リューズ取れたり巻真が抜けてしまった。原因や修理料金は?

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

リューズや巻真が抜けてしまう理由は、つなぎ留める部分のネジが緩んでいいて抜けてしまったのか、劣化や破損のため抜けてしまったのかで大きく異なります。

ネジの緩みにより抜けた場合は再度締め直すだけですが、劣化や破損の場合は部品交換になります。リューズは取れ方によって、修理料金や対処方法が変わってきます。

PR

真から抜けたけど時計が動いている

時計のリューズと竜頭と巻き真

リューズの真から抜けた場合そのまま止まってしまう事もありますが、針が動いている事もあります。

動いているからといって、そのまま使っていると時計の寿命を縮めてしまう恐れがあるので気をつけてください。

この記事ではリューズが抜けてしまう理由や対処方法をお伝えします。

リューズと巻真(巻き芯)

リューズの構成リューズパッキンにリューズチューブに巻き芯

3時位置ついた突起部分がリューズですが、リューズの先には巻真というパーツが取り付けされています。

巻芯と書く事もありますが、この記事では巻真で統一します。

巻真は針を回す歯車の役目や、時計動作のオン・オフの切り換える役目や、機会式時計だとゼンマイを巻上げるための役目など、時計にとってとても大事な部分です。

小さいですがリューズから巻真までは、いくつものパーツから成り立っています。

リューズだけが、ぽろっと取れてしまう事もありますし、巻真が折れて抜ける事もありますし、巻真ごとズボッと抜けてしまう事もあります。

リューズや巻真が取れた隙間や穴から湿気や埃は入ってしまう。

リューズが刺さる穴

時計の裏蓋やリューズ、クロノボタンはムーブメント(時計内部)へ通じる部分なので、どの部分にもゴム製のパッキンを使っています。

水筒のキャップのようにゴム製のパーツを挟む事で内部を密閉し守っています。

黒いゴムの部分が防水機能の維持に必要リューズパッキンです。

リューズと巻き真とパッキン

リューズが取れてしまうとパッキンも一緒にとれてしまう事があります、そうなると隙間から湿気や埃が内部に入ってします。

そのまま使っていると埃が中に入って潤滑油を固着させてしまいますし、最悪の場合、ムーブメント(内部機会)が湿気によって錆びてしまいす。この場合修理代も高額になってしまいます。

どんな理由にしてもリューズが取れてしまった状態で使い続けると、抜けた穴から湿気や埃が内部に入りこんでしまうので、できるだけ早くサポートセンターや修理店に見てもらう事をおすすめします。

どのくらい使ってたらリューズが取れてしまったのか

時計の巻き芯が抜けた

リューズや巻真が抜ける原因には色々あります。

購入して間もないのに巻真から抜けた場合は、巻真とムーブメント(時計内部の機械)をつなぎ留めるオシドリと呼ばれるパーツのネジが緩んだでいた事が原因だと思われます。

また、折れているわけではなくリューズだけが抜けた場合もネジが緩んで外れた事が考えられます。

パーツが破損していないのにリューズや巻真が抜ける場合はネジを締め直すだけの場合が多く数千円前後の料金ですむ事が多いです。

定年劣化により巻真が抜ける

時計のリューズの錆び

http://watchfix.info

時計を何年も使っていて巻真が抜けてしまった場合は巻真を繋ぎ留めるオシドリが磨耗してしまってる事が考えられます。

巻真は時計内部でオシドリに固定されています、リューズを引いたり押し込んだりするとカチッと固定されるのはオシドリがあるおかげです。

しかしこのオシドリが摩耗や錆びたり、あるいは金属疲労で部品が折れてしまうと巻真を固定できなくなって抜けることがあります。

また、古い時計だと巻真自体が摩耗していてオシドリに固定されないため抜けてしまうという事もあります。

こういった場合は部品交換が必要になります。部品交換は巻き真だけの交換かリューズの交換も必要かで価格が変わります。またブランドごとにパーツの価格が異なりますので一概に言えませんが、一般的なブランドで5,000円から、高級ブランドで10,000円からといったところです。ちなみにロレックスだと15,000円前後かかります。

定年劣化のためリューズが取れる

リューズは時計の所有者とムーブメントをつなぐ部品なので、頻繁に触る事がある部分です。特に機械式時計の場合はゼンマイを巻くために毎日触るってかたも多いと思います。

頻繁に触る事が多い部分なので、どうしても汚れや手垢が付着してしまいます。

こういった汚れをそのままにしておくと巻き真が錆びて折れてしまいます。その結果巻き真が折れてリューズがポロっと取れてしまう事があります。

リューズのトラブルは早めに処置しする事をおすすめします。

リューズは巻き真を通じて時計の外側から時計の内側に差し込むように取り付けられています。

リューズが取れてしまうと日常の汗や、湿気などが巻き真を通じてムーブメント(時計内部)へ入ってしまい故障の原因になります。

巻き真ごと抜けてしまった場合は外観と内部に、すっぽり穴が空いてる状態です。

防水性や極めて低い状態なので、なるべく早めに修理してもらう事をおすすめします。

おすすめの修理専門店

機械式時計の分解

こちらの修理専門店は国家試験である時計修理技師1級を持った技術者が時計の修理をしています。

修理終了後の品質保証期間も1年間確保されており、価格もメーカーより安く設定されているのでおすすめです。

紛失や破損していなければリューズをそのまま接続して使う事もできるので手元にある場合は時計と一緒に見てもらいましょう。

こちらの記事、時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店を参考にしてみて下さい。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事