チタンの時計ってどんなメリットが有るの?

カテゴリ:知識・雑学

チタンの時計

チタン製の時計って軽いですよね。

昔は少なかったのですが、ここ最近、結構見かけるようになりましたよね。

でもチタン製の時計って具体的に何が利点なのか今イチ分からない方が多いと思います。

今そんな方にチタン製の時計のメリットやデメリット、掃除や手入れの仕方をまとめました。

PR

チタン時計の価格

多くの時計は素材に、ステンレスを使っています。

時計に使われるステンレスには色々種類があって、高級時計に使われてるステンレスでは316Lや904Lと言うものがあります。

一般的なステンレスより、強度が高く錆にくいのが特徴ですが、この高級ステンレスよりも、チタンの方がはるかに高級な素材です。

ステンレスは1kgあたり105円ですがチタンの場合1kg1300円前後です。

10倍以上の値段ですよね。

1kgで1300円って高いの?って思う方も多いですが、時計のように大量に製作する場合、1kgあたり105円と1300円では、かなりのコストに差がでてきます。

チタンの時計メリット

チタン製の時計のメリットはなんといってステンレスよりも軽いという所です。

ステンレスの時計は重くて、どっしりしている感覚がありますが、チタンの時計はあのズッシリ感がありません。

非常に軽い時計なので、一日中つけていても疲れないところがメリットです。

チタンは錆びにくい

時計の裏蓋とケースの錆

上の写真はステンレスの時計です。

ステンレスは純鉄に比べ錆にくいですが、汗が付着した状態ですと確実に錆びていきます。

とくに金属ベルトの隙間や角には汗と垢が溜まりやすいため、汗の塩分でステンレスが錆てしまいます。

こちらの記事時計の革ベルト臭いでは私の私物の金属ベルトが錆びている写真が有ります。

洗浄の仕方など書いて有りますので、参考までに見てみてください。

ステンレスは説明したとおり錆びますが、チタンは錆びません。

汗意外にも海に行ったとき、ステンレスの時計は海水をしっかり流さないと錆はじめますが

チタン製の時計は錆びません。

時計の天敵はなんと言っても錆です。

錆は徐々に広がり進行していくので、きずくきにくいですが

最悪の場合時計の中まで錆びてしまっていて壊れてしまいます。

安い時計でしたら、諦められますがロレックスやオメガのような高級な時計だと諦めつかないですよね。

時計の中、ムーブメントが錆びてしまいますと、修理も高額です。

10~20万円かかる事もあります。

チタンの錆びない金属というメリットはかなり大きいです。

チタンの時計は金属アレルギーの方にもオススメ

上で書いたように、ステンレスは汗や海水などで溶け出して錆びます。

金属アレルギーの方はこの錆がイオン化して皮膚の中に入ってしまうんですね。

このイオンと体内にあるタンパク質が合わさると、アレルギーになる元が作られます。

この元を体は異物と思い、皮膚はアレルギー反応を起こしてしまうんですね。

つまり汗や海水で溶けたり錆びたりしたいチタンですと、イオン化しないためアレルギーが起きないという事になります。

チタン製の時計でもメッキ加工をしてあるとアレルギーが起きる

チタン製の時計はアレルギーをがおこりませんが、この時計にメッキ加工がされているとそのメッキのせいで、アレルギーを起こしてまう事があります。

金属アレルギーの方で、チタンの時計の購入を考えている人は、お求めの時計にメッキが掛かっていないか確認してからの購入をオススメします。

時計の裏蓋もチタン製でできてる?

時計の裏側には裏蓋という蓋が付いています。

この裏蓋は電池の交換や、故障の際に開けるための蓋なんですが

チタン製の時計といっても、裏蓋がステンレスという事があります。

ベルトや外観がチタンなのに、皮膚に付く裏蓋がステンレスで出来ていて、金属がアレルギーを起こしてしまう事もありあます。

ネットショップでは裏蓋は何製の金属とは書いてないので、購入前に必ず問い合わせてからの購入にしょう。

チタン時計デメリット

チタンの時計デメリットは軽すぎるという所です。

これはメリットでもありデメリットと感じる人もいるのですが、軽すぎてしっかりした重さがないんですね。

時計をはめてる感覚があまりないので、嫌だって感じてる人もいると思います。

チタンの傷

チタンは非常に硬素材ですが、実はステンレスの方が硬いです。

硬いものほど割れやすく傷つきやすいです。

硬いほど傷つきにくいと思う人もいますが、そうではないんですね。

ガラスの食器を落とすと割れますが、アクリルの食器は割れないですよね。

これと一緒の事です。

つまりチタン製の時計はステンレス・スティールの時計にくらべ傷つきにくのもメリットだと言えます。

チタンの時計の手入れは?

10気圧防水以上の場合は、おけなどに水を溜めて丸洗いしてかまいません。

正確防水の場合は、時計内部に水が入ってしまう可能性が高いので、濡れたタオルなどで汚れを拭き取るようにしてください。

どの時計ブランドがチタンを取り扱ってる?

チタン製の時計は、まだまだ少ないですが。

なかでも多くのデザイン展開してるブランドは以下になります。

セイコー、シチズン、カシオは日本の3大ブランドですよね。

ベーリングとスカーゲンは北欧デンマークの時計ブランドです。

デザインの特徴はシンプルなので、ビジネスシーンでもプライベートでも使いやすい時計です。

ベーリングを多く取り扱っている楽天のお店はここです。

価格帯は2万円から3万円ほどで、わりと手が出しやすい値段だと思います。

下のロゴ画像からお店のトップページまで飛べます。

購入した方のお店の評価やレビューも見れますので、参考にしてみて下さい。
↓↓↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

長く使いたいならセイコーのアストロンがおすすめ

チタンの時計

ハイクオリティーのチタン製の時計を考えてる方はセイコーのアストロンがおすすめです。

ベルトにはチタンとセラミックを使っているデザインでソーラーGPS時計です。

セイコーアストロンは1969年に生まれ進化し続けている時計でセイコーの時計の中でも上位機種になります。

[アストロン]ASTRON 腕時計 ソーラーGPS衛星電波修正 チタン サファイアガラス 10気圧防水 SBXB073 メンズ

以前書いたチタン時計の記事

モーゲンヴェルクの時計でのレビューです。

この時計はハイテクであってデザインが本当に美しい時計です。

モーゲンヴェルク衛星時計のレビュー

コチラは 金属アレルギーの方にお勧めベーリングのチタンモデルベーリングのチタンの記事になります。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事