アクアレーサーのオーバーホール料金は?正規より安くておすすめの修理店はある?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

タグホイヤーというとレーシングウォッチのイメージを持っている方も少なくないでしょうが、実は海の世界とタグホイヤーのかかわりは古く、1969年に世界初の角型防水腕時計モナコの発表にさかのぼります。

PR

深海の世界へ魅せられたプロフェッショナルたちの信頼に応えるタグホイヤー唯一のダイバーズウォッチ アクアレーサー

タグホイヤーアクアレーサー 、WAY201P.FT6178ブルー文字盤

その後1979年に200m防水を搭載した1000シリーズを発表し、2000シリーズ、3000シリーズと続きます。そしてこれらのスペックとデザインを引き継いで2009年に発表されたのがアクアレーサーコレクションです。500m飽和潜水防水を実現したアクアレーサー50Mは世界中で大ヒットとなりこのモデルの成功でタグホイヤーはプロのダイバー達の信頼を勝ち得ることになります。

現在タグホイヤーのラインアップの中で唯一のダイバーズコレクションとなるアクラレーサーですが、その大きな魅力は今までのダイバーズウォッチには無かった洗練されたデザインを持ち、薄型でありながら飽和潜水防水を搭載するという優れた技術で製造されています。

現在のラインアップに関しても300m防水になっていますが飽和潜水防水をしっかりクリアしており、性能の高さが目立ちます。

またケース素材に今までに無いPVDチタンや特殊ステンレスなどを使用しているためよりスタイリッシュでありながら強度の高い素材を採用しています。

普段使いでもプロユースでも使えるコストパフォーマンスの良さがアクアレーサーが多くの人々に支持されている理由でしょう。

正規メーカーでのタグホイヤーアクアレーサー オーバーホール 料金

タグホイヤー 銀座店

プロ仕様のダイバーズウォッチとしてダイバー達の絶大な信頼を集めているアクアレーサーですが、その精度の高さと抜群の信頼性を持つ防水性能を維持するためには定期的なメンテナンスが不可欠となり、特にオーバーホールに関しては必事項といえます。

では正規メーカーにタグホイヤーアクアレーサーをオーバーホール依頼したらどのくらいの料金になるのでしょうか。

タグホイヤーアクアレーサー正規メーカーオーバーホール料金

駆動方式オーバーホール料金
クォーツ式41,250円~
クォーツ式クロノグラフ57,750円~
自動巻き57,750円~
自動巻きクロノグラフ74,250円~

これらはあくまでオーバーホールのみの料金になり、作業の工程で修理や部品交換が必要になった場合には別途料金がかかってきます。

作業に関してはタグホイヤーアクアレーサー専門の熟練したスタッフが担当し、分解清掃から再組み立て、防水検査までを行って完璧な形でユーザーに戻されます。

これらのサービスは最低でも機械式の場合3~5年使用期間が経過したもの、クォーツ式の場合でも7~8年使用期間が経過したものに関しては必ず必要な作業になってきます。

機械式ムーブメントを例に取ると3~5年使用期間が経過したものに関しては何かしら部品の磨耗や交換が必要になるケースが多く、さらにアクアレーサーに関しては飽和潜水防水を搭載しているためパッキンや細かい部品の交換が定期的に必要になるため、総合するとオーバーホール料金は50,000円~110,000円前後をあらかじめ予測しておいた方が良いでしょう。

特にアクアレーサーのようなプロ仕様の防水性能を持っているモデルになると防水性の確保は至上命題になってくるので、定期的なオーバーホールで防水性能を維持することは必要不可欠なものになってきます。使用上の安全のためにもこういった腕時計はメンテナンスが重要です。

アクアレーサーのオーバーホールは並行輸入品でも問題ないのか

タグホイヤー銀座

近年良く言われているのが正規販売店と並行輸入で購入した腕時計にはアフターサービスで大きな差がつくといわれています。

いわゆる並行差別というもので、一例では正規販売店で購入したもの以外の並行輸入品に関しては修理を受け付けないことや、受付した場合でも大幅に高額な料金を請求されるなどが挙げられます。

ではタグホイヤーアクアレーサーの場合はどうかというと修理そのものは本物であることが証明されれば受け付けてくれますがあくまで正規料金のままになります。

タグホイヤーの場合、正規代理店購入品に関しては特典が設けられておりタグホイヤー独自のエドワードクラブへの入会でメンテナンス料金が30%割引になる特典があり、さらにオーバーホール後も1年間は防水・動作保証もついています。

並行輸入品にはこの特典は与えられないので、並行輸入品を購入した場合には正規サポートへ出すよりも技術の高い腕時計修理専門店に依頼するほうが、融通も利きますし良い結果になる場合が多いのでおすすめです。

腕時計修理専門店だとタグホイヤーアクアレーサーのオーバーホールはいくら位になるのか

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

タグホイヤーアクアレーサーのように飽和潜水防水が搭載されている腕時計の場合、やはり正規サポートへオーバーホールを依頼するのが得策となりますが、予算の関係やオリジナルの状態を維持したい場合などには腕の良い腕時計修理専門店に依頼するのも一つの選択肢として挙げられます。

では腕時計修理専門店にタグホイヤーアクアレーサーのオーバーホールを依頼した場合、料金はどのくらいになるのでしょうか。修理専門店によって差はありますが平均相場がクォーツ式で25,600円~、クォーツ式クロノグラフで33,800円~、自動巻きで25,300円~、自動巻きクロノグラフで40,000円~と破格の料金になっており、大変お得になっています。

腕時計修理専門店に依頼するメリットとしては何といってもその価格の安さにあり、正規サポート料金の半額近くになっていますので非常に魅力的です。また正規サポートに比べて納期が2~3週間と短く済むのも魅力になっています。

逆にデメリットとしてはタグホイヤーアクアレーサー専門のスタッフが担当するわけではないので安心感の面で不安が残ること、作業工程で部品交換が必要になった場合ジェネリックパーツが使用される可能性もある事です。そして仕上がりに関しては担当する技能士の技量でバラつきが生じることなどが挙げられます。

このように正規サポート以外の腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼するには店舗を良く見極めて依頼する必要があります。

おすすめの腕時計修理専門店

タグホイヤーアクアレーサーのように飽和潜水防水を搭載している本格的ダイバーズウォッチになるとやはり正規メーカーでオーバーホールを行うのが一番賢明な方法です。

しかし、予算面やオリジナルの状態を維持したい場合には腕時計修理専門店を使う場合のほうが良い結果を得られることも多いのでおすすめの方法になります。

そこで重要になるのがアクアレーサーはプロ用の飽和潜水防水を搭載しているので、防水検査などの技術や設備が整っている修理店でなくてはオーバーホールは非常に危険ということです。そうした設備が整っている腕時計修理専門店は数が限られてきますので、事前に確認が必要になります。さらに技術の高い技能士が在籍しているかどうかも大きなポイントになります。

そうは言ってもなかなか技能士の技術は一見では分かりませんので、参考になるのが資格取得者が在籍しているかどうかは見極めの基準になります。特に1級腕時計修理技能士になると上級資格として登録されていますので、安心度の目安にはなります。

ですが、現在はどの腕時計修理専門店も1級腕時計修理技能士在籍と謳っていますので、取得資格よりもタグホイヤーの腕時計を担当した履歴やアクアレーサーの場合には防水時計に関しての造詣が深く知識も豊富なことが求められます。

しかしこういった情報を簡単に得るのはとても難しく、インターネットなども普及してはいますが不確かな情報が多く、かえって混乱してしまうことも多いようです。

こういった場合に便利なサイトというのが探せばあるもので、名前をクラフトワーカーズといいこのサイトではサイトスタッフが厳選した優秀な技能士を複数選んでピックアップしており、>ユーザーは複数の技能士を選んで一括見積りを取ることができます。

クラフトワーカーズ職人

さらにこのサイトでは紹介している技能士の修理担当暦や取得資格、そして所属会社まで公開しているので安心してオーバーホールを依頼することができますので、興味のある人は一度覗いてみるとよいです。

sendクラフトワーカーズ公式ページ

詳しくは以下の記事にまとめてありますので、参考にしてください。

タグホイヤーアクアレーサーのような優秀な飽和潜水防水を搭載した本格ダイバーズウォッチを、正規メーカー以外の腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼するには、本当に信頼の置ける技術と実績を持った腕時計修理専門店に依頼するのがおすすめです。くれぐれも腕時計修理専門店を選択する際には十分な配慮を持って注意して選んでください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事