広島で時計のオーバーホールを行っている評判の良い修理店

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

広島で時計のオーバーホールを行なっているところは、いくつもありますが確かな技量がある時計修理技士に依頼をしないと、トラブルになりケースがあります。

この記事では、どういった所に時計の修理やオーバーホールをいらいすると良いのかまとめましたので参考にしてみてください。

PR

何故トラブルになってしまうのか

機械式時計のムーブメントとテンプ

機械式時計のオーバーホールは技術的作業です。

時計の裏蓋を開けてムーブメントを取り出しパーツ一つ一つにに分解します。少なくても100以上のパーツ、クロノグラフの機械式時計だとだと200以上に分解されます。

分解されたパーツは劣化や固着した潤滑油がついているので全て洗いながし、その後油を刺しながら組み上げて調整をしていく作業です。

私も修理技士に教えて頂きながら機械式時計の分解組み立てをした事がありますが非常に細かい作業で知識や技術が必要になります。

未熟な人が時計の分解をすると、オーバーホールを行なったばかりなのに日差が酷くなったり、工具の手入れをしていないせいで、針やネジ山を傷付けられるなんて事もあります。 

時計のオーバーホールを行なっている所はいくつもありますが、どんな人間がおこなうか、時計修理技師の国家試験を取得しているのかなど確認してから依頼する事をおすすめしあます。

メーカーと修理工房はどちらが良いの

オーバーホールの依頼先として一番良いのは当然メーカーです、メーカーのテクニカルサポートセンターには自社製品に詳しい人間が配備されていて適切にメンテンスを行なってくれます。

しかし料金が高く予算的に難しい方や、アンティークの機械式時計のため断られてしまったなんて方も多いですよね。

修理工房でもメーカー以上に知識があり優秀な工房もあります。

またメーカーでメンテンスをおこなっていた修理技士が独立され工房を立ち上げるケースもあります。

ブライトリングやタグホイヤーも外部メンテンスを行なっている

タグホイヤー 銀座店

グランドセイコーやロレックスはメンテンス部門に100名以上の技術者がいるため、メーカー内部で全てのメンテンスを行なえますが、メンテンス部門が20〜30名の所もあります。

こういったメーカーは修理工房や時計店など外部メンテンス委託を行なってオーバーホールや修理を行なっています。

  • グランドセイコー/122人
  • ロレックス/300人
  • タグホイヤー/25人
  • ブライトリング/30人

一流メーカーでも外部の修理工房や時計店をつかいメンテンスを行なっているので、技術がしっかりある所であれば私達個人からのオーバーホールでも安心して依頼する事ができます。

メーカーではアンティークやヴィンテージのオーバーホールを受けてもらえない

ロレックスアンティーク買い取り

外部贔屓をしている分けではありませんが、修理工房ではメーカーでは断られてしまうアンティークやヴィンテージの時計でもメンテンスしてくれます。

基本的どのメーカーでも、部品保管期間が決められています。ロレックスであれば製造終了になってから25年、グランドセイコーの場合10年、タグホイヤーの場合10年〜15年、ブライトリングの場合10年などなど、IWC、パテックフィリップ、オーデマピゲなど一部のメーカー以外は製造終了になってから一定の期間を過ぎると、修理パーツを処分してしまうためメンテンスできなくなってしまいます。

修理工房の場合は1からパーツを製作したり、ストックしてある古いパーツを加工し修理したりとできるだけ対応してくれます。

ロレックスやオメガのアンティークファンは多く、確立した市場がありますがメーカーでは修理やメンテンスができないため修理工房や時計店がメンテンスを行なっています。半世紀前の時計が今も動いているのは修理工房や時計店のおかげといっても良いですよね。

広島で機械式時計のオーバーホールを行なっている所

広島で時枝のメンテンスを行なっている時計修理工房と時計店をまとめました。

株式会社テクニカルセンター

時計のオーバーホール広島テカニカルセンター

テクニカルセンターは広島市で創業50年以上営んでいる時計修理工房です。

一級時計修理技能士がいる工房になります。

一級時計修理技能士とは国家資格である技能検定制度です、技術試験と学科の試験が行なわれ合格した人間が時計修理技能士となります。

車のオーバーホールは命に関わる事なので、国家試験である自動車整備士でない限り行なう事ができませんが、時計のオーバーホールは時計修理技能士でない人間が修理やオーバーホールを行なう事もあります。

時計修理技能士でないと分解掃除や修理の技術が無いのかといわれると、そうではないと思いますが、初めてオーバーホールの依頼をするさいはどんな所か分からないので、少し不安ですよね。

時計の修理やメンテンスには試験制度がありますので、こういった所を一つの目安にしても良いかと思います。

株式会社テクニカルセンター
〒731-5116
広島県広島市佐伯区八幡4丁目4-38-1
TEL:082-928-1618

八丁堀時計修理センター

八丁堀時計修理センター時計のオーバーホール

八丁堀時計修理センターは時計の修理も行なっていますがアンティークの時計の販売も行なっています。

アンティークの時計を取り扱っている時計店は部品保有期間が過ぎメーカーで処分されたパーツもストックしている事があるので、カスタマーセンターでメンテンスを拒否されてしまった時計でも修理できる可能性があります。

またアンティークの機械式時計は現行のモデルより精度を上げる調整難しいです。八丁堀時計修理センターはアンティーク時計専門のお店なので、古い時計は一度問い合わせてみても良いかもしれません。

八丁堀時計修理センター
広島市中区八丁堀1-21
(パークイン八丁堀1階)
TEL:082-223-2476

トケイファクトリー2

広島の時計オーバーホール時計ファクトリー2

トケイファクトリー2は広島市佐伯区にある時計店です。現在は時計の販売より修理やオーバーホールの仕事の方が多そうです。

昔は小さな駅でも時計店が一つはありましたが、インターネットの普及や大型ショッピングモールの設立などの影響で町の小さな時計店で主賓を買う人が少なくなってしまいました。そのため店じまいをしてしてしまう所も多いのですが、時計の修理やオーバーホールなどメンテンス技術がある所は時計販売店から時計修理店に事業内容を変えてる所も多いです。

トケイファクトリー2のオーバーホールに関しては国家資格である時計修理技士一級技能士を取得した亭主の富士富さんがメンテンスを行なっています。

時計修理技能士には1級〜3級まであり1級は上級技能者と位置づけられているます。

〒731-5128
広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目1-8
TEL:082-922-3711
定休日/木曜日

ブールバール

広島で時計のオーバーホールブルーバード

ブールバールはヴィンテージのG-shockから、50年代ロレックスやオメガ、100年以上前のハミルトンなど古い販売している時計店です。

商品ラインアップが個性的でブールバールにしかない掘り出し物も多いです。

近年アンティークのロレックスやオメガは古着屋や雑貨屋で販売している事もありますが、現代の機械式時計にくらべ磁気や防水性が弱く繊細です。

ブールバールでは時計のメンテンスを行なえる方が販売をしているので安心できますよね。

アンティークやヴィンテージのオーバーホールは古い時計の販売店でも行なえます。

ブールバール
〒730-0036
広島県広島市中区 袋町2−3
TEL:082-245-7658

私のおすすめの修理工房

時計修理技師

私のおすすめの修理工房は1級時計修理技士の方が全ての時計のメンテンスを行なっています。

交換パーツがあったさいはメーカー純正部品を使い交換してくれますし料金もメーカーに比べ2、3万円安く行なえます。

オーバーホール終了後の品質保証も1年間あるので安心して依頼できるかと思います。

時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事