時計を買取ってもらう時に、とても大事な 3つのコツ!

カテゴリ:買取

時計を高く買取ってもらうコツは【希望金額を伝えない】事と【買取相場を知り買い叩かれな事】と【値段を少しづつ吊り上げる】こと、この3つになります。

私はいままで20件以上、ブランド買取店から時計専門店まで査定をしてもらってきたので少しは参考になるかと思います。

実店舗とネットを利用し10社まわった結果を纏めてありますのでコチラの記事時計の買取、10社回って値段の比較をしてみた。も参考にしてください。

PR

時計の買取り相場と販売相場を知る

ロレックスサブマリーナのグリーン116610lv

まず抑えて置きたいポイントは自分の時計がどのくらいで売られていて、どのくらいで買取りされるのかを知る事です。

相場を知っておけば買い叩きはされません。

時計の売却で失敗する一番の原因は、どのくらいの価値があるか分からなく売ってしまう事です。

買取り相場と中古販売相場を知るコツを纏めました

販売相場を知る方法

海外のサイトになってしまいますがcollectorsquare(コレクションズスクエア)というサイトでオークション落札価格を見る事ができます。

例えばロレックスのグリーンサブマリナーデイト116610LVで調べてみると。2017年の3月19日に8,915ユーロでアラブ首長国連邦から落札されています。

116610LVの買取オークション価格
https://www.collectorsquare.com/montres/rolex/submariner-date/ref-rolex-116610/lpi

2017年の3月19日は1ユーロ=122.15円だったので円に直すと1,088,967円で落札されたと言う事ですね。

ちなみに日本の販売価格を価格.comで調べてみると2017年の3月20日では平均価格1,075,992で販売されています。

グリーンサブマリーナの買取価格
http://kakaku.com/item/K0000098532/pricehistory/

1,088,967円と1,075,992円なので、そこまで変わらないですよね。

このように自分の時計が、どの時期にどのくらいで販売されたのかを確認する事で価格が上がっているのか、下がっているのかなど相場を確認する事ができます。

このぐらいで買取ってもらいたいな。と考えてる買取希望金額が販売相場を超ている場合は、希望金額を下げるか買取時期を変える必要があります。

売却時期を変える

サブマリーナ116610LVグリーン

まだまだ人気があるのに完売してしまったモデルや、ロレックスの一部のスポーツモデルかんしては時期によって買取価格が変るので買取価格に納得がいかない方は高くなるまで根気よく待つのも一つの手かもしれませんね。

2017年の3月にグリーンサブマリナーデイトは108万円前後の中古販売価格でしたが、現在は130万円くらいが平均中古価格です。

ただ今後下がる可能性も十分にありますし、ロレックスに関しては今が最も高いバブルとも言われていますので、相場をしっかり見極める必要がありあます。

ヤフーオークションのロレックスは偽物が多い

グリーンサブマリーナ116610LVのオークション

ちなみにヤフオクもオークファンというサイトを使い過去のオークション結果を使って確認できますが高級ブランド時計に関しては偽物が多くての相場を判断する事ができません。

150万円以上で販売されているグリーンサブマリーナでも、3万円台で落札されています。完全に偽物ですね。

ヤフーオークションは偽物も混ざっているので、買い手が懸念するため本物を出品したとしても、思った以上に価格があがらない事があります。

ヤフーオークションを検討している方は販売実績が多く評価が高いアカウントからの出品でないと、一般的な買取相場より低くなる、または落札が入らない可能性が高いので気をつけてください。

時計の買取り相場

銀座時計買い取り

ロレックスのスポーツモデルのように人気が高く回転率が良い物であれば中古販売価格の70%〜80%ほどで買取ってもらえますが、ブライトリングやタグホイヤーなどの有名ブランドであっても60%〜70%前後の買取金額になる所が多いです。

少し古いモデルになると中古販売価格の40%から50%という事もあります。またグッチやシャネルなどラグジュアリーブランドから販売された時計の場合も50%前後の買取価格になる事が多いです。

※ここで説明したパーセンテージは、購入時(定価)の%ではなく中古販売価格の%になります。

つまり100万円で購入したシャネルの時計が、オークションや中古販売店で50万円で販売されてい場合、人気が高く回転率が良い物でないかぎり25万前後の買取価格になるという事です。

買取会社ってけっこう利益率が高いんだな!って思う方も多いですが、いつ売れるか分からないものを買い取るわけなので買取会社もリスクがあります。

逆に人気が高く回転率が良い物は販売価格の70%〜80%で買い取る事にになるので買取会社の買取会社の利益率が低くなります。

値段を少しづつ吊り上げる!

買取査定をしていると相場的には目一杯なのでとよく言われる事がありますが、買い手の利益率をどれだけ削れるかが高額買取のコツになります。

中古販売相場が100万円の人気の高い時計を80万円で買いとりしている所もあれば85万まで出せるって所もあります。人件費や店舗運営にかかる経費をのぞいて利益がでれば問題ないわけですから、売り手もグイグイせめて利益率を削ってもらう事をおすすめします。

利益率を削ってもらう為にはライバル店の査定価格を見せて吊り上げるのが一番早いです。

他店の査定金額を伝えて買取価格を上げてもらう

時計の査定をしているとコンシェルジュ(査定人)は必ずといって言いほど他で査定しました?どのくらいの値段でした?と聞いてきます。

買取販売店は他の店舗がどのくらいの金額をつけたのか、対抗できる査定金額をだせるのかなど、ライバル店の情報が欲しがります。

他店の査定額を伝えると、もっと上がるはずだったのに買い叩きされてしまわないか?と思われる方も多いですが、素直に伝えましょう。

査定額を伝える事で対抗できない買取店は諦めるし、対抗できる店舗はそれより高い査定金額を提示してくれます。 

ひとつ注意ポイントでA社より高い金額だったら、この場で売却を決めてくれますか?と煽りをいれてくる所もありますが、今査定回りをしています。一番高い所で売却をしようと思ってます。としっかり伝えましょう。

あっちの買取店は10万円でした、じゃあうちは10万2千円だす。うちは10万4千円だしますと査定回りをしながら他店の査定金額を伝える事で少しづつ時計の買取金額が吊り上げられます。

買取希望金額を伝えない

他店の査定金額は伝えた方が良いですが、買取希望金額は伝えない方が良いです。

買取販売店では、どのくらいで考えてますか〜?コンシェルジュが訪ねてきますが、この場合も査定回りをしていて一番高い所で売却をしようと思ってます。と答える事にしましょう。

例えば買取相場が15万くらいの時計だったのに、希望金額を8万円と答えたとします。買取販売店はもっと高い金額で買取っても良い時計ですが査定価格が上がる事はまずありません。 

逆に 「7万7千円が目一杯ですね。」など下げてくる所や「本日売って頂けるなら頑張って8万円を出します」なんて平気で買い叩きしてきます。

買取希望金額を伝えるとによって、交渉の目安を作ってしまうので、聞かれても答えない事をおすすめします。

大きな会社でも買い叩きはある

私の経験で一番嫌な気持ちになったのは銀座の某大手の買取店でシャネルのバッグマトラッセの査定をしていた時に、「どこいってもかわりませんよ!」とかなり強い口調で他より半額以上安い金額で買い叩きしてきた事です。

ブランド買取店のなかにはノルマがあり、どうしても契約を結ぼうと強引に交渉してくる場合があります。

しかしどのような事を言われても、今査定回りをしている所なので、一番良い買取金額の所で決めますと伝えて、買い手のペースに乗らないようにしましょう。

時計の一括査定はおすすめ

ロレックスのデイトナ3本

高級時計の買取はブランド全般を取り扱う会社から、中古時計専門店、ブックオフのようなリサイクルショップまで色々とありますが、もし特定の売却先がないのであればネットから申し込める一括査定を利用した方が効率よくお得です。

一括査定には2つのタイプがあります

  • 時計を実際に送って一括査定
  • 写真で一括査定

どちらも同じ一括査定ですが時間をとらずに手軽な写真で一括査定の方がおすすめです。

時計の写真と簡単な必要情報を入力する事で複数の買取会社から査定を受けることが出来ます。

実店舗の査定の場合は買い手と売り手の1対1なので足元を見られ買い叩きされる事もありますが、一括査定の場合は売り手1人に対して複数の会社なので、極端に低い査定をつけてくる所がありません。低い査定金額を定時しても相手にさらない為です。

逆に各買取会社がライバルになるので、セリ売りのような状況になり思い切った値段がつきやすいです。

こちらの一括査定は私自身使っていて写真を送ると最大8社から見積もりがとれます。

買取相場は時期によっても変わりますので今の相場をぜひ調べてみてください。

時計査定の窓口の公式サイト

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事