時計の買取りおすすめはどこ?口コミの良い店3社の比較

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

時計は売る場所によって買い取り金額が異なります。

何も知らずに大手古着屋に売ってしまうと、損をしてしまう可能性も有ります。

不要になった物をできるだけ高く売りたい。みんな同じ用に思っていますよね。

多くの方が一店舗だけで査定してもらって売ってしまいますが、他店ではどうなのか?時計専門の買取り店では値段は異なるのか?

こうやって色々考えて査定してもらう事をおすすめします。

PR

送料、査定、返品、すべてが無料の所で査定する!

ブランド買取

送料と査定が無料の所で査定をしまくり一番高額な所で売ると得をします。

めんどくさいですが、確実ですよね。

買取店舗は査定と、こちらから送る送料は無料だけど返品の料金は自己負担って所が多いです。

しかし、探すと行き帰りの送料を全て負担してくれる所も有ります。

良心的ですよね。

ブランド買取会社は大手の参入も有りのライバル店が増えてきています。査定しないと物が仕入れられないので出来るだけ売り主に負担を掛けないようにしているわけですね。

今後、ものを売る側の心理としては返品の料金が掛かる所では査定したくない。って方向に進んでくるんじゃないですかね。

安い見積もりを出されるリスクがあるのに、返品送料を自己負担なんて馬鹿らしいと思う人は増えてくると思います。

買取業者の事情で買取り金額は変わる。

マックブック

送料が全て無料な買取会社は徐々に増えてきましたが、片っ端から査定しくのはさすがに大変ですよね。

買取会社のなかでも高く買い取りたい物と、買取りしたくない物が有ります。

当然ブランドやシリーズによって店ごとに値段は変わりますが、それ意外でもアンティークはメンテナンスにお金もかかってしまうので、買取したくないという店も多いです。

お店ごとに来店してくれる、お客の年齢や好みが違うので買取り価格が変わるわけですね。

その他にも在庫が何本もあるので金額が変わってくる事も有ります。

ブランド時計やバッグは流行が有りますので、買い取り業者も同じモデルを大量に買い取ってしまうと流行が去った時や新しいモデルが発売された時に売り相場が下がってしまうのでリスクがあります。

同じ時計でも買取業者の事情で値段が異なるから、数多くの場所で査定する事をおすすめしています。

店舗を持っていないほうが高く買い取ってもらえる事が多い

カルティエ タンク フランセーズ FRANÇAISE

店舗を持ってる買取会社は店舗を借りるのにコストがかかってしまいます。

お店は人通りの良い場所に持つ物なので家賃も高いです。マンションの室内で運営していても、お客さんは来ないですよね。

人通りの多い場所に店舗を構えると時計を売却する人にも、購入する人にも覚えて貰えるメリットはありますが、店舗を持たない会社にくらべ経費がかかります。

店舗を持たないでインターネットのみで運営してる会社の方がコストが少なく運営できるので、その分高く買い取ってくれる事が多いです。

インターネットで買取してる会社って何処に売ってるの?

一般的な路面店舗は買い取って、そのお店や自社サイトでの販売、全国にある大型店舗の場合は別のお店に回て販売する事もあります。

それにたいしてインターネットで買取してる小さな会社は自社でオークションを行ったり、国内や海外の顧客に直接売っている事があります。

時計もブランドバッグもそうですが次のモデルが発売したり時間が経ち流行が変わると相場が下がってしまいます。

店舗も相場が下がる前に売りたいと思っています。【この時計が欲しい】【このシリーズが欲しい】こういった情報が多い会社ほど買取りした物をスムーズに回す事ができます。

買取会社はコレが欲しいって思ってる人の情報を持っている所は強いです。

とくに海外の顧客情報をもってる会社は有利です。

日本では高く売れない時計でも、海外では高額になるメーカーやシリーズは有ります。

特に限定モデルは他の国で手に入らないので欲しいと思ってる人が多いです。

インターネットで買取してるお店のなかには、こういった小回りのきく売り方をしている所もあります。

どんな時計を買い取ってくれるの?

買取会社の多くはブランド時計の買取をしています。

時計のブランドっていっても色々ありますが基本的にはファッションウォッチではなく時計業界としてもメジャーなブランドです。

もし貴方が売ろうとしてる時計がアパレル関係のファッション時計だとしたらファッション関係に強い買取会社に売ると良いです。例えばラグタグやカインドオルといったユーズドセレクトショップです。

今回おすすめしてる買い取り業者の中にはアパレル時計でも買い取ってくれる所がありますので参考にしてみてくだいさ。

マニュファクチュールは高く売れる

時計ブランド 買取

ブランド時計でも外観からムーブメントを自社で作ってるマニュファクチュールは高く買い取ってくれます。

この手のメーカーは時計好きなマニアックな人がどの時代でも国内外います。

セイコーの時計もグランドセイコーやプロスペックスは人気が高く海外でも高く買い取ってくれる事が多いです。

また全パーツ自社製ではない時計でも時計でも高く買いとってくれるブランドは沢山あります。

自社製品意外の力を使ってつくられた時計をエタブリスールと言います。

このあたりのハイブランドも高く買い取ってくれます。

査定してもらって、あれ?思ったよりやすいな。とかんじたら積極的に他でも査定してもらいましょう。

より高く売りたい!!

保証書、ボックス、金属ベルトの場合外したコマ、こうした物を揃えてから査定してもらう事でより高い見積もりを出してもらえます。

保証書とボックスが無いだけで、半額近い金額にしてしまう買取店もあります。

おすすめの買取会社は?

ブライトニング

こちらのサイトだと大手からニッチで小さい時計店舗まで最低でも5社異常一括見積り査定ができますのでおすすめです。

1〜2分で見積もりができますので、一度試してみてください。

【時計査定本舗】

こちらの記事、時計を高い買取り価格で売るなら一括査定がおすすめ。は実際に一括査定使った時の記事になりますので参考にしてください。

以下3店舗も買い取り業者も有名になります。

株式会社ウットクbyGREE

ウットクは大手ゲーム会社GREEが経営する買い取り会社で、パートナー企業のサービスという物がありあます。

どんなサービスかというと、現金で買い取ってもらう事もできますがパートナー企業のポイントで受け取る事もきます。

以下の様なクーポンやデジタルマネーに変える事ができます。

現金で売るのではなく、パートナー企業のサービスを利用することで、受取ポイントを大きく変える事ができます。

ポイントやデジタルマネーに変える事によって最大150%upと自社で記載しています。150%upは凄いですよね。

こっからがちょっと裏技ですが

このポイントを現金化してしまえば、現金査定金額を超える金額を手にいれる事もできます。

特にAmazonギフト券は一般的に使用率が多く金券ショップで買い取って貰えます。

ウットクでは現金買取より、ギフト券やクーポンの方が高く値段をつけてくれます。

下のリンクから詳しい詳細を確認できます。

ブランド高額買取&即日入金可能な+【uttoku(ウットク)】

スピード買取jp

スピード買取は買取会社の中では大手です。着物、切手、骨董、記念硬貨と様々な物を買い取ってくれます。

中でも今力を入れているのが時計と自社で記載しています。

スマホ時代になり時計を必要としなくなっている人が多くなった為です。

スピード買取jpはカルティエ、タグホイヤー、エルメスなどのハイブランド意外の時計でもシチズン、カシオなどの国内時計も買い取ってくれます。

スピード買取jpの凄い所は傷んだ時計の買い取り、更に壊れている時計でもノーブランドの時計でも買い取ってくれます。

時計のマーケットシェアを大きくしている為です。

スピード買取jpの査定の仕方は2種類有り発送して査定してもらう方法と、査定員が家にきてくれる方法の2種類があります。

査定員が来た場合は、その場で現金を受ける事ができ配達の場合は翌日に査定金額が分かり指定口座に料金が振り込みされます。

出張査定の場合も配達査定も料金は無料です。キャンセルも無料です。

時計買取専門/スピード買取.jp

ブランディア

次におすすめになるのがブランディアです。

ブランディアの場合は出張査定は行っていなく、発送の査定のみです。

ヤマトの配達キットが家に届きそのまま発送します。配達キットは大、中、小から選ぶ事ができます。

アクセサリーや時計の場合は小で十分です。ブランディの場合は時計意外にもアパレルファッションにも力をいれています。

スピード買取に比べ3日と査定時間は若干長いですが急ぎでなければ問題ないかと思います。

3日後、査定員の顔写真付きのメールが届き買い取り金額が分かります。

金額に納得出来なければ無料でキャンセルもできます。返品送料も無料です。

ブランディア

 

まとめ

このように買取り業者は色々ありますので、一つで決めるのではなく色々な所で査定してもらい条件の良い所を探す事をおすすめします。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事