アルマーニの時計のオーバーホールや修理がおすすめの修理専門店

カテゴリ:nendo/ネンド

アルマーニの時計は高級感のなかに、スタイリッシュな雰囲気を感じ男性からも女性からも人気ですよね。

ゼンマイの力を動力源にしている機械式時計も、電池式のクォーツも毎年新作がリリースしていますが、大事な腕時計をいつまでも愛用するためには、定期的なメンテナンスが必要になります。

この記事ではアルマーニの時計を何処でオーバーホールや修理先をするとお得で安全なのかをまとめました。

長らくオーバーホールに出していなかったり遅れや進みなど、調子が悪い場合はオーバーホールの時期かもしれません検討してみる事をおすすめします。

PR

アルマーニの時計はフォッシルにおくられる

アルマーニの機械式時計

アルマーニの時計の製造はアルマーニ社が行なっている訳ではなく、フォッシルという会社が行なっています。

正規で修理依頼をした場合はフォッシル社に時計は送られ、その後フォッシルと委託提携している修理専門店へ時計は送られオーバーホールや修理を行う事になります。

修理専門店は個人からの依頼も受けているので、フォッシル社を通さず直接依頼する事を個人的にはおすすめしています。直接依頼すれば、中間手数料も取られる事がないためです。

アルマーニの時計はどんなところにオーバーホールや修理依頼をしたらよい?

オメガのアンティークのオーバーホール台座にムーブメントを載せてる。

時計の修理やオーバーホールでは修理部品が入手できるかが問題になってきますが、アニマール時計には日本製のミヨタというシチズン系列のムーブメント(時計の中身)を使っているので比較的修理部品の入手はしやすいです。

技量が高い職人へ依頼する事が大切

電池交換やブレスレットのコマ詰めくらいであれば、少し慣れれば誰でも行えますが、時計のメンテナンスは細かな技術的な作業です。

時計職人の知識や腕前によって出来ばえが異なるので、これから修理やオーバーホールの依頼を考えている人は職人の見極めてる事をおすすめします。

未熟な技術者がメンテナンスを行うとトラブルにも

引用:https://www.popstok.com

未熟な技術者が時計のオーバーホールや修理を行うと、その場では動いていてもしばらく経ってから遅れや止まりなどを生じたり、最悪の場合ドライバーの手入れを怠っており、ネジ山を潰されてしまうなんてトラブルもあります。

外観からわかる傷であれば、受け取った際にきずけますが、内部の傷は次に時計を分解するまで気づかれません。

実際に時計を開けてみると、内部をが傷だらけにされてるといった事はあります。

また、メンテナンス後の保証期間が無かったり3ヶ月や半年のところもありますが、1年間の保証があるところ方が良いですね。

クォーツ式時計もオーバーホールは必要?

アルマーニの時計はゼンマイの動力で動いている機械式時計の他に、電池式のクォーツ時計も多く販売しています。

機械式時計は4〜5年に一度オーバーホールが推奨されています、なぜかと言うと4〜5年で内部に差された潤滑油が劣化や気発してしまい、その状態で使い続けると、パーツの摩耗に繋がり時計の寿命を縮めてしまうためです。

クォーツ式も針で動いてるアナログ時計の場合、潤滑油が差されているためオーバーホールは必要です。機械式時計ほどの頻度ではないですが7~8年に一度はオーバーホールが推奨されてます。

また、時計にはかならず、パッキンというゴム製のパーツが使われてます。

時計のパッキン、オーバーホール

上の写真がゴムパッキです。

パッキンはリューズや裏蓋や風防(ガラス)など、時計内部に通じる部分には必ずつかわれおり、湿気や水から時計を守っているパーツです。

時計パッキンの劣化やサビ錆び

しかしパッキンはゴム製なので、4〜5年で劣化してしまい、防水性という役割を果たせなくなってしまいます。パッキンが劣化していると湿気などが内部に入り錆びやシュートといった故障の原因へ繋がるため、オーバーホールや電池交換のタイミングでパッキンも交換してもらう事が大切です。

おすすめの修理専門店

時計の分解オーバーホール。カレンダー

下の記事では私のおすすめの修理工房をまとめています。

中でも一番下で紹介しているクラフトワーカーズがおすすめです。

クラフトワーカーズでは時計に関した資格を所有しているのか、技術者歴はどのくらいなのかなど、職人のプロフィールを確認して直接本人にメンテナンス依頼ができます。

メンテナンス終了日から1年の品質保証もつくのもおすすめの理由です。

これからアルマーニの時計の修理やオーバーホールを考えている方は下の記事も参考にしてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事