機械式時計が磁気を帯びるとどうなる?帯磁しているか簡単に知る方法

カテゴリ:知識・雑学

磁気が機械式時計に悪影響を与えるのは知っているけど、どこまで気にしたほうが良いのか分からないって方は多いと思います。あまり神経質になりすぎると疲れてしまいますよね。

この記事では磁気を帯びてるか簡単に確認する方法と、どんな所に注意したら良いかを纏めました。

PR

磁気を発するものが多すぎる

バックブック、アイフォン10s、イヤフォン

磁気を発している製品に時計を置いたり近づけると、磁力を帯びをして時計が狂ってしまうので気をつける様にと色々な所に書かれています。

時計の取り扱い説明書にも記載されていますよね。

ですがが、私たちの生活の中には携帯電話やスマートフォンやパソコンをはじめ磁気を発しているものは、そこらじゅうにあふれています。いったいどこまで気にしたら良いのでしょうか。

5cmから10cm離せば影響は無い

セイコーのホームページには製品と磁気の強さと距離が記載されています。

単位はすべてA/mです。

製品 密着状態 5cm離れた 10cm離れた
スマートフォン スピーカー部 ~16,000 ~400 0
携帯電話 スピーカー部 ~22,400 ~1,600 ~240
タブレット端末 ~32,000 0 0
ノートPC スピーカー部 ~8,000 0 0
磁気ネックレス ~96,000 0 0
バッグ留め金 ~72,000 0 0

引用元:https://www.seikowatches.com/jp-ja/customerservice/gauss/gauss04

磁気を発しているものは身の回りにあふれていますが5cmから10cm話していたら、ほぼ影響は無いとされています。

金属は磁力を帯びると一時的に磁石になる

機械式時計には多くの金属が使われていますよね。

金属の中でも鉄やニッケルは磁石と接触したり近づかただけなのに磁気を帯びて、一時的に磁石になってしまいます。

機械式時計は様々な金属パーツから成り立っていているので磁気を帯びてしまうと正常な動きができなくなってしまいます。

金属が磁気を帯びることを「帯磁する」と言います。

時計の修理でもピンセットやドライバーが、いつの間にか帯磁している事があり、その工具で時計の内部パーツを触っているうちにムーブメント(時計の内部機械)自体が帯磁してしまうのです。

どの部分が帯磁すると精度に影響があるの?

機械式時計のテンプ

機械式時計のムーブメント(内部機械)には多くの金属パーツが使われていますが帯磁した時に精度に影響が出る部品は限られています。

機械式時計が磁気帯びのなかで、もっとも精度に影響を与えるテンプのヒゲゼンマイです。

ヒゲゼンマイは蚊取り線香のように円状に巻かれたバネ質のあるパーツです。広がったり縮まったりする伸縮を通じて1秒間に5回から12回ほどテンワという部分を往復運動させています。

往復運動の数は時計のモデルによって変わってきますが、この動きが安定していないと時計は遅れたり進んだりしてしまいます。

ヒゲゼンマイが帯磁してしまうと磁石のほうへは引っ張らる時は動きは速く、逆に磁石と逆方向へは遅く動く事になります。広がったり縮まったりするペースが一定ではなくなってしまいますよね。

その結果テンワの往復運動が不安定になってしまい時計が狂ったり最悪ヒゲゼンマイが伸縮ができなく止まってしまします。

自分の機械式時計が磁気帯しているか確認したい

方位磁石やコンパスで時計が磁気帯しているか確認したい

時計の磁力を計測する機械が販売されていますが、詳しい数字をする必要が無いのであれば方位磁針を使う事で、磁気帯しているか確認する事ができます。

磁気に影響が無い所へ方位磁針を起きます。鉄材が入ったテーブルや周りにパソコンやスマホなど磁気を発しているものは置かないでください。

コンパスの針が北を刺し安定した所でゆっくり時計を近づけて針が時計側に動いたら、その時計は磁気帯しています。(写真の時計はクォーツになります)個人的にはオイルコンパスが安定していておすすめです。百均で購入できます。

磁気帯はどこまで気にすればよいのか

磁石のイヤホン

私たちの生活の中では、いたる所に磁気が存在するので気をつけていても時計が帯磁してしまうことはあります。帯磁をしてしまった時計でも自分では気づかず私生活に問題が無く使えてることがあります。

普段通り使えているのであればあまり神経質にならなくても良いと思います。

問題はどこの部品が磁気帯びしたかによって影響のが変わります。私生活に影響が無いようでしたらそこまで気にする必要は無いと思います。

逆に精度を決めるテンプ付近が磁気帯びしてしまい日差が激しくなってしまった場合は磁気を抜く必要があります。

テンプ付近が磁気帯びしてしまうと一般的には進みがちになります。時計の針が極端に進む傾向にある場合は時計店や修理専門店で見てもらう事をおすすめします。

磁気帯びした時計は1日に15~20秒くらい進むと言われています。

脱磁器を購入する人もいる

帯磁が気になる人の中には脱磁器を購入してしまう人もいます。

脱磁器はピンから切りまでありますが安いものだと1000円前後で購入ができます

こんな感じのものですねポータブル 消磁器 簡単操作 コンパクト 磁気抜き器

アンティークの機械式時計は磁気に弱い

ロンジンのアンティークの時計ブラックとホワイト、ベージュ

昔に比べ今は磁気に囲まれ生活しています。メーカーも普段の生活を想定して時計を作っているので磁気や耐水性が強く作られています。

そのため最近の機械式時計であれば多少磁気を帯びるくらいであれば、さほど影響ない思います。

しかし50年前のヴィンテージ時計や100年前のアンティーク時計など古い時計は今ほど磁気に囲まれた生活もしていなかったし技術も低かったので磁気に弱いです。注意しながら使う必要があります。

電池式のクォーツ時計も磁気に弱い

電池式のクォーツ時計はゼンマイが無いので帯磁しないと思われる方も多いですが同じ様に磁気の影響は受けます。

クォーツ時計が磁気帯すると針を動かすためにモーターが正常な動きができなくなります。

磁気による狂いは「止まり」「遅れ」「進み」など様々ですが、機械式時計とは違い磁気から離すと正常どうりに戻ります。

脱磁はどんな所でできるの

時計修理技師

機械式時計のテンプ付近が一度磁気の影響を受けると精度に影響を及ぼし時計が狂ってしまいますので磁気を抜く必要があります。

一般的な時計店でも脱磁器があれば行なっていると思いますが、お近くに時計店が無い場合はこちらがおすすめです。

時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店

4、5年オーバーホールを行なっていない時計は、油の劣化やパーツの摩耗が予想されます。脱磁と一緒に分解掃除を行なっても良いかと思います。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事