくれる正規のサービスセンターがあります。作業そのものは外部委託していますが、オーバーホールを依頼したい際にはグラハムを購入した正規販売店に持ち込むか、販売代理店のサイプレストレーディングに問い合わせをしましょう。

オーバーホール費用は、おおよその目安にはなりますが、自動巻き・クロノグラフで45,000円~ほどです。使われているキャリバーの種類や、パーツの交換・修理が必要になったため部品を購入するかどうかなどによって値段は前後しますので、ご注意くださいね。

グラハム正規サービスセンターよりも安くオーバーホールできるところはある?

グラハムの正規サービスセンターにオーバーホールの依頼を行う際に注意すべき点が2つあります。1つは、腕時計にちいさな傷や不具合が見つかった場合、実際の使用においては特段不自由を感じないような軽度なものであっても、グラハム側としてはなるべく早く修理・補修を行いたいということです。その結果、オーバーホールに希望していた予算よりも高く費用がかかってしまったり、納期が延びて時計が手元に返ってくるまで時間がかかるというリスクがあります。

もう1つの注意点は、グラハムで製造が終了したモデルの場合、オーバーホールを受け付けてもらえない可能性があるということです。時計ブランドは各社、部品の保有期間があって、廃盤になったモデルは保有期間を過ぎると交換用のパーツの製造も終了してしまい、提供できなくなってしまうのです。

ご参考までに他ブランドでの保有期間を下記にご紹介いたします。

・ロレックス 製造終了から25年間
・グランドセイコー 製造終了から10年間
・シチズン 製造終了から7~10年間
・ブライトリング 製造終了から10年間

そのため、廃盤になったグラハムの腕時計を持っている方は、オーバーホールを依頼しても純正品での部品交換や修理をしてもらえないというケースがあります。代替パーツでの修理を行ってくれることもありますが、たとえば外装に使っている塗料が変更されて見た目の印象が変わってしまうということも。

「オリジナルの機能・美しさをできるだけ損なうことなく、長く愛用したい」と考えている方は、そのためにも定期的なオーバーホールを推奨いたします。

ただし、正規サービスセンターでの費用が思ったよりも高い、もっと低い値段で受けることはできないのか……と心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回この記事では、時計修理専門店に依頼する方法を解説いたします。

腕時計修理専門店でオーバーホールを受けると費用はどのくらいになる?

オーバーホールイメージ

時計修理専門店とひとくちに言っても、大手の全国チェーンから地元密着型の経営をしている小さな個人店まで、さまざまなタイプのお店があります。それらすべてのお店でサービスの品質や価格設定が統一されていることはありません。

時計修理専門店でグラハムのオーバーホールを行った場合、修理代込みで30,000円前後になることが多いようです。正確な価格と納期はお店に見積りを出してもらってからわかりますが、それでも正規サービスセンターよりは安価で済みます(※なお、パーツ交換が行われる際は別途料金が発生します)。

また、前述したとおり、グラハムの製造終了モデルを持っている方は、部品保有期間を超過してしまった場合のことが気にかかりますよね。時計修理専門店の中には、ブランドの時計のパーツ在庫を持っているところがあります。そうしたパーツを保有しているお店なら、グラハムの修理経験が豊富と考えられるので、色々な相談に乗ってもらえそうです。

ほかにも、自社で旋盤を所持しているので、その時計にもっとも合ったパーツを1から製造できるというお店もあります。近くにグラハムの販売店がないといった悩みがある方も、こうしたお店を近場で見つけることができればいつでも相談できるでしょう。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合には店舗の見極めが必要になる

オーバーホールのイメージ

「時計修理専門店に依頼すれば、グラハムの正規サービスセンターよりも安いお値段でオーバーホールを受けられる!」それでは続いて、どのような時計修理専門店に依頼すればいいのかを探りましょう。お店のサービスクオリティや、修理を行ってくれる職人の実力がどれくらいなのかを事前に調べてよく見極めておくと、失敗を防ぐことができます。

もし、よく事前リサーチを行わずに、ただ近くにあるという理由だけで時計修理専門店を選んでしまったらどういうことが起こるでしょうか?先ほど述べたとおり、時計修理専門店のタイプや技術力は千差万別です。優良でないお店に依頼してしまうと、小さな不具合でも大がかりな修理をされて高い費用を請求されたり、あるいは故障の度合がもっとひどくなって返されてしまうことだって考えられます。

そうとはいえ、時計修理専門店は日本各地に数多くあります。インターネットなどを使ってひとつひとつ地道に探すのは大変ですし、グラハム修理に精通した良いお店が遠方にあった場合は存在に気づかないということもありますよね。

時計修理専門店の中には、世界的なウォッチブランドに修理を委託されているところや、百貨店のウォッチフロアなど一流販売店を顧客としていることもあります。そうした優れたお店を選んでオーバーホールを依頼できれば、大切な時計が新品同様に整備されて再び使えるようになります。一生の付き合いになることもあるからこそ、時計修理専門店は慎重に行いたいものです。

それでは、一体どのような時計修理専門店にオーバーホールを依頼すると良いのでしょうか?あらかじめ時計修理の技能がどれほどなのかを知る方法はあるのでしょうか?

判断軸のひとつとして、お店に在籍する時計職人さんが国家資格の「1級時計修理技能士」を保有しているかで見極める方法があります。

「時計修理技能士」資格は3級からあります。1級は実務経験7年以上がある人が取得できます。または、3級取得後の実務経験が4年、2級取得後の実務経験が2年あるという人も取得可能です。

1級時計修理技能士の職人さんは、オーバーホールの技術力がしっかりしていると考えてまず間違いありません。お店選びの第一段階として、この資格を所有している職人さんが在籍しているお店を探してみてください。その次に、価格や納期がご自分の希望に沿っているかを確認すると良いでしょう。この手順でお店選びを行えば、より近道で良いお店を見つけられるはずです。

グラハムのオーバーホールを行なっている、おすすめの専門店

ここまでで、優良な時計修理専門店の見極め方を解説してきました。最後に、1級時計修理技能士の資格を持っている職人さんがいるお店の中から、さらに絞り込みを行うための方法をお教えします。1級時計修理技能士の資格所持者が所属しているお店の数も多いので、自力で探していくのは大変ですよね。

グラハムのウォッチのオーバーホールを希望している方にご紹介したい、おすすめのお店は次の記事に掲載しています。

時計のオーバーホール本当におすすめの3つの修理店

これらのお店の中でも特におすすめしたいのは、記事の最後にてご紹介している時計修理の専門サイト、「クラフトワーカーズ」です。「クラフトワーカーズ」は、日本全国から厳選された時計職人さんたちを一挙にご紹介し、時計のオーバーホール・修理を希望している方とのベストマッチングを実現するサイトです。

掲載している時計職人さん達は全員、直接交渉のうえでサイト掲載を許諾している人たちです。これのどこがすごいか言うと、求められる技術力や価格・納期の水準それぞれについて「自分はクリアできる」と自信をもって回答している職人さんだけが集まっているわけです。責任を持って顧客の期待に応えようとしているプロフェッショナルと出会えるので、わからないことがあればぜひ積極的に質問してみてください。

このサイトの便利なところはほかにもあります。多くの時計職人さんたちからまとめて見積りをお取り寄せできるため、一度に大量のお店を比較検討することができるのです。高い実力があるけれど広告を大々的に打ち出していない隠れた名店などは、自分の力だけで探し出すのは至難の業。こうした難点を「クラフトワーカーズ」はクリアして、あなたと職人さんをつないでくれるのです。

なお、遠方のお店の場合は、時計のやりとりは郵送とメール・電話で行うので楽ちんですよ。

オーバーホールは1回きりではなく、その時計を持っている限り定期的に受け続ける必要がある欠かせない作業です。グラハムを長く愛用し続けるためにも、ぜひ本記事をご参考に、納得が行くお店を見つけてくださいね。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事