ロレックスの買取は税金は掛かるの?定価より高く売却したらどうなるの?

カテゴリ:買取

ロレックスはリセールバリューが高く買取金額が高い時計ですよね。100万円超えるケースもあります。

これから売却を考えてる人や、すでに売却した人の中には副収入となり確定申告が必要じゃないのか!?と不安になる方もいると思います。

結論からいうと生活に通常必要な動産であったロレックスやオメガなどは売却しても確定申告の必要はありません。仮に購入した時より高い金額で買取ってもらったとしても申告の必要はありません。

これから売却を考えてる方は写真を贈るだけで複数の会社から一括査定をしてもらう方法がおすすめです。詳しくはこちらの記事時計の買取一括査定おすすめの3つの会社キャンセル送料も無料!に纏めてあるので参考にしてください。

ちなみに100万円の査定金額がついた場合、売却したら買取販売店に税金を支払うの?っと考てしまう方もいますが、査定金額のままの金額を受け取る事になります。

PR

買取金額が30万円を超えたけど大丈夫?

ロレックスのサブマリーナの大きさ

国税庁の譲渡所得の対象となる資産と課税方法にはこのように記載されています。

(1) 生活用動産の譲渡による所得
家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得です。
しかし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個又は1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は課税されます。

国税庁公式ページ

【価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は課税されます。】と買い手ありますよね、多くのロレックスは30万円以上で売却されるので課税されると思ってしまう方もいますが時計は書画や骨とうでは無いのではありません。また貴金属や宝石の部類にロレックスも入りそうな気がしますが、一般モデルのロレックスはゴールドやプラチナ、宝石など単体としての実物資産が30万円使われている時計はないです。

少し判断が難しいのは生活に通常必要な動産とは言えない30万円以上の価値ががある宝石が留まったモデルや金無垢のロレックスです。

ロレックスの一部のドレスウォッチのなかには、実物資産が30万円を超える宝石が留まったものがあります。

また金無垢の時計に関しは金自体の実物資産価値があります。デイデイト2だと本体220g、デイデイト130gの重量があります、こっからムーメント(時計の機械部分)やガラスを抜いたケースとブレスレットに使われている金(ゴールド)の重量が30万円以上ある場合は貴金属や宝石の部類にはいるので売却したさい所得は課税がかかります。

ただ、現実問題として時計からムーブメントや風防(ガラス)を外して地金に使われている金(ゴールド)だけの重量を計算するのは時計修理技師でないかぎり不可能です。

事業目的で時計を売却した場合税金を収める必要はある

ロレックスヨットマスター2シルバーとゴールド

生活動産で必要ではなくなったロレックスを売却しても確定申告する必要はありませんが、事業としてロレックスを売却をしている場合は確定申告を行う必要があります。

ロレックスのデイトナや一部のスポーツモデルはなかなか手にはらず正規で購入した値段より、中古買取販売店で売却した方が価格が高い事がありいわゆるセドリを行う方もいます。

継続的に海外や日本の正規でロレックスを仕入れて中古買取販売店やヤフオクなどで転売する場合は自己使用の目的の購入とはいえませんよね。

この場合は生活用動産目的で購入したものとはいえません。事業的でロレックスをかって買取を行っている場合は事業所得というになります。

生活動産と事業はどこで区別されるのか

生活動産とは、自分が使うために購入し使用していたものの事を言います。骨董や書画は美術品であって生活に使用すための物ではないですよね。美術品の売却で30万円を超えた金額の場合は税金がかかる。生活動産では「生活に必要なもの売る」というところが重要です。

生活に必要なものであり購入した時は特に売却する予定がなかったものや、使って年期の入ったものは生活動産と判断され確定申告の必要はありません。

仕入れと販売を継続的に行うと事業になる

いくらで売却ができると予想していて、ロレックスを買い入れてた場合は仕入れを行っている事になります。仕入れから販売を何度も行うと事業と判断されます。

ロレックスのアンティークやヴィンテージ、コレクターの判断は難しい

ロレックスヴィンテージ、デイトナ

ロレックスは時計の中でも最もファンが多いブランドといっても言い過ぎではありません。歴史も深くコレクターが多いです。

その為、60年代や70年代やヴィンテージのロレックスは高額で取引されています。この場合、生活に必要なものでは無く収集とか美的鑑賞と判断する事ができ譲渡所得の対象となる資産とを売却したという事になるケースもありそうです。

ちなみに上の時計、コスモグラフ デイトナ6263は2018年8月現在1500万円で取引されています。

ロレックスをプレゼントしたら税金がかかる場合がある

少し話が変わりますが年間で110万円以上のプレゼントをもらうと贈与税がかかります。これはプレゼントと送った側ではなく受け取った側に税金が発生します。

60万円の時計が二本でも110万以上の時計が一本でも年間を通して110万円以上の財産を受け取った時には贈与税を収める必要があります。

ただし、祝物や、お見舞いのためのお品、年末年始の贈答のなど110万円を超えていても、社会通念上相当と認められるものであれば贈与税がかからない事もあります。

ロレックスの時計はレディースでもメンズでも110万円を超えるものも多いです。プレゼントとして110万円以上のロレックスを贈りたい方は時計と一緒に贈与税と支払い済みの申告書も一緒にプレゼントすると相手にも負担がかからないので良いと思います。

ロレックスは、どんなところで買取ってもらうの良い?

買取り査定

ロレックスは時期や為替、中古時計販売店の全体在庫で変動します。1年に40万、50万上がる事もありますし下がる事もあります。

私の所有しているグリーンサブマリーナも下がったり上がったりを繰り返し1年で40万円の上がりました。

これから売却を考えてる方は一括査定がおすすめです。

一括査定は複数の買取先が値段をつけていくので買い叩きが起きませんし、買取会社同士が競合他社になるので買取相場の上限ギリギリの思い切った査定金額がつく事が多いです。

こちらの一括査定は写真と簡単な必要情報を記入するだけで大手ブランド買取会社から中古時計専門店まで最大8社から見積もりがとれます。

時計査定の窓口の公式サイト

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事