オメガのオーバーホールや修理料金が安い!値段が激安で口コミが良いおすすめの店

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

オメガのスピードマスターやシーマスターは人気が高く、流通量も多いですが、その時計を維持するオーバーホールや修理の料金は高いですよね。

正規店やデパートでオーバーホール依頼した場合、クロノグラフだと8万円ちかい価格になってしますよね。8万円あれば、ちょっとした時計が1本購入できてしまいます。

基本的には、正規店やデパートでオメガのオーバーホールの依頼をした場合、国内のサービスセンターであるスウォッチグループジャパンに時計は送られメンテンスをされます。

スウォッチグループ 銀座の店舗

スウォッチグループジャパンに見積もりまでは出したけど高額すぎて、そのまま放置ぎみなっていたり、何処か安くオーバーホールや修理を頼める時計修理会社はないか。っと探してる人は結構多いと思います。

オーバーホールの価格は、国産時計より舶来時計の方が高い傾向にありますし、電池式の3針クォーツで税抜き4万6000円するオメガは中でも高めに設定されているといった印象をうけます。ちなみにグランドセイコーの場合は、セイコー本社でオーバーホールした場合、36,000円に設定されています。

オーバーホールは怠りつづけていると、大きな故障につながるので定期的にメンテンスしないといけない。しかし金額が高額で依頼できていないでいる。そんな方は、この記事を参考にしてみてください。

PR

何んでモデルによってメンテンス価格が変わるの?

オメガのオーバーホール

手巻き時計、自動巻き時計、クロノグラフ機械式時計、クオーツ時計、ご存知のとおり、これらの時計は内部のムーブメントに違いが有ります。

パーツが多く分解、組み立てが困難な物ほどオーバーホールの値段も高くなります。

例えばスピードマスターのようなクロノグラフの時計はストップウォッチの機能が搭載されているため、3針のシマースターより使用しているパーツが多く内部が複雑な為オーバーホールの値段も高くなります。

オメガの場合はデ・ヴィルのセンタートゥールビヨンが一番メンテンス料金が高額です。ちなみに本国スイスに送りメンテンスする事になります。

オーバーホールは簡単にいってしまえば、分解掃除の事です。パーツが多いムーブメントほど分解が大変なので時間がかかり価格も高くなります。

オメガはジャックロードや、かめ吉など並行輸入品を取り扱うお店で、安く購入できますがメンテンスにかかる料金の事は、ほとんど説明がないので、のちのちオーバーホールの事を知って、あまりの料金の高さにびっくりしたって方は多いと思います。

オメガをスウォッチグループジャパンでオーバーホールした場合の価格

スウォッチグループ銀座

時計の修理やオーバーホールをおこなうえで一番安心して依頼できるのは、メーカーになります。

オメガの場合はスウォッチグループジャパンです。

スウォッチグループジャパンでオーバーホールをおこなった場合の税抜き価格です。

  • 手巻き、自動巻/39,000円
  • 機械式クロノグラフ/76,000円
  • クォーツ/45,000円
  • クォーツクロノグラフ/50,000円

オメガのなかでも人気の機種、スピードマスタープロフェッショナルだと税込82,080円です。当然個人差はあると思いますが、私には高いです。

また、毎日つけていて5年以上オーバーホールを行なっていない時計であれば、ムーブメント内部で摩耗や劣化したパーツがあると思います。

摩耗や劣化したパーツは、品質上問題があるので新しいものへ交換する事になり、更に交換パーツ料金がかかります。

修理専門店でも、オメガの時計のオーバーホールは行える

スウォッチグループジャパンにメンテンスや修理を依頼する他に、時計修理専門店にメンテンス依頼をする方法があります。

時計修理専門店と一言にいっても、技量や知識の幅は本当に様々です。もとスウォッチグループのテクニカル部門の人が独立し理専門店を立ち上げる事もありますし、大手時計修理店で専門学生が卒業後続々と就職してくるなんて所もあります。

スウォッチグループジャパンでなくても優秀な修理専門店であればオメガの時計を安全にオーバーホールや修理を行なってくれます。

メーカー同様に修理保証がつきますし、価格も安く依頼できるので、個人的にはおすすめです。

オメガ時計は、どんな修理専門店に依頼すればよい?

オメガのスピードマスター

価格が安いのは魅力ですが、安ければ良いというものでもないです。

優秀な技術者が時計の修理やメンテンスを行なってくれるかが、一番のポイントになります。

私が探した中で一番安い時計店は、カナルクラブになります。

カナルクラブは東京の御徒町にある時計屋です。

恐らく日本でも、かなり安くオーバーホールを行ってる店ではないでしょうか。

もちろん交換パーツがあった場合は純正部品で交換してくれます。

ただカナルクラブは、お勧めできない点が一つあります。

それは作業をする人間が時計修理技能士という国家検定を持っていない点です。

以前、オーバーホールの再にカナルクラブにこんなメールを送りました。

もし交換パーツがあった場合、全て純正パーツで交換してくれますか?

技術者様は時計修理技能士1級の方にオーバーホールしてもう事は可能ですか?

フレンチ・ブルアイコン
スーツ・アイコン
   

●●様、メールありがとうございます。

  

部品は純正ですが、技能1級ではありません。

   

弊社では技能1級に価値を置いておりません。

  

よろしくお願いします。

時計修理技能士とは時計の分解、修理、知識をはかる国家資格の一つです。

どんな技術者に依頼しているのか分からないから不安になる。

オメガシーマスターの白文字盤のクォーツ

車のオーバーホールは国家試験を取得した人間しか行う事ができないと法律で決まっているのですが、時計の場合は命に関わる事ではないので、国家試験を取得していない人間が行っても問題がありません。

国家試験の資格がないど、適切なメンテンスができないのかというと、そうではないですが私たち依頼側は、どんな人に時計を分解されているか分からないので、一つの目安として国家試験である時計修理技能士の合格者を選ぶ事は良い事だと思います。

時計修理技能士には1級から3級まであり、1級は上級時計修理技師と位置付けされています。

時計の修理やオーバーホールは技術職なので、優れた技術を持った人とそうでない人がいます。

電池交換や、ベルトのコマを縮めるくらいの、作業であれば、そこまで気にする必要はないですが、オーバーホールはメンテンスの中でも一番大変な重労働な作業です。

オメガのように高額な時計は一定の技術試験に合格した1級は上級時計修理技師に依頼する事をおすすめします。

こちら記事にまとめたの修理専門店は、メーカーより2、3万円価格が安く1級技術者がオーバーホールをしてくれます。

交換部品があった場合純正部品を使っていますし、手元に時計が戻ってきてからの、品質保証期間も1年間あるので、安心できます。

こちらの記事時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店も参考にしてみて下さい。

オメガの純正部品を使ってくれるかもポイント

オメガの純正パーツ

料金の安い修理工房の中には、オメガの純正のパーツではない、ジェネリックパーツを使ってしまう所があります。

時計が動いていれば純正のパーツじゃなくても良いって方もいますが、純正パーツの方が良いって方も当然います。

オメガの純正のパーツを仕入れられる会社は決まっているので、気になる方は前もって調べる必要があります。

純正のパーツを使った場合オメガやロレックスでも、偽者扱いになるの?

オメガの場合は純正パーツを使わないで修理やオーバーホールをされても、スウォッチグールプで再度メンテンスを行う事が可能ですが

2018年の12月頃に時計修理店の技術者に聞いた話だと、ロレックスの場合は改造品とみなされてしまうそうです。

以前までは、ジェネリックパーツを使った時計でも、ロレックスジャパンにてメンテンスを行う事ができました。

日本ロレックスでは、ジェネリックパーツだけを抜かれ、純正のパーツに交換されるって話をロレックのスタッフが言ってましたが、現時点ではかなり厳しくなっているようです。

オメガの場合はそこまで、厳しはありません。

アンティークやヴィンテージのオメガでも優秀な技術者は修理やメンテンスができる

オメガ、修理やオーバーホール安い

オメガは歴史の長い時計ブランドなので、アンティークやヴィンテージの時計も人気があります。

スピードマスター、やシーマスターのヴィンテージは、しっかりしたフォルムに、丸みのあるプラスチック風防が味があってかっこいですよね。

ただ、オメガに限った事ではありませんが、40年、50年と昔のモデルになってくるとメーカーではメンテンスをしてもらえなくなってしまいます。

その理由はメーカーでは部品保有期間が決められていて、ある一定の期間がすぎると修理部品をメーカーか廃棄してしまう為です。

  • ロレックス/25年
  • ブライトリング/10年
  • タグホイヤー/10年から15年
  • グランドセイコー/10年

ロレックスは25年と長めですが、多くのメーカーは販売終了してから10年前後でメンテンスパーツが廃棄されてしまいます。

オメガの場合は、○○年とオープンにしていませんが他のメーカー同様10年前後になると思います。

修理部品がメーカーに無くなってしまたモデルは修理やオーバーホールができなくなってしまいます。

アンティークやヴィンテージ時計店にいくと古いシマースターやスピードマスターが動いていますが、これらのメンテンスのほとんどが、修理専門店で行なっています。

修理専門店では、メーカーで廃棄されたパーツを旋盤で削り1から制作する事をしてくれます。

動かないオメガを動かしたいと思う気持ちは、スウォッチグループより、修理工房の方があると私は思ってしまします。

ヴィンテージやアンティークの時計の修理やオーバーホールは、現行品より調整が難しく知識や技術が必要です。パーツ制作を行う場合もあるので、優れた技術者に依頼する事をおすすめします。

未熟な人に修理やオーバーホールを任せるとどうなるの

優秀な人へメンテンスを!っとこの記事では言ってますが、何故未熟な人にでメンテンス依頼を任せない方が良いかというと、適切な作業ができないからです。

本来、時計のオーバーホールや修理は、ただ分解、洗浄、パーツ交換、組み立てを行うだけではありません。

必要であれば、歯車の歯や軸もみがきます。

悪くなった歯を磨くと摩耗が防げますし、軸を磨く事で潤滑油の寿命が延びます。

手をかけられるところしっかり、手がけてあげると、持ちが良い時計に仕上がるわけです。

そのため、本来のメンテンスがわかっている優秀な人へオーバーホールや修理を行なってもらう事が大事になってきます。

未熟な人が時計の分解掃除を行うと、その場では動いているかもしれませんが、すぐにトラブルが起こって止まってしまう可能性もあります。

また、ピンセットの使い方が悪く、針やムーブメントに傷を付けられたり、径があってないなドーライバーを使ってネジ山が潰されるなんて事も結構おこります。

近年は技術の定価のせいか、こういったメンテンスをする所が多くなっています。

値段が安くてもこういった人が、オーバーホールをするとトラブルが起こるで十分気をつけてください。

オメガのシマースターやスピードマスターは長く使える時計です。触る人をしっかり選ぶ事が重要です。

優秀な技術者が在籍している専門店はメーカーの委託業務もおこなっている

優秀な修理専門店は、ブライトリングやタグホイヤー、オメガといった有名なメーカーからメンテンス委託を受けています。

オーバーホールや修理を行なっている所は色々ありますが、確かな技術がある所であれば安全ですしスウォッチグループより安くメンテンスができるのでおすすめです。

少しくらい高いくらいなら時計修理技能士1級に頼んだ方が良い

時計のオーバーホール

私のおすすめする時計店は1級時計技師が安くオーバーホールしてくれます。

カナルクラブよりは値段は高いですが、全ての時計を技術力や知識のある1級時計技師に任せる事ができ、オメガの時計をスウォッチグループより3万円前後安くオーバーホールをしてくれます。

交換パーツや修理が必要な場合でも純正部品を使い交換してくれますし、品質保証も1年間設けられるのでおすすめです。

下のリンクから。無料で見積もりを行ってるので気になった方は見積もりだけも出してみると良いかと思います。

千年堂のオーバーホールの口コミと申し込みページ

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事