ノードグリーンの時計修理はいくらかかる?費用と依頼する方法を解説

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

「ノードグリーン」は、デンマークのコペンハーゲンで2017年に生まれたウォッチブランドです。北欧らしいミニマルデザインをコンセプトとしたシンプルで洗練された時計は、国際的なプロダクトデザイン賞である「レッド・ドット・デザイン賞」を獲得するなど、高い評価を集めています。

ノードグリーンのウォッチを購入すると、その代金の一部が社会貢献プログラムへの寄付金になり、健康・衛生、教育、環境保全の3つのジャンルから自分が寄付を行いたい先を選ぶことができます。こうしたSDGsに配慮したブランドの価値観に共感を寄せる人が多くいます。

ノードグリーンの時計はメンズもレディースも2万円台から買うことができます。「時計が動かなくなったら新しいものに買い替えればいいし、わざわざ修理しなくてもいいんじゃないか」と思う方もいるかもしれません。

ですが、ノードグリーンの時計は、ご自分が購入した時と同時に寄付プロジェクトに参加していて、「私はこういう社会を理想としていて、その理想の実現のために一つの貢献をした」という、未来のためのアクションを行った大切な証にもなるのです。コツコツと針が時を刻んでいくその時を身につけていると、これからの自分は未来のために何ができるかを身近に考えるきっかけになることでしょう。シンプルだからこそ時を経ても色褪せない魅力があるところも、長く愛用できるポイントです。

「ノードグリーンの時計が壊れてしまったけど、修理をしてこのまま使い続けたい。どこに依頼すればいいだろう?」​​「ノードグリーンの時計の電池はどこで入れ替えてもらえるのだろう?」

長く時計を使用しているうちに、修理が必要なシーンが出てくることがあると思います。この記事では、ノードグリーンの修理を依頼する方法と、時計の修理にかかる費用の相場などをご紹介します。ノードグリーンの時計の修理を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

PR

ノードグリーンの時計を修理するのはどんなとき?

nordgreenの時計

引用元:https://nordgreen.jp/collections/_nordgreen-bestsellers-rebates/products/native-navy-dial-navy-blue-nylon-watch-strap?variant=23757690863674

「時計が故障してしまったのかな?」

​​ ​​ノードグリーンの時計が修理が必要となるケースにはどのようなものがあるでしょうか?故障の内容によって対処する方法が異なり、修理価格も変わってきます。

​​まずは時計の故障のパターンと、それぞれの場合の修理相場を合わせて見てみましょう。

電池交換

「ノードグリーンの時計の動きが悪くなっている」「時計の針が完全に止まっている」そんなときは、まずは電池切れの可能性を考えてみましょう。

ノードグリーンの時計の電池寿命は、平均的に2〜3年程度といわれています。ただ、時計を購入した時は、後で電池を交換してもらうこと前提にしていて、寿命が少し減っている電池が入っていることがあリます。また、外気温、湿度、空気圧の関係などによって変わることがあります。その場合は、電池は3年も持たないため早めに時計が止まってしまうことになりますよね。

電池交換の費用の相場は、1,000円~3,000円とされています。

オーバーホール

「電池は切れてないようだ。でも、やっぱり時計が動かない。どうしてだろう?」そんなときは、時計の内部が破損している、あるいは汚れがあるなどの原因が考えられます。

​​時計の内部を点検し、必要な修理を施す作業を「オーバーホール」と呼びます。長年の使用でオイル劣化や汚れがあると電池の持続年数は短くなることもあります。

​​部品内部で破損が発生している時はオーバーホールを行う必要があります。オーバーホールには点検費用と破損した部品の交換費用の両方がかかるので注意が必要です。オーバーホールでの点検費用、修理費用などは店舗によって異なりますので、お店に事前に問い合わせるといいでしょう。

一般的な時計修理店でのオーバーホールの費用相場は、15,000~25,000円ほどです。

オーバーホールでの点検費用、修理費用などは店舗によって異なりますので、お店に事前に問い合わせるといいでしょう。

​​クォーツ時計であれば5~6年に一度くらいの頻度で定期的なオーバーホールを行うと良いでしょう。

ガラス交換

​​「時計の風防(ガラス)に傷やヒビが入ってしまっているようだ」

そんなときは、ガラスを交換することができます。一般的なガラス交換の費用は、アクリル風防が6,000円~、ミネラルガラスが10,000円~が相場です。

少しのヒビだからといって放置していると、隙間から汚れや水分が内部に入り込んで、オーバーホールや修理が効かないくらい大きな故障になることもあります。ガラスに傷やヒビを見つけたら、早めに修理に出すことをおすすめします。

ベルト修理

​ノードグリーンはベルト部分に「クイックリリース」という方式を採用しており、ワンタッチで交換することが可能。ベルトが老朽化したときや気分転換をしたいときなど、気分に合わせて自分で交換することができるのは嬉しいですね。ストラップベルトもレザー、ナイロン、メッシュなどの種類があります。

一方、バックル部分の破損修理、金属タイプのブレスレットベルトのコマ詰め・コマ足し、クリーニング​などは全て専門家によるベルト修理の対象です。ベルトの費用相場は、下記の通りです。

ノードグリーンの時計修理を依頼する方法

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

ノードグリーンの時計を修理する場合、どこへ修理依頼を出すと良いのでしょうか?

公式ウェブサイトで購入した場合と、店舗で購入した場合によって修理依頼先が変わります。それぞれ公式サイトから依頼するか、購入店舗に依頼するかに分かれます。また、購入したところに関わらず利用できるのが、時計修理の専門店です。

また、修理内容が電池交換の場合は、簡単に修理することができます。

ここからは、各修理方法の特徴をご説明します。

電池交換をしたい時

​​​ノードグリーンの時計には酸化ボタン銀電池が使われています。これは家電量販店、時計店、宝石店などで普通に購入することができるものです。

​​そのため、ノードグリーンの時計が止まってしまった時は、こうした専門店に行って修理することをおすすめします。電池交換は公式の保証対象ではないため、公式ウェブサイトに依頼するよりも、すぐにアクセスできる専門店に行く方が確実です。

​​また、酸化ボタン銀電池はお店で買うことができますが、自分で買って電池交換を行おうとするのはおすすめできません。時計は非常に精巧な機械なので、破損してしまうケースがあります。

​​公式ウェブサイトから依頼する方法

ノードグリーンの公式サイトのよくあるご質問に「腕時計が止まってしまいました。どうすればいいですか?」という質問があります。

これへの回答として、「本体横のツマミ(竜頭)が完全に押されていることを確認してください。もしそれでも動かない場合は、腕時計を12時にセットして15分待ちます。それでもなお腕時計の針が動いていない場合は、hello@nordgreen.comまでご連絡ください。」とあります。

ノードグリーンの公式ウェブサイトから直接購入した製品で、24ヶ月の保証が適用される場合は、上記のメールアドレスまたはお問合せのページから連絡してみてください。腕時計の裏面に#から始まるシリアルナンバーが記載してあるので、それも記入しましょう。

その際、故障内容の詳細について詳しく記載したり、目に見える不具合の場合は写真や短い動画などを添付して送ると、より細かいサポートを受けることができます。 ​​

​​また、保証書を手元に用意しておきましょう。保証期間が過ぎてしまっている場合でも、保証書も同梱して郵送する指示があれば、その通りにしてくださいね。過失や不注意によって破損してしまった場合は、保証対象外になりますが、公式ウェブサイトに連絡をすると保証対象外の方法を提案してもらうことができます。 ​​

​​公式ウェブサイトに依頼した場合のデメリットは、修理費用が修理内容によって細かく変わるため費用相場が明らかになっていないことです。依頼を行う際に合わせて問い合わせしてみるといいでしょう。

保証書の期限が切れていても対応してもらえるのか?

ノードグリーンの時計をメーカーに依頼する場合に気になるのは、保証書の必要性ではないでしょうか。ノードグリーンの時計は、購入後2年間の保証がありますが、これが切れてしまった場合や保証書をなくしてしまった場合、修理ができるかどうか気になる方も多いでしょう。

結論から言えば、保証が切れていたり保証書がなかったりしても修理を依頼することは可能です。保証書は通常使用での不具合が発生した際に、無料でメンテナンスを受けるために必要な書類です。そのため保証範囲外で修理を依頼する場合には、保証書は必要ありません。また、保証期間が修了していても、修理を依頼すること自体は可能です。

時計修理店に依頼する方法

時計修理店に依頼する方法もあります。時計修理店には、地元の人たちに愛されている小さな個人店や、全国展開の大型企業など、さまざまなタイプがあります。

時計修理店に依頼する方法

ノードグリーンは現在、日本に直営店がありません。そのため、店舗で時計を購入したいと思ったら、時計専門ショップやロフトなどのお店を訪れることになります。公式オンラインショップ以外のお店で買った時計は、時計修理専門店に修理依頼をします。

優良な時計修理専門店には、腕利きの時計職人が在籍しています。クォーツウォッチ、クロノグラフウォッチいずれに対しても専門知識と技術を有したプロフェッショナルが、メンテナンスや点検などをきめ細かく行ってくれるのはありがたいですよね。

さらに時計修理の専門店は、見積もりや価格をリーズナブルにおさえやすく、また、依頼したあと比較的早くに時計を返却してもらえる傾向にあります。

ただし1点注意すべきなのは、技術力やサービスの質・内容などが店舗によって差があるので、クオリティの低い店に当たってしまうリスクがあることです。

もしこうしたお店に修理を依頼してしまうと、ただの電池切れなのに正常な部品まで取り外されてお金を上乗せして請求されてしまったり、もっと時計の状態が悪くなってしまったりという恐れがあります。

技術力があり、良心的なサービスを提供している修理専門店を見つけることが大事ですね。

優良な時計修理店は、下記のような特徴があります。

  • 時計の資格を持った時計技師が在籍している
  • 設備がしっかりとしている
  • 依頼後の保証がある

おすすめの時計修理店

今回、ノードグリーンの時計修理について知りたいと思って当記事に訪れてくださった読者の皆様には、クラフトワーカーズという時計修理の専門サイトをご紹介いたします!日本各地から優秀な時計職人を探し出し、直接一人一人と交渉して、信頼できるスペシャリストだけを厳選しているサイトです。

修理依頼のおおまかな流れとしては、サイトにアクセスして修理依頼を出すと、まずはすべての時計職人が一括見積りを提出。料金や納期を比較したうえで依頼先を選ぶ事ができるので、納得感のある修理ができますよね。

クラフトワーカーズ職人

紹介している技能士の修理担当歴、取得している資格、所属会社などまで公開しているので信頼性が高いのも特長。

安心して時計修理を依頼したい方は合わせて参考にしてみてください。

sendクラフトワーカーズ

以下の記事では時計修理専門店とは何か、どのくらいの料金で修理を行ってもらえるのかなど、まとめていますので合わせて参考にしてみてください。

 

 

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事