ロレックスの買取はオーバーホールをしても金額はあまり変わらない!

カテゴリ:買取

ロレックスを買取ってもらう前にオーバーホールをした方が買取金額が高くなんじゃないか?遅れひどいから買取価格が低いかな?もらった時計でオーバーホールをしていないけど買取ってもらえるのか?

などなどロレックスを買取ってもらう前にオーバーホールを行ったほうが買取金額が高くなるのかな?っと考える方もいますが結論からいうとオーバーホールを行うと結果損をするケースが多いです。 

この記事ではオーバーホールをしないまま売却した方が良い理由と、高額買取をしてもらうコツをまとめたので、参考にしてもらえればと思います。

PR

日本ロレックスがオーバーホールに推奨している時期は3~4年

日本ロレックス東京

オーバーホールは時計をパーツごとに分解し、分解されたパーツの汚れを取るために洗浄し、油を刺しなが調整し組み立てる作業です。

機械式時計は機会全体を滑らかに動かすため多くの種類の潤滑油(オイル)を使っています。

その潤滑油が使っているとが汚れて劣化したり乾いてしまいます。 そのままの状態で時計を動かし続けると何処かに不可がかかり精度がおちてしまい時計が狂う事になります。

更にはパーツの摩耗(すり減り)のため時計の寿命を縮めたり最悪故障の原因となるので日本ロレックスはオーバーホールの推奨期間3~4年としています。

とはいえ3~4年以上オーバーホールをしてないからといって売却前にする必要はありません。

オーバーホールを行ってから売却しても買取金額はあまり上がらない

オーバーホールをした時計と、していない時計ではオーバーホールをした時計の方が良いに決まっていますが買取価格は上がっても5千円〜1万円前後ではないでしょうか。

日本ロレックスにオーバーホールを依頼したら劣化のためのパーツ交換がなくても4〜6万円かかります。

外部でオーバーホールを行ったとしてもロレックスの時計の場合安くても2〜4万円かかるので結果損をしてしまいます。

何故オーバーホールしてもそこまで価格が上がらないのかというと買取販売店は安くオーバーホールを行えたり、自社でメンテンスができるからです。

オーバーホールは買取販売店に任せよう

時計のオーバーホールに使う道具

買取販売店は日差が激しい時計や、小傷が目立つ時計はすべてメンテンスを行い店頭に並べます。

毎日2~3分狂うロレックスを店頭に並べていたら買ったあと大クレームになりますよね。小傷が目立つ時計より綺麗に磨きかかった時計の方高く売れます。

大黒屋でも、ジャックロードでも、なんぼやでも、ロレックスの時計を買取ったあと基本的にはメンテンスを行います。 

この時計のメンテンスは一般的な買取店は時計修理工房と提携して委託メンテンス依頼を行っています。時計買取会社によっては自社で時計修理技師を配備してメンテンスをしているところもあります。

そのため私たちがオーバーホールを依頼するより数が多く安い費用で時計修理専門店と契約しています。

もともと買取販売店は、オーバーホールやメンテンスを視野にいれて買取をしていますし、私たちがオーバーホールで支払う金額より安く修理専門店と契約しているので、買取前にオーバーホールをだしても結果損という事になります。

細かい詳細が記載された会社のホームページには(買取前にオーバーホールをしてもメンテンス料金の方が高くつく)と書いてあります。

そもそも査定人は日差を測っていないのでは?

機械式時計の日差は平均値などを測る精度計測機

動かない時計は別として、激しい進みや遅れがあるなど査定時に分かるのでしょうか、いままで何度か買取販売店で査定をしてきましたが機械式時計の精度計測機などを使い調べているところはありませんでした。

査定人は動いてるか動かないか、カレンダーは日付を変える事ができるか、クロノグラフの場合ストップウォッチ機能は正常に動いているかなど、確認していますが日差が平均値かというところまで確認しているんでしょうか。

動かないロレックスは修理してから買取査定したほうがよい?

動かない時計もオーバーホールと同様の事がいえますが私たちが依頼するより買取販売店の方が安く修理できるので任せた方が特です。

高額買取はオーバーホールは関係ない

ロレックス付属品

箱や保証書、コマ詰めした際の余りコマ、などあれば用意した方が買取価格が高いのは当然ですが

一番大切なのは、ロレックスを高く買取ってもらうところに売却する事です。

ボックスや保証書、付属品など揃っていても、ロレックスの買取が弱いところより強いところ、具体的にはオメガやIWCなど高級時計の中古販売を専門としているところのほうが買取価格が高いです。

中古高級時計店はロレックスやオメガを探している顧客を多く抱えているため売り切ることができます。結果一般的なリサイクルショップよりもリスクが少なく高く買い取ってもらうことが可能です。

ロレックスは海外で販売した方が高額な事がある

時計ブランドによっては何社も見積もりをとっても買取価格はほとんど変わらないって事があります。これは買取ったあと売る相手がほとんど同じなため買取価格に差がでません。

ロレックスの場合は買取後、国内以外の販路も含め広く販売される

例えば日本全体で在庫があるモデルのは一定の価格が上限となりますが、同じモデルが中国で品薄の場合、日本で販売するより中国で高く販売できます。

在庫が少ない国ほど価格が高騰するため利益がとれるわけです。その分買取金額にも高くなります。

買取販売店は買取ったあと自社のみで販売していると思われがちですが、その他にも海外中古市場、バイヤー向けオークション、アンティーク専門市場など様々な販売網をもっています。

この販売ルートが多ければ多いほど、最も需要としている所で時計を捌けるので買取価格も高いとされています。

一括査定は複数社で価格競争がうまれ高額査定金額がでやすい

千葉で時計の買取り査定

ただ私たち売り手としては、どの会社が販売ルートが多いのかを見極める事ができません。

そのため一括査定を行うと便利です。

以前店舗や一括査定を含めた時計の査定をした事があります。

こちらの記事時計の買取、10社回って値段の比較をしてみた。にまとめてありますので参考にしてください。

一括査定は複数の買い手の中で価格競争が生まれるので上限ギリギリの高額な査定金額がつきやすいです。 

車や引っ越しの一括査定だと何社からも電話が来るので鬱陶しいと思うかたも多いですが、ここは最大8社まで、その日のうちに査定金額がでるのでおすすめです。広告メールなども一切入ってきません。

査定は時計の写真と必要情報の入力のみで簡単です。

時計査定の窓口の公式サイト

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事