ジャガールクルトのオーバーホール料金は?正規より安くておすすめの修理店はある?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

ジャガールクルトの腕時計はスイスで19世紀後半に創業し、以来徹底したマニュファクチュールで上質な機械式腕時計を送りだし、世界のトップに君臨するブランドがジャガールクルトです。

ジャガールクルトの時計

引用:http://www.in2watches.com/

その卓越した腕時計製造技術と独創的なアイディア、さらに時流に流されない普遍的な完成された芸術品といっても良いデザインと複雑な部品の融合は唯一無比と言われています。

今日の機械式腕時計に採用されている最も重要な技術を発明し、自らも進化し続けるその姿勢はその品質の高さを証明しさらに数々の銘品と呼ばれる腕時計たちが生き証人となってその功績をたたえています。

ポロの試合中に身につけることができる腕時計をというイギリス人将校の依頼から生まれたケースを反転させ衝撃から時計を守るという画期的な発明の名作レベルゾを始め、ジャガールクルトの名品たちは枚挙にいとまがありません。

これだけの名品になるときちんと修理やオーバーホールを掛けさえすれば一生物として、いやそれどころではなく次の世代にも受け継げるだけの品質を保っており、その期待に十分応えてくれます。

ジャガールクルトのテクニカルサポートでオーバーホールするのが一番安心

jaegerlecoultreのロゴ

圧倒的な技術力と職人の優れた仕事でジャガールクルトの腕時計は生涯の友となるだけのクォリティを持っており、その精密な部品は見事な美しい動きで時を刻み続けます。

しかし生涯使い込んでいくためにはメンテナンスをすることは機械式腕時計にとって避けられない作業になりますので、数年に一回オーバーホールを行うことは必須となってきます。

これは腕時計にとって避けることのできないメンテナンスであり、するとしないとでは腕時計の寿命に大きな影響を及ぼします。

当然オーバーホールや修理先はジャガールクルトのテクニカルサポートセンター行なってもらうのが一番安心になります。

メーカーは交換用の部品を豊富に持ち合わせていますし、長年の駆動で摩耗されたパーツや、今後不具合の原因となりそうな部品を純正パーツに交換して良好な状態に戻してくれます。

しかし、ちょっとした不具合でもパーツ交換をしてしまう傾向があるため、メンテナンス料金が高くなりがちというデメリットもあります。

正規代理店に依頼した場合のオーバーホール料金

ジャガールクルトには一つのモデルに一つのムーブメントという理念がありますのでどのモデルもとても複雑なムーブメントの構造になっています。基本的に正規代理店は代理店でオーバーホールすることを推奨しています。

ジャガールクルトに限らず高級腕時計は全て正規代理店が存在し、オーバーホールやメンテナンスも通常代理店に依頼するのが推奨されています。

ジャガールクルトの場合

  • クォーツ/43,000円~
  • クロノグラフ/90,000円~
  • コンプリケーション/90,000円~
  • トゥールビヨン/170,000円~

この基本料金にリューズやパッキン、バネ棒のような消耗部品交換加わると料金は変わってきます。基本的にパーツ交換はあると思って頂いて良いです。

ジャガールクルトの場合はオーバーホールを受けたものに関しては代理店を通した場合、2年間の修理保証提供があります。

ジャガールクルトは並行差別は無い

ゼニスやタグホイヤー、ブライトリングなどは並行輸入品を購入した場合、国内のテクニカルサポートセンターでメンテナンスを受けるると1.5倍ほど高い料金を請求されますが、ジャガールクルトの場合は並行差別はありませんので、正規品でも、並行輸入品でも同じ料金でメンテナンスを行なってもらえます。

本国スイス送りになると、メンテナンス料金が更に高くなってしまう

国内のテクニカルサポートセンターで依頼できれば上記でお伝えした金額ですみます。納期もスムーズに行って4~6週間ほどです。しかし本国スイス送りのオーバーホールになった場合には更に日数がかかり2ヶ月以上掛かる事が多いです。

価格に関しても、通常オーバーホールの国産機械式腕時計の3倍強の価格になり結構な値段を取られることも多いです。本国に送られる時計はトゥールビヨンのような複雑機構や販売終了していて国内にパーツがないものになります。

クォーツ式でも機械式でも腕時計にはオーバーホールは必要不可欠なものですので、こういった納期や料金の部分というのは由々しき問題になってきますが、安心感でいえば間違いなくテクニカルサポートセンターを利用するのが一番です。

正規代理店以外でジャガールクルトをオーバーホールするとどのくらいの料金になるのか?

オメガのアンティークのオーバーホール台座にムーブメントを載せてる。

では費用をなるべく抑えて正規代理店以外のお店にオーバーホールを依頼することはできないものでしょうか。

国内には時計修理技能士がオーバーホールを行なう専門店が数多く存在します。

各メーカーの正規代理店と明らかに異なるのは納期はそれほど変わりませんが料金に違いが出ます。

中級機のクォーツ式で20,000円~、機械式腕時計で30,000円~というのが相場です。

ジャガールクルトの場合はクォーツ式で30,000円~スタンダードな機械式腕時計で45,000円~といった感じになるかと思います。

この場合正規と異なるところは当然ですが正規保証は付かないことです。

しかし圧倒的に違うのはオーバーホールにかかる料金です。ただジャガールクルトの場合に関しては構造自体が特殊で複雑なので技術のしっかりした職人にお願いしないと逆に寿命を早めてしまう可能性があります。

ですので修理専門店の見極めがとても大切になってきます。最近はインターネットで検索する方法もあありますが、実際と内容が違う業者も実在するのが現実です。

実際には足を使って修理専門店をいくつか回って面談してから修理業者を決めることができれば一番なのですが、おそらくほとんどの方は時計修理店を探すのにそんな時間も労力もかけられないという人がほとんどではないでしょうか。

実際限られた情報を頼りに足を使って回るのは効率的ではありませんし、疲れ切ってしまうことでしょう。そういった意味でも確実な情報を得る努力をする必要があります。

おすすめの腕時計修理専門店でオーバーホール

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

全国には郵送受付も含めるとかなりの数の腕時計修理専門店があり、オーバーホールをいざ頼もうとなるとなかなか業者を選ぶのが大変になり困ってしまっている人も多いでしょう。

以下のページでは、おすすめ修理会社をいくつか紹介しています。

特に記事一番下のクラフトワーカーズでは修理担当歴や取得資格、所属会社名などを明記することで依頼する側が職人を選んで見積もりを依頼することができるので安心してオーバーホールを依頼することができます。

アンティークやヴィンテージのジャガールクルトで日本のテクニカルサポートセンターでは修理不可能と判断された方もメンテナンス可能かと思います。

部品交換が必要な場合でも純正部品を使い修理やオーバーホールを行なってくれるので参考にしてみてください。

ジャガールクルトの腕時計は構造が複雑で芸術的と言われるほど錬りに錬られた部品の作りになっており一生物の腕時計と言えます。

オーバーホールを正規代理店以外に預ける場合には確信の持てる適切な修理技術者なら任せることをおすすめします。良い職人との出会いを見つけて下さい。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事