ロレックス69173G(デイトジャスト)高額買取のコツと新旧モデルの見分け方

カテゴリ:ROLEX/ロレックス

ロレックス69173Gは、デイトジャストのレディース時計として1984年に登場し1998年頃まで製造された時計です。多数の文字盤のバリエーションで知られており、ロレックスのレディース時計のなかでも特に人気の時計です。また製造期間中、マイナーチェンジもされており、新旧モデルとして区別されています。今回はロレックス69173Gの新旧モデルの見分け方と高額買取のコツについてご紹介します。

PR

ロレックス69173Gとは

引用元:https://www.watch-labo.com/case/case_rolex/4829.html

ロレックス69173Gは、デイトジャストレディースモデルの1984年~1998年に製造された時計です。ケースやブレスレット素材はSS(ステンレススチール)と18KYG(イエローゴールド)のコンビであり、ロレックスのレディース時計のなかで最もポピュラーなモデルです。

デイトジャストには、下記のいわゆる「ロレックス3大発明」と呼ばれる機能が搭載されています。

  • オイスターケース:オイスター(牡蠣)のように堅牢で防水性の高いケース
  • パーペチュアル機構:両方向に回転する「全回転式ローター」の自動巻き機構
  • デイトジャスト機構:午前0時付近に一瞬で日付が切り替わる

またデイトジャストレディースモデルに初めてサファイアクリスタルガラスが搭載され、これまでの強化プラスチックの風防よりも傷がつきにくくなりました。

新旧タイプの違い

ロレックス69173Gには、何度かマイナーチェンジしており、新モデルと旧モデルと区別がつけられています。ここでは新旧タイプの見分け方について説明します。

ケースサイドの横穴

引用元:https://kanteikyoku-web.jp/assessment/18283/

まず1つ目はケースサイドの横穴です。ケースとブレスレットをつなげるためのケースサイドのつなぎ部分ですが、古いタイプのものは写真のように穴が空いています。新タイプのものは、この横穴がありません。

69173Gの次のモデルである79173Gはすべて横穴が無いため、この2つのモデルを見分けるポイントとしても紹介されていますが、数は少ないですが69173Gにも横穴がないタイプは存在します。

インデックスダイヤの形

引用元:https://www.marukoma7.com/toriatukai/rorex.html

2つ目は、文字盤のインデックスダイヤの形の違いです。69173Gは、69173とケースやブレスレットの素材は同じですが、インデックス部分が大きく異なります。69173は通常の数字のインデックスやバーインデックスあるのに対して、69173Gは、インデックス部分がダイヤになっています。

このインデックス部分もマイナーチェンジされており、旧タイプはダイヤの台座が四角形の枠であるのに対し、新タイプのものは八角形の枠になっています。

69173Gの買取相場

引用元:https://pixabay.com/ja/

69173Gの買取相場についてご紹介します。

2020年時点での各時計買取店の買取金額から平均額を算出しました。

69173G平均買取価格

180,000円~300,000円

使用感があるものや付属品がないものは20万円を下回るようです。反面、珍しい文字盤や使用感がなくきれいな状態かつ付属品が全て揃っているものは30万円という高額買取につながっています。

次に、高額買取につながる特徴について紹介します。

高額買取が期待できる特徴

69173Gにはマイナーチェンジがいくつか存在しますが、マイナーチェンジは買取金額にそこまで大きな差は生まれません。それよりも買取金額を大きく左右する2つのポイントについてご紹介します。

文字盤の種類

1つ目のポイントは文字盤の種類です。69173Gはロレックスの中でも特に文字盤の種類が多い時計です。さまざまな種類の文字盤のなかでも、数が少なくなかなか目にすることができない珍しい文字盤もあり、こうした時計は通常の文字盤の時計よりも高く買取ってもらいやすいです。高額買取につながりやすい珍しい文字盤をいくつかご紹介します。

ブルーグラデーション

引用元:https://item.rakuten.co.jp/thegoldshopping/tpj-4471/

中心部のブルーから外側に向かってブラックに変わるグラデーション文字盤。ブルーのグラデーションの美しさはもちろん、ブラックの上にインデックスがあるため、ダイヤが映えるのもポイントです。

ホリコンピューター

引用元:https://www.amazon.co.jp/

コンピュータによって文字盤に「ROLEX」の文字が彫られています。この技術はロレックス独自のものであり、現行モデルでよく見かける装飾ですが、69173Gにも存在しています。文字盤に掘る技術もそうですが、派手すぎないのにしっかりと主張しているデザインバランスはさすがロレックスといったところでしょう。

ブレスレットの垂れ

2つ目はブレスレットの垂れです。ロレックスのブレスレットは経年劣化や使用頻度・状態によって、垂れが生じます。特に金素材のYG(イエローゴールド)などは素材の特質上、伸びやすく垂れが発生しやすいと言われています。また金だけでなくSS(ステンレススチール)素材も垂れは発生します。

このブレスレットの垂れは、修理などでも直せるものではないため、垂れの大小によって、買取価格は大きく左右されます。年式が新しいものでも、ブレスレットの垂れが大きければ買取金額は下がり、年式が古くてもブレスレットの垂れがあまりないものは高い金額で買取ってもらえる可能性があります。

ベルトの垂れが小さい時計

引用元:https://kanteikyoku-web.jp/assessment/6717/

ベルトの垂れが大きい時計

引用元:https://kanteikyoku-web.jp/assessment/22329/

高額買取のコツ

ここでは、69173Gを高額で買取ってもらうためのコツを3つご紹介します。

時計の状態

引用元:https://etienne.com/

まず一つ目は、時計の状態です。当然、時計の状態がきれいなほうが高額買取につながりやすいです。使用感のある時計でも、クリーニングクロスやタオルなどで拭いて外見をきれいな状態にしておくと印象は随分変わります。

付属品の有無

引用元:https://www.hayashiya78.com/6546

2つ目に重要なポイントは付属品の有無です。ロレックスの時計は付属品の有無によって金額が大きく左右されます。デイトナやサブマリーナなどのスポーツロレックスほどではないですが、69173Gも付属品によって金額は左右します。

時計を買取してもらう際には、箱やギャランティ、あまりゴマが揃っているか確認しましょう。

買取相場を知る

引用元:https://pixabay.com/ja/

3つ目のポイントは買取の相場を知ることです。買取ってほしい時計の相場を知らないと適切な価格で買い取ってもらえず、損をしてしまう可能性があるからです。

「以前この価格だったから同じくらいだろう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ロレックスの相場は世界情勢や為替など、様々な要因によって日々変動しています。

特に新型コロナウイルスの影響で経済情勢は不安定となり、ロレックスの買取相場にも影響が及んでいます。これからの相場を予測することはかなり難しいですが、今現在の買取相場がどのくらいかを知ることによって買取先や時期を見極める目安になると言えるでしょう。

69173Gの売却方法

引用元:https://www.eco-ring.com/results/rolex/purchase-2019-05-21-111058-4

ここでは、ロレックス69173Gの売却方法についてご紹介します。売却方法は大きく

の3つの方法があります。

店舗買取

店舗買取は、買取店の店舗へ行き鑑定士に時計を査定してもらい、買取ってもらう方法です。店舗買取は複数店舗を回って相見積もりしてもらうことが基本です。

買取店の鑑定士の多くは、達成するべき商談達成率や営業利益率などがあるため、最初の提示金額を安く提示し、徐々にあげていくという手法を使います。

そのため

・複数店舗回っている旨を伝える

・希望金額を聞かれても伝えない

点が高額買取につながるポイントと言えます。

実際に店舗で買取ってもらった際の体験記事もあるため、こちらも参考にすると良いでしょう。

時計の買取、10社回って値段の比較をしてみた。おすすめは?

メリット

・対面で買取してもらうので交渉ができる

・すぐに現金を入手することができる

デメリット

・知識がないと安く買い叩かれる可能性がある

・対面なので断りにくい雰囲気がある

・複数店舗を回る労力がかかる

宅配買取

宅配買取は自宅から買取店に時計を送付して、査定・買取をしてもらうサービスのことです。店舗買取と合わせて宅配買取を行っているところから、オンライン買取として、宅配買取を専門に行なっているところまで、会社によってさまざまです。

宅配買取を専門に行なっている会社は、店舗運営の費用がかからないため、高額買取できる可能性があります。ただし、店舗買取がその場で現金化できるのに対し、宅配買取は買取~査定、振り込みまでに3日~1週間前後の時間がかかるため、すぐに現金化したいという方にはオススメできません。

メリット

・自宅にいながら査定してもらえる

・対面ではないので断りやすい

デメリット

・配送・査定・振り込みまでに時間がかかる

一括査定

一括査定は、複数の買取業者から時計の査定金額を算出してもらい、一番高額な業者へ買取ってもらう方法です。他の買取方法は売り手側と買い手側の一対一ですが、一括査定の場合、売り手側が一に対し、買い手は複数です。そのため買い手側は不用意に安い金額を提示すると買い取れないリスクがあります。したがって相場通りの金額を提示してもらうことができます。また他社との競争になるため、金額も高額になりやすいと言えるでしょう。

メリット

・複数の業者がいるため安く買い叩かれることがない

・専門性の高い時計買取店のため、高額になりやすい

デメリット

・対面ではないので、対面の安心感がほしい方には向いていない

「時計査定の窓口」では、写真と必要事項の入力の簡単ステップで最大8社の買取業者から査定金額を提示してもらうことができます。

ロレックスの買取価格は日々変動するため、まずは問い合わせをして、現在の買取価格を知っておきましょう。

send時計査定の窓口の公式サイト

今の買取相場を知ることが重要

ロレックスレディース時計、69173Gの高額買取のポイントや売却方法をご紹介しました。ロレックスの相場は世界情勢や為替などさまざまな要因で、日々変動しています。そのため今の時計の買取相場がいくらなのかを知り、売却時期を見極めることが重要です。まずは一括査定で、買取相場を把握することから始めましょう。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事